ヌエボ・ラレド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヌエボラレドから転送)
移動先: 案内検索

ヌエボ・ラレド (Nuevo Laredo)は、メキシコ北東部、タマウリパス州に位置する都市。

概要[編集]

アメリカ合衆国との国境に接する。人口は、約236,000人であるが、リオ・グランデ川をはさんで反対側にはアメリカ側の都市ラレド (テキサス州)があり、半ばツインシティを形成しているため経済圏としては人口数以上に大きいことが特徴。二国間貿易の物流拠点[1]として成長を続けてきたが、2000年代に入るとメキシコ麻薬戦争のあおりで治安が悪化しつつある。2005年には治安悪化を理由に市内に存在するアメリカ領事館が閉鎖寸前となる騒ぎも起こった[2]。2012年には地元紙El Manana社にグレネードランチャーが打ち込まれたことから、同社は麻薬報道を断念することを社説で宣言している[3]

交通[編集]

出典[編集]

  1. ^ アメリカ・メキシコ物流の中心はラレド(商船三井社内報うなばらバックナンバー)
  2. ^ 2005年8月のメキシコの内政・外交の概要(在メキシコ日本国大使館ホームページ)
  3. ^ メキシコ紙が麻薬戦争の取材打ち切り、社屋に2度の攻撃ロイター通信(2012年7月12日)2012年7月14日閲覧]

関連項目[編集]