ニール・パート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニール・パート
Neil Peart
NeilPeart (cropped2).JPG
ラッシュ - USAセントポール公演(2008年)
基本情報
出生名 ニール・エルウッド・パート
Neil Elwood Peart
生誕 1952年9月12日
出身地 カナダの旗 カナダ
オンタリオ州ハミルトン
死没 (2020-01-07) 2020年1月7日(67歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタモニカ
ジャンル プログレッシブ・ロック
ハード・ロック
ジャズ
ヘビー・メタル
職業 ミュージシャン
ドラマー
作詞家
作家
担当楽器 ドラムス
活動期間 1968年 - 2015年
共同作業者 ラッシュ
公式サイト neilpeart.net
著名使用楽器
スリンガーランド
ラディック
TAMA
ドラム・ワークショップ

ニール・エルウッド・パート( Neil Elwood Peart [pɪərt] ; 1952年9月12日 - 2020年1月7日[1])は、カナダ出身のミュージシャン作詞家ハードロック/プログレッシブ・ロックバンド「ラッシュ」のドラマーとして知られる。(日本語表記される際は「パート」とされるのが一般的であるが、実際の発音は「ピアート」に近い[2][3]

1983年モダン・ドラマー誌においての殿堂入り[4]を含め、ローリング・ストーン誌の「読者が選ぶ史上最高のドラマー」で第2位[5]、リズム・マガジン誌による「史上最高のドラマー50人」で第4位[6]、Gigwiseによる「史上最高のドラマー」で第4位[7]に選ばれるなど、数々の賞を受賞している 。

音楽的影響[編集]

水平方向360度にセットされたドラムセットを縦横無尽に叩きこなす技術を持つ。セットはアコースティックドラムMIDIパーカッション等から構成され、楽曲中で叩き分けられている。ロックはもちろん、ジャズ、マーチング、アフリカン、ラテン等のあらゆるスタイルを網羅しており、ライブ中盤以降のソロでは、そのトータルなテクニックが申し分なく発揮される。力強くも繊細なドラミングは、アマチュアのみならず多くの若手プロにも多大な影響を与えている。

バディ・リッチには多大な影響を受けているようで、バディ・リッチ・トリビュートコンサートでは、ビッグバンドを従えてジャズドラムの演奏を披露している。憧れのドラマーは多いが、ザ・フーキース・ムーンには大きく影響されている。研究心旺盛で他ドラマーとの交流も盛んで、自らライバルと認めるスティーヴ・スミスをはじめ、スチュワート・コープランドビル・ブルーフォードなど幅広い。

使用機材[編集]

ニール・パートの回転式ドラム

RogersSlingerlandTAMALudwigを経て、2013年現在はDW社のドラムキットを使用。TAMA使用時はキャンディアップルレッドで統一されていた。また、Ludwig使用時、初期は薄いピンク、後期は濃いブルーとシェル色が異なる2つのキットが存在するが、これは全く同じドラムのカバリングを巻き替えただけで同じものである。スネアはデビュー当時から「No.1」とニックネームをつけているほどほれ込むSlingerlandのSpitfireのほか、レコーディングやライヴでは数種類のスネアを使い分けていた。1995年ころからDWのドラムを使用している。同時にドラムセット自体も24インチのツイン・バスドラから、DW社だけがリリースしている23インチ口径のバスドラムに変更して使用。23インチのシングルバスドラム、ツインペダルになり若干コンパクトになっている。本人いわく「部分的しか使わない左足のバスドラムという大きなエアチェンバーがなくなったので、音をタイトにすることができた」

また、、タイムマシンツアーで使われていた機材は、ツアー専用の仕様で、スネアドラムはDWのタイムマシンスネアでVLT(ヴァーティカル・ロー・ティンバー)という、通常とは異なり、木目を縦に組んだもので、ハイピッチチューニングをしても、ローサウンドがちゃんと出るようになっている(現在も購入可)。シンバルもタイムマシンツアー専用で、特殊な模様が施されている。

スティックはPromarkの747Wでオーク素材。グリップはマッチドグリップであるが、ドラムソロなどでロールなど細かいパッセージが必要となる部分ではレギュラーグリップに持ち替えることもある。バディ・リッチのトリビュートコンサート等でジャズを演奏する際はほぼ完全にレギュラーグリップで演奏している。スネアドラムについては、現在、とりわけライブではDW社のオリジナル塗装のエッジ、14×6.5インチを使用している[8]エレクトリックドラムシモンズの後にローランドV-drum、さらに"KAT"社製"Mallet KAT"を使用している。シンバルZildjianや中国製「武漢」のチャイナシンバルを使用していたが、現在は自らの名前を使ったSabian製シグネチャーシリーズ「Paragon」を使用し、ライドシンバル1種、クラッシュシンバル6種、チャイナシンバル3種、ハイハット3種、スプラッシュシンバル2種とParagonだけで組めるようラインナップされている。一時はParagonセットといった、セット売りもされていたが、現在は単体での販売となっている。Paragonはタイムマシンツアーの時のみ、特殊な模様が施されたものが使われていた。

ハードウェアは前:アコースティック 後:Roland V-Drumsという全方向ドラムキットのため、演奏時に常に観客を向けるよう180°回転式(シールド保護のため360°ではない)のドラムライザーの上に、DW、TAMA、Pearlなどのメーカーのものをゴールド塗装で組み合わせて作られている。ペダルはDW9000シリーズで、ペダル板以外、これもゴールド塗装が施されている。また2か所に手の汗を乾かす自動車用エアコンファンブロアーを流用したファンがついている。(ハードウェアに合わせるようゴールド塗装済み)。 

作詞[編集]

ラッシュの楽曲の殆ど全ての作詞を手がけている。文学的な言葉の流れを用いて社会風刺近未来への警告、都市・自然の風景描写や人間の内的葛藤・心理描写、その他あらゆる事象を題材に独持の詩世界を築いている。海外では、彼の詞が研究され書物も刊行されている。  

私生活[編集]

愛娘を交通事故で、さらに妻をで相次いで失うという悲劇に見舞われ、一時は精神的なダメージから表舞台から姿を消してしまい、バンドの存続自体が危機に瀕してしまう事態に見舞われるが、セラピストカウンセリングを受けるなどして復帰、その後に新たな伴侶も得て活動した。また、BMWのバイクでの一人旅によく出かけていた。

腱鞘炎悪化のため2015年頃から一線を退いており、2018年にラッシュの同僚ゲディ・リーが、ニールは完全に引退してしまったことを伝えている[9]

2020年1月7日、脳腫瘍のため67歳で死去[1]

映像作品[編集]

教則DVD

  • A Work in Progress(1996)[10]
  • Anatomy of a Drum Solo(2005)[10]

ライヴ・パフォーマンス

  • Taking Center Stage: Lifetime of Live Performances(2011)[10]

著作[編集]

6冊の著作がある[10]

  • The Masked Rider: Cycling in West Africa (1996)
  • Ghost Rider: Travels on the Healing Road (2002),
  • Traveling Music: The Soundtrack to My Life and Times (2004)
  • Roadshow: Landscape With Drums, A Concert Tour by Motorcycle (2006).
  • Far and Away: A Prize Every Time (2011)
  • Far and Near: On Days Like These (2014)

脚注[編集]

  1. ^ a b Hiatt, Brian (2020年1月10日). “Neil Peart, Rush Drummer Who Set a New Standard for Rock Virtuosity, Dead at 67” (英語). Rolling Stone. 2020年1月10日閲覧。
  2. ^ (日本語) Neil Peart - (Drum Solo) on Letterman 6-9-2011, https://www.youtube.com/watch?v=8F2D_LZNF8I 2020年1月11日閲覧。 
  3. ^ (日本語) Neil Peart Full Interview On The Hour, https://www.youtube.com/watch?v=q_mKr28G7og 2020年1月11日閲覧。 
  4. ^ Modern Drummer’s Readers Poll Archive, 1979–2017 | Modern Drummer Magazine |” (英語). Modern Drummer Magazine. 2020年1月12日閲覧。
  5. ^ http://www.rollingstone.com/music/daily-blog/blogs/rsstaffblogpost_2010/39743/39509
  6. ^ http://www.musicradar.com/news/drums/50-greatest-drummers-of-all-time-part-2-225815/22#content
  7. ^ http://www.gigwise.com/photos/43499/47/The-Greatest-Drummers-Of-All-Time
  8. ^ Neil Peart - Time Machine VLT Snare
  9. ^ https://nme-jp.com/news/66040 NME JAPAN 2018年12月21日「ラッシュのゲディ・リー、ニール・パートがドラムから完全に引退したことを明かす」
  10. ^ a b c d Neil Peart | Rush.com” (英語). 2020年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]