ニール・アバークロンビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニール・アバークロンビー
Neil Abercrombie
Neil Abercrombie.jpg
生年月日 (1938-06-26) 1938年6月26日(82歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of New York.svg ニューヨーク州バッファロー
出身校 ユニオンカレッジ
ハワイ大学マノア校
所属政党 US Democratic Party Logo.svg 民主党
配偶者 ナンシー・キャラウェイ
サイン Neil Abercrombie signature.jpeg

当選回数 1回
在任期間 2010年12月6日 - 2014年12月1日

選挙区 Flag of Hawaii.svg ハワイ州第1選挙区
当選回数 11回
在任期間 1986年9月20日 - 1987年1月3日
在任期間 1991年1月3日 - 2010年2月28日

当選回数 2回
在任期間 1978年 - 1986年

当選回数 2回
在任期間 1974年 - 1978年
テンプレートを表示

ニール・アバークロンビー(英語: Neil Abercrombie, 1938年6月26日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー出身の政治家民主党員。 アメリカ合衆国下院議員(通算期)、第7代ハワイ州知事[1]

経歴・人物[編集]

1938年6月26日、アバークロンビーはニューヨーク州バッファローに生まれた。ウィリアムズヴィレ高校(現在のウィリアムズビレ・サウス高校)を卒業すると、ニューヨーク州スケネクタディにあるユニオン・カレッジ社会学を学び、1959年学士号を取得した。その後、ハワイ大学マノア校で社会学の修士号とアメリカ研究の博士号を取得した[2]

マノア校在学中には、バラク・オバマ大統領の両親であるアン・ダナムバラク・オバマ・シニアと親交を深めた[3][4]

政治家として[編集]

1970年、アバークロンビーは民主党の上院議員候補を目指すも失敗。その後、1974年からハワイ州下院議員を2期、1978年からハワイ州上院議員を2期務めた[2]

1986年7月、セシル・ヘフテルはハワイ州知事選に出馬するために連邦下院議員を辞職した。空白となった議席を埋めるため、1986年特別選挙が行われた。アバークロンビーは同選挙に当選し、ヘフテルの任期を引き継いだ。しかし、1986年通常選挙では民主党予備選挙でムフィ・ハンネマンに敗れた。その後、1988年からホノルル市議会議員を1期務めた[5]

アバクロンビーは初期の選挙戦で、車体側面に名前と顔を描いた黄色いチェッカー・タクシーを走らせていた。これは従来の選挙運動の方法では資金が足りないため、行った宣伝方法だったが、アメリカ本土から来たアウトサイダーとしての立場と、型破りなスタイルを象徴するものとなっていた[6]

市議会議員の任期が切れる1990年、アバクロンビーは下院議員選挙に立候補・当選。その後、2010年ハワイ州知事選に出馬するために辞任するまで、10選を果たした[2][7]

ハワイ州知事に就任するアバークロンビー

2009年3月9日、アバクロンビーはハワイ州知事選への立候補を表明[8]12月11日に下院議員を辞職することを発表した。アバクロンビーの後任は、共和党のチャールズ・ジュウだった。ハワイ州選出の下院議員に共和党員が選出されるのは、パット・サイキ以来のことだった。

選挙期間中、アバクロンビー氏は「A New Day in Hawaii Plan」を発表し、ハワイの価値観や優先事項に基づいたロードマップを提供した[9]

アバクロンビーは、2010年9月18日に行われた民主党予備選で、元ホノルル市長のムフィ・ハンネマンを破り、民主党候補となった[10][11]11月2日に共和党のデューク・アイオナ候補を破り、第7代ハワイ州知事に就任した[12][13]。就任時、アバクロンビーは72歳と、現職の州知事としては最高齢だった。2011年1月3日ジェリー・ブラウンが74歳でカリフォルニア州知事に就任したため、現職最高齢州知事の座を1ヶ月ほどで譲ることになった。

個人的生活[編集]

1981年、アバクロンビーは、ハワイ大学マノア校のグローバリゼーション研究センターに所属する政治学者・フェミニスト作家のナンシー・キャラウェイと結婚した[14]

アバクロンビーの趣味はパワーリフティングである。自分の誕生日に、年齢よりも200ポンド(約90.7kg)重いバーベルを持ち上げるという目標を掲げている[15]。72 歳の誕生日には 272 ポンド(約123.4kg)のベンチプレスを行った[16][17]

参考文献[編集]

  1. ^ Kerr, Keoki (2013年4月29日). “Abercrombie launches re-election campaign as GOP opponents mull running against him”. Hawaii News Now. http://www.hawaiinewsnow.com/story/22112805/abercrombie-launches-re-election-campaign-as-gop-opponents-mull-running-against-him 2014年5月2日閲覧。 
  2. ^ a b c ABERCROMBIE, Neil; 1938 –”. Biographical Directory of the United States Congress. 2021年4月1日閲覧。
  3. ^ Ripley, Amanda (April 9, 2008). “The Story of Barack Obama's Mother”. Time: 2. ISSN 0040-781X. http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,1729524-1,00.html 2011年2月24日閲覧。. 
  4. ^ Paula Bender (2009年1月14日). “Legacy of the President’s Mother”. malamalama. http://www.hawaii.edu/malamalama/2009/01/lessons-for-president-obama/ 
  5. ^ Chad Blair (2010年5月26日). “Mufi v. Neil in 1986: The Bloody First Round”. Honolulu Civil Beat. https://www.civilbeat.org/2010/05/1466-mufi-v-neil-in-1986-the-bloody-first-round/ 
  6. ^ “Politician's big yellow taxi replaced by a leased SUV”. Honolulu Star-Advertiser. (2011年8月11日). http://www.staradvertiser.com/newspremium/20110811__Politicians_big_yellow_taxi_replaced_by_a_leased_SUV.html 2011年8月13日閲覧。 [リンク切れ] (Subscription required)
  7. ^ DePledge, Derrick (2010年3月2日). “Abercrombie files papers, calls for furlough action”. Honolulu Advertiser. http://the.honoluluadvertiser.com/article/2010/Mar/02/ln/hawaii3020320.html 2011年2月24日閲覧。 
  8. ^ Mari, Roger (2009年3月9日). “Neil Abercrombie formally announces run for Hawaii governor's seat”. HawaiiNewsNow.com. http://www.hawaiinewsnow.com/global/story.asp?s=9969713 2010年8月23日閲覧。 
  9. ^ Abercrombie, Neil. “A New Day in Hawaii Plan”. State of Hawaii. オリジナルの2013年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131222034418/http://governor.hawaii.gov/a-new-day-in-hawaii-plan/a-new-day-in-hawaii/ 2013年11月27日閲覧。 
  10. ^ DePledge, Derrick (2010年9月18日). “Blowout: Abercrombie to face Aiona after trouncing Hannemann”. Honolulu Star-Advertiser. オリジナルの2010年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101213044531/http://www.staradvertiser.com/elections/2010/primary/20100918_Abercombie_takes_early_lead_in_governors_race.html 2011年2月24日閲覧。 
  11. ^ Toeplitz, Shira (2010年9月19日). “Abercrombie triumphs in Hawaii”. Politico.com. http://www.politico.com/news/stories/0910/42373.html 2010年10月13日閲覧。 
  12. ^ State of Hawaii Office of Elections (2010年9月29日). “PRIMARY ELECTION 2010 – State of Hawaii – Statewide: FINAL SUMMARY REPORT”. 2011年2月24日閲覧。
  13. ^ DePledge, Derrick (2010年11月4日). “Abercrombie wins all but 1 district”. Honolulu Star-Advertiser. オリジナルの2011年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111111103944/http://www.staradvertiser.com/news/20101104_Abercrombie_wins_all_but_1_district.html 2011年2月24日閲覧。 
  14. ^ “NANCIE E. CARAWAY MARRIED TO NEIL ABERCROMBIE”. New York Times. (1981年7月19日). https://www.nytimes.com/1981/07/19/style/nancie-e-caraway-married-to-neil-abercrombie.html 
  15. ^ Eisele, Albert (2005年7月5日). “Menendez: Turn the tables on journos”. The Hill. http://thehill.com/homenews/news/5783-menendez-turn-the-tables-on-journos 
  16. ^ Crisitunity (2010年9月17日). “SSP Daily Digest: 9/17”. Swing State Project. http://www.swingstateproject.com/diary/7619/ssp-daily-digest-917 2011年2月24日閲覧。 
  17. ^ “Abercrombie takes oath to become Hawaii's 7th governor”. Honolulu Star-Advertiser. (2010年12月6日). オリジナルの2012年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121015150459/http://www.staradvertiser.com/news/breaking/Inauguration_festivities_begin_for_Gov-elect_Abercrombie.html 

外部リンク[編集]

アメリカ合衆国下院
先代:
セシル・ヘフテル
アメリカ合衆国の旗 ハワイ州第1選挙区
選出議員

第3代: 1986年9月20日 - 1987年1月3日
次代:
パット・サイキ
先代:
パット・サイキ
アメリカ合衆国の旗 ハワイ州第1選挙区
選出議員

第5代: 1991年1月3日 - 2010年2月28日
次代:
チャールズ・ジョウ
公職
先代:
リンダ・リングル
ハワイ州知事
2010年12月6日 - 2014年12月1日
次代:
デービッド・イゲ