ニーナ・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニーナ・ゴードン
Nina Gordon
出生名 Nina Rachel Gordon Shapiro
生誕 (1967-11-14) 1967年11月14日(49歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ
ジャンル オルタナティヴ・ロック
パワー・ポップ
グランジ
職業 ミュージシャンシンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1998年 -
レーベル ワーナー
共同作業者 ヴェルーカ・ソルト

ニーナ・ゴードンNina Gordon、出生名:ニーナ・レイチェル・ゴードン・シャピーロ Nina Rachel Gordon Shapiro 1967年11月14日 - )は、アメリカ合衆国ミュージシャンシンガーソングライター

概要[編集]

1994年ロックバンドヴェルーカ・ソルトのメンバーとしてデビューし、1998年の脱退後はソロのシンガーソングライターとして活動を開始する。2000年にソロデビューアルバム『Tonight and the Rest of My Life』をリリース。ビルボード最高123位と上位には届かなかったが[1]、数ヶ月間100位台中間を維持し、最終的に30万枚、日本では5万枚を売り上げた。2003年暮れに新作の製作を開始し、2004年初めにアルバムが完成し『Even the Sunbeams』というタイトルが付けられたが、ゴードンはアルバムの出来に満足できず、楽曲を書き直して再びレコーディングを行った。2006年8月に2ndソロアルバム『Bleeding Heart Graffiti』をリリースした。

2013年に活動を再開したヴェルーカ・ソルトに加入、ツアーを行い新曲も発表した。

その他[編集]

ソロ作品[編集]

アルバム[編集]

  • Tonight and the Rest of My Life (2000年)
  • Even the Sunbeams (2004年) ※未発表
  • Bleeding Heart Graffiti (2006年)

シングル[編集]

  • "Tonight and the Rest of My Life" (2000年)
  • "Now I Can Die" (2001年)
  • "2003" (2001年)
  • "Kiss Me 'Til It Bleeds" (2006年)

脚注[編集]