ニーナワー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニーナワー県

ニーナワー県(ニーナワーけん、アラビア語: محافظة نينوى Muḥāfaẓat Nīnawā)はイラク。県都はモースル(マウスィル)。

名称[編集]

ニーナワーの名は、アッシリア統治時代の都市名ニネヴェに由来する。

地理[編集]

シリアとの国境を持つ。 隣接する県は、北にドホーク県、東にアンバール県、東南にサラーフッディーン県、南にアルビール県の4つ。

県都モースル(マウスィル)は、バグダードに次ぐイラク第二の都市。

住民[編集]

民族[編集]

アラブ人アッシリア人クルド人ヤズィーディー。少数民族にシャバク人英語版イラク・トルクメン英語版アルメニア人

言語[編集]

アラビア語en:Neo-Aramaic languagesクルド語南アゼリー語シャバク語英語版アルメニア語

宗教[編集]

他のイラク北部各州同様、住民の宗教はスンナ派が中心。イラク・トルクメンはシーア派。アッシリア人とアルメニア人はキリスト教。少数民族のヤズィーディーは固有の宗教。一部の3万人程度の規模で存在するシャバク人という集団には、アレヴィー派の信者やシーア派と土着宗教が混合した教義を持つ宗教Ahl-e Haqqの信者がいる。[1]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ “イラク北部で少数宗教集団の葬儀狙った自爆攻撃、26人死亡”. AFP (フランス通信社). (2012年9月15日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2968274/11351168 2012年9月15日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]