ニンバ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニンバ郡
Flag of Nimba County.svg

ニンバ郡Nimba County)はリベリア共和国の15ある(county)の1つである。リベリア内陸の北部、ギニアコートジボワールと国境を接し、ニンバ山がある。面積は12,043km2で、人口は313,050人である。中心地はサニケリエ

ニンバ郡には6地区(District)に分かれている。

ニンバ山に豊かな鉄鉱石の資源に恵まれているが、ニンバ郡はリベリアの内戦で最も被害が酷い地域の1つである。民族的にギオ族マノ族などの先住民族が暮らす。1980年先住民部族クラン族出身のサミュエル・ドウ軍曹が軍事クーデターでアメリコ・ライベリアンの政権を倒し、政権を奪い、1985年ニンバ郡のギオ族とマノ族のドウ政権に反旗を翻す、反政府組織が、軍事クーデターを起こすが、失敗。ドウはギオ族と「マノ族に対し復讐として、ニンバ郡に軍隊を送り、ギオ族とマノ族を大虐殺した。1989年からの内戦ではクラン族がギオ族とマノ族に復讐を抱いて両者の紛争が横棒していたので、ニンバ郡では大勢の難民が出てていた。