ニントゥアン第一原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニントゥアン第一原子力発電所
ベトナムの旗 ベトナム
座標 北緯11度26分43.764秒 東経109度0分16.704秒 / 北緯11.44549000度 東経109.00464000度 / 11.44549000; 109.00464000 (ニントゥアン第一原子力発電所)座標: 北緯11度26分43.764秒 東経109度0分16.704秒 / 北緯11.44549000度 東経109.00464000度 / 11.44549000; 109.00464000 (ニントゥアン第一原子力発電所)
運営者 ベトナム電力公社ベトナム語版
原子炉
計画中 2 x 1000 MW
テンプレートを表示

ニントゥアン第一原子力発電所(ニントゥアンだいいちげんしりょくはつでんしょ、ベトナム語: Nhà máy điện hạt nhân Ninh Thuận 1)は、ベトナム中南部ニントゥアン省トゥアンナム県[要出典]フオックジン村に建設が予定されていた原子力発電所

概要[編集]

ベトナム社会主義共和国の進める「大型電力開発プロジェクト」の1つで、水力発電所頼みの慢性的な電力不足から、2000年代に入ると建設計画が具体化。ニントゥアン第二原子力発電所と伴に、各国政府(ロシア中国韓国フランス日本)および原子炉製造企業の売り込みが活発になった。

主導権争いの結果、ロシアが主導権を握ることとなり、2009年12月、両国政府が協定を結び事実上の開発がスタートした。2011年12月2日に、ロシアの原子力企業ロスアトムが、ベトナムでの原発建設に合意したと発表した[1]。なおこれに伴い、ロシアから90億ドルの支援が行われると報道された[2]

発電所は、1号機と2号機からなる総発電量2,000メガワットを計画、着工は2014年末、完成は2020年頃を予定していた[3]。しかし東日本大震災を受け、建設計画が見直され、建設は2016年3月、完成は2028年にずれ込むと、ベトナム政府は発表した[4]

2016年11月22日、ベトナム政府は「財政難と住民の反対」を理由に、ニントゥアン第二原子力発電所と伴に、原子力発電所建設計画の中止を決めた[5]

出典[編集]

  1. ^ ロシアがベトナムで原発を建設”. イランラジオ (2011年12月3日). 2017年2月5日閲覧。
  2. ^ ロシア、ベトナムの原発建設に90億ドル支援”. newsclip.be (2011年11月30日). 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ 日本、原発第2サイト受注狙う”. NNA ASIA (2010年3月10日). 2017年2月5日閲覧。
  4. ^ ベトナム・ロシア:第1原発の稼働、2028年に延期”. 一般社団法人海外電力調査会 (2016年3月21日). 2016年9月19日閲覧。
  5. ^ “ベトナム、原発中止 日本のインフラ輸出に逆風”. 日本経済新聞. (2016年11月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09857950T21C16A1MM8000/ 2017年2月5日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 伊藤正子 / 吉井美知子編著 『『原発輸出の欺瞞――日本とベトナム、「友好」関係の舞台裏』』 伊藤正子、吉井美知子編著 インラサラ、遠藤聡、グエン・ミン・トゥエット、田辺有輝、中井信介、中野亜里、満田夏花 著、明石書店日本東京2015年ISBN 978-4-7503-4142-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]