ニンゲン合格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニンゲン合格
License to Live
監督 黒沢清
脚本 黒沢清
出演者 西島秀俊
音楽 ゲイリー芦屋
撮影 林淳一郎
編集 大永昌弘
製作会社 大映
配給 松竹
公開 日本の旗 日本 1999年1月23日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ニンゲン合格』(ニンゲンごうかく)は、黒沢清監督、西島秀俊主演による1999年日本映画

ストーリー[編集]

14歳のときに交通事故に遭った吉井豊(西島秀俊)が10年間の昏睡状態から目覚めると、両親は離婚し、妹は親元を離れて恋人と暮らしていた。父の友人であり産業廃棄物の不法投棄を請け負っている藤森(役所広司)が、豊の面倒を見ることになる。家族を取り戻したい豊は、一家が経営していたポニー牧場を立て直そうとするが、10年前に豊を轢いた室田(大杉漣)が牧場を破壊する。そこへ、しばらく姿を消していた藤森が戻ってくる。豊は、藤森とともに引っ越しの準備を始めるが、崩れてきた冷蔵庫の山の下敷きになって命を落とす。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:黒沢清
  • 音楽:ゲイリー芦屋
  • 劇中歌:洞口依子「月影のレヴュウ」(作曲:ゲイリー芦屋 作詞:東西蘭月)
  • 撮影:林淳一郎
  • 美術:丸尾知行
  • 照明:豊見山明長
  • 録音:井家眞紀夫
  • 編集:大永昌弘
  • 音響効果:丹雄二
  • 整音:中田裕章
  • 助監督:吉村達矢、毛利安孝、野本史生、安達耕平
  • 制作担当:金宗晩
  • スクリプター:小山三樹子
  • MA:アオイスタジオ
  • 現像:東京現像所
  • 製作協力:ツインズ
  • 製作者:加藤博之
  • 企画:土川勉、神野智
  • プロデューサー:下田淳行、藤田滋生
  • 製作:大映

評価[編集]

『Midnight Eye』のTom Mesは、「黒沢清のキャリアは概ねホラー映画とVシネマのヤクザ映画によって特徴づけられるが、『ニンゲン合格』は彼がドラマ演出に同じくらい熟達していることを証明する」と述べた[1]

第9回日本映画プロフェッショナル大賞において、本作がベスト10の第4位に選ばれ、西島秀俊が主演男優賞を受賞した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Tom Mes (2001年8月15日). “Midnight Eye review: License to Live”. Midnight Eye. 2014年4月8日閲覧。
  2. ^ 第9回日本映画プロフェッショナル大賞”. 日本映画プロフェッショナル大賞 (1999年). 2014年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]