ニルガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニルガイ
ニルガイ
ニルガイ Boselaphus tragocamelus
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ウシ亜科 Bovinae
: ニルガイ属 Boselaphus Blainville1816
: ニルガイ B. tragocamelus
学名
Boselaphus tragocamelus
(Pallas1766)
和名
ニルガイ
英名
Nilgai

ニルガイ(Nilgai、学名:Boselaphus tragocamelus)は動物界脊索動物界哺乳綱鯨偶蹄目(クジラ偶蹄目)ウシ科ウシ亜科ニルガイ属の動物。主にインド半島に原生。アメリカ合衆国テキサス州などで、移入後野生化したものも見られる。

特徴[編集]

体長は180cmから200cmでオスは15cmから20cmの2本の角を有する。頸がウマに似ていることから、「ウマシカ」などとも呼称される場合がある。前肢が長く、身体が傾いており、頸の背面に鬣を持つ。体毛は短く、オスは暗い灰色、メスは灰褐色でそれぞれ部分的に黒毛や白い斑点、縞などがある。

ヒマラヤ山麓からマイソールベンガルパンジャブ間の地域の平原に生息し、オス1頭に対し、メス数頭のハーレムを形成して行動する。活動時間帯は昼間で、木の葉や草、果実等を食べる。

12月から3月にかけて繁殖期が訪れる。

その他[編集]

日本ではアドベンチャーワールド姫路セントラルパークなどで目にすることができる。

脚注[編集]

  1. ^ Mallon, D.P. 2008. Boselaphus tragocamelus. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 20 June 2011.