ニラカンサ・ダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニラカンサ・ダス
Nilakantha Das.jpg
個人情報
生誕 (1884-08-05) 1884年8月5日
Flag of British Bengal.svg プリー, ベンガル, イギリス領インド帝国
死没1967年11月6日(1967-11-06)(83歳) [1]
政党インド国民会議
協力政党スワディンジャナサンガ
教育M.Phil
出身校カルタッタ大学
専業政治家

ニラカンサ・ダス(Nilakantha Das) (1884年8月5日1967年11月6日)は政治家、雄弁家、ベンガル保護領である。カルタッタ大学によりM.Philを授与されている。サチャバディ高校の校長なども務めた[2]1960年にはパドマ・ブーシャン勲章も受賞している。彼はイギリスの支配下で有利な仕事を否定し、また彼のスピーチは若者たちに触られず、他の社会的悪と戦うよう促した [要出典]1951年、ダスはスワディンジャナサンガと呼ばれる新しい政党のメンバーとして、 オーディシャ立法議会に選出された [3]1955年、彼はジャワハルラール・ネルーの要請によりインド国民会議に参加した。 彼はその党のメンバーとして1957年に再選された [要出典] 。 ダスは1960年にパドマ・ブーシャン勲章を受賞[4]。 彼は1967年11月6日に死去した[5]

参考文献[編集]

  1. ^ The Makers of Modern Orissa
  2. ^ Eminent Personalities of Orissa”. Government of Orissa. 2012年11月22日閲覧。
  3. ^ Odisha Files: Pundit Nilakantha Das”. odishafiles.com (2012年). 2013年3月5日閲覧。 “1951: Elected to Orissa Legislative Assembly with his new named party 'Swadhin Jana Sangha ';”
  4. ^ Padma Awards Directory (1954–2014) (PDF)”. Ministry of Home Affairs (India). p. 6 (2014年5月21日). 2014年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月12日閲覧。
  5. ^ The Makers of Modern Orissa”. 2013年3月5日閲覧。 “Death laid its icy finger on him on 6th November 1967”