ニュー新橋ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニュー新橋ビル
New-shimbashi-bldg-2017.jpg
情報
設計者 松田平田坂本設計事務所[1]
管理運営 新橋商事株式会社
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 5,730 m² 新橋駅前地区-事業の概要 東京都第二市街地整備事務所
延床面積 58,107 m²
階数 地上11階、地下4階
竣工 1971年2月
開館開所 1971年4月16日[2]
所在地 105-0004
東京都港区新橋2-16-1
座標 北緯35度39分58.6秒 東経139度45分26.5秒 / 北緯35.666278度 東経139.757361度 / 35.666278; 139.757361
テンプレートを表示
特徴的な低中層階外壁の格子

ニュー新橋ビル(ニューしんばしビル)は、東京都港区新橋新橋駅日比谷口前にあるオフィスビルである。

概要[編集]

低中層階の地下1階から4階までは、飲食店商店金券ショップマッサージ店等の主としてサラリーマンを対象とする店舗が入居している[3]、また、地下2-3階は駐車場とされており、高層階の5-9階はオフィス、10-11階は1-2DKの住宅とされている[1]。1日の来場者は1万人を超える[4][5]。特に商業区画の雰囲気には独特なものがあり、おやじビルとの愛称がある。

沿革[編集]

新橋駅西口は1945年昭和20年)5月24日空襲を受け、その大半が焼失した[6]

第二次世界大戦後、新橋駅西口にはヤミ市が生まれた。当初は不法占拠露店が大半を占めたが、やがて当時の港区長であった井出光治が設立した新橋商事やテキ屋の関東松田組により、木造平屋長屋形式の「新生マーケット」が設立された。「新生マーケット」は、この種のマーケットとしては日本最大規模のものであった[7]

1961年(昭和36年)12月には市街地改造法に基づく新橋駅西地区の都市計画及び都市計画事業が決定され、1969年(昭和44年)2月に施設建築物に着工。1971年(昭和46年)2月に竣工した[8]

再開発計画[編集]

2014年(平成26年)11月5日に、地権者による協議会が、当ビル及びSL広場を含む南北約400m、面積約3haの範囲を再開発し、30階建て前後、高さ120-130mのビルを2棟以上を建設する方針を決定したと報じられた。再開発は野村不動産NTT都市開発が行い、2023年頃の完成を目指す。再開発の一因は、ニュー新橋ビルの老朽化とされている[9][10]

脚注[編集]

外部リンク[編集]