ニュー・ウェーヴ (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニュー・ウェーヴ
様式的起源 パンク・ロックアート・ロックガレージロック実験音楽グラムロックパブロックスカレゲエファンク電子音楽ポップ・ミュージック[1]ディスコ[2]
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 エレクトリック・ギターエレクトリックベースドラムスシンセサイザーボーカル
派生ジャンル ニューロマンティックシンセポップ - Neue Deutsche Welle
融合ジャンル
Synthpunk2トーンエレクトロクラッシュニューレイヴ
地域的なスタイル
イギリス - アメリカ - ドイツ - フランス - イタリア - スペイン - ベルギー - 日本
関連項目
ポストパンクオルタナティヴ・ロック

音楽におけるニュー・ウェーヴ(英語: New Wave) とは、パンク・ムーブメントによって音楽環境が一変したイギリスで、ポストパンク現代音楽クラフトワークなどの電子音楽といったさまざまなジャンルの影響によって成立したロックの一ジャンル。「新しい波」という意味の表現であるが、一般的な意味ではなく特定の時期のことを指す。元々はパンク・ロックのことを指す言葉[要出典]1970年代後半から1980年代初頭にかけて世界的に流行した。

1983年頃には商業化が進行し、ニュー・ロマンティックスとして売り出されたイギリスのバンドが多数アメリカ進出を果たし、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれた[要出典]

概要[編集]

70年代半ば以降、それまで勢いがあったハードロックプログレッシヴ・ロックなどは一気に停滞状況を迎え、社会的には73年に起きた石油ショックにより、世界的な不況におおわれていた。そうした閉塞状況の中で起こったのが、77年のセックス・ピストルズ、ダムド、クラッシュなどによるロンドン・パンク[3]の登場である。パンク/ニュー・ウェーヴの若者たちは、ストゥージズザ・フーらロック全盛期のバンドのスピリットを復活させることに腐心した。ジョニー・ロットンは70年代後半に「ロックは死んだ」と宣言したが、その考えは当時も21世紀になってからも変わらないと語っている[要出典][4][リンク切れ]ロンドン・パンクが短期間で失速し、実験的で洗練された方向へ向かって以降のロック音楽は「ニューウェーヴ」と呼ばれた[要出典]。米国では、ニューヨークのクラブ、CBGBやマクシズ・カンサス・シティ[5][リンク切れ](トーキングヘッズ、Mink DeVille、Blondieなどが演奏)でニューウェーヴ・バンドの演奏が行われた[要出典]。PIL、キャバレー・ヴォルテール、XTCスクィーズ[6][リンク切れ]などもニュー・ウェーヴのバンドとして紹介された[要出典]。イギリスのラジオDJ、ジョン・ピールはアンダートーンズ、フォールなどを紹介し、非常に熱心に応援していた[7][出典無効]

詳細[編集]

70年代後半には、英国出身でカントリー・ギターの影響が強かったダイアー・ストレイツも、ニュー・ウェイヴのカテゴリーに含まれた。[要出典]また日本では、アンダーグラウンドのパンクバンドたち(東京ロッカーズなど)がニュー・ウェイヴとして紹介されたこともある。[要出典]当時の日本におけるニューウェイブの定義は、英国のパンク・ムーブメントの後に登場した、新しいスタイルのロック・ミュージックというもので、その定義は曖昧だった。[要出典]

1981年にニュー・ロマンティクスが台頭してからは、ニュー・ウェイヴという言葉は比較的使われなくなった。[要出典]当時、人気のあったアダム・アンド・ジ・アンツデュラン・デュランなどは、ニュー・ロマンティクス、フューチャリストと呼ばれた。[要出典]

パンクやニュー・ウェーヴの流れは既存の音楽産業に取り込まれることを拒むという要素もあったため、のちのインディーズと呼ばれる自主制作やマイナー・レーベルの活性化を促した[8]

脚注[編集]

  1. ^ Cooper,Kim, Smay, David, Bubblegum Music is the Naked Truth (2001), page 248 "Nobody took the bubblegum ethos to heart like the new wave bands"/
  2. ^ Bernard Edwards, 43, Musician In Disco Band and Pop Producer The New York Times 22 April 1996 "As disco waned in the late 70s, so did Chic's album sales. But its influence lingered on as new wave, rap and dance-pop bands found inspiration in Chic's club anthems"
  3. ^ http://www.inmusicwetrust.com/articles/08f04.html
  4. ^ http://www.yahoo.com/.../johnny-rotten-most-wicked-momen...
  5. ^ http://www.allmusic.com/.../maxis-kansascity-mn0001415966
  6. ^ http://www.bbc.co.uk/.../0509a681-a362-4800-9075-656041...
  7. ^ http://vivelerock.net/the-fall-the-undertones-to-play-john-peel...
  8. ^ 宮入恭平、佐藤生実『ライブシーンよ、どこへいく』青弓社、2011年

参考文献[編集]

外部リンク[編集]