ニュー・アトス・ケイヴ鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノヴィ・アフォン地下鉄(ニュー・アトス・ケイヴ鉄道)
Афон Ҿыц аҳаҧытә метро
Новоафонская пещерная железная дорога
New Athos Cave Railway
モスクワで製造された、ニュー・アトスの地下鉄列車
モスクワで製造された、ニュー・アトスの地下鉄列車
基本情報
アブハジアの旗 アブハジア
ジョージア (国)の旗 ジョージア
所在地 ニュー・アトス
種類 地下鉄
起点 エントランス・ゲート
終点 ホール・Anakopea
駅数 3[1]
開業 1975年7月4日
所有者 ノヴィ・アフォン洞窟
路線構造 地下
路線諸元
路線距離 1.291 km (0.802 mi)[1]
軌間 914 mm (3 ft)[1]
線路数 単線
電化方式 300 V DC[1]
最高速度 30 km/h (19 mph)[1]
路線図
New Athos Cave Rilway (OpenStreetMap).png
テンプレートを表示

ニュー・アトス・ケイヴ鉄道(ニューアトスケイヴてつどう、アブハズ語: Афон Ҿыц аҳаҧытә метро: Новоафонская пещерная железная дорога: New Athos Cave Railway)は、アブハジア共和国またはジョージアアブハジア自治共和国)のグダウタ地区ニュー・アトスにある、ノヴィ・アフォン洞窟で運行されている地下電気鉄道である。 ニュー・アトス地下鉄またはノヴィ・アフォン地下鉄としても知られている。 なお、ニュー・アトスはロシア語ではノヴィ・アフォンと呼ばれる。

概要[編集]

当鉄道は、延長1.3キロメートル (0.81 mi)および3の鉄道であり、1975年に開業している。 当鉄道では、旧ソビエト連邦で製造された「観光旅行」列車が2編成、新たにラトビア共和国で製造された Ep 563 が1編成の、3編成の列車が現在使用されている。 2014年以降は、Ep 563 が唯一使用されている列車である。 「観光旅行」列車の1編成は、2005年モスクワで近代化されており、Ep 563 列車に故障が生じた場合の代役として、ホール・Apsny駅に配置されている。 もう1編成の「観光旅行」列車は、車庫に配置されている。

ルート[編集]

当路線は、単線および電化された狭軌鉄道である。 当路線は、アブハジア鉄道のPsyrtscha駅の近くにある、洞窟の入口が起点となっている。 「エントランス・ゲート」駅から、「Apsny・ホール」(またはアブハジア)および「Anakopea・ホール」の、2つの洞窟の広間に到着する。 Apsny駅はshow cave英語版の始まりで観光客を案内するのに役立っており、観光旅行終了後、Anakopeaでは観光客が入口へと戻る。 当路線には、エントランス駅のちょうど前の車庫、およびエントランス駅とApsny間の従業員専用のトンネルを含む[1]

ロシア語名 km 備考
エントランス・ゲート Входные Ворота
(Vkhodnye Vorota)
0.00
Traintransportation.svg Psyrtscha の近くにある駅でアブハジア鉄道に連絡
地図
ホール・Apsny
(アブハジア)
Зал Апсны
(Zal Apsny)
1.00
地図
ホール・Anakopea Зал Анакопия
(Zal Anakopiya)
1.29
地図

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]