ピオーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニューピオーネから転送)
移動先: 案内検索
兵庫県三木市で栽培されたピオーネ

ピオーネ(イタリア語:Pione)は、黒葡萄の一種。名前は、「開拓者」という意味のイタリア語に由来する。また、ピヨーネと呼ばれることもある。

概要[編集]

1957年に、静岡県井川秀雄巨峰カノンホールマスカットを交配し作出された4倍体品種である。巨峰よりも香りが強く、かつ日持ちのよい品種とされている[1]

強い甘みでありながら爽やかな酸味があり、すっきりとした味が特徴。また大粒なのに身が詰まり、果汁が豊富。なお、種無しになるようジベレリン処理し栽培したものはニューピオーネと呼ばれる。

「黒い真珠」と呼ばれ、その色はポリフェノールのひとつであるアントシアニンから出来ており、広島県の三次ピオーネ生産組合は「黒い真珠」を商標登録している。

生産[編集]

代表的な産地は岡山県山梨県長野県で生産面積は岡山県が一位、山梨県が二位となっている[2]
1974年に広島県三次市周辺で三次ピオーネ生産組合を設立し、高級ピオーネの産地となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 中野幹夫、松田政紀、片岡衛、“ピオーネの品質改善に関する研究”『岡山大学農学部農場報告』P.12、1986年8月1日、岡山大学農学部農場
  2. ^ 農林水産省 平成23年産特産果樹生産動態等調査

外部リンク[編集]