ニュートピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニュートピア
ジャンル アクションRPG
対応機種 PCエンジン
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
ディレクター 和泉勇
デザイナー 安田圭吾
島田周樹
高津敏之
プログラマー 金田孝司
音楽 前野知常
美術 関口暁信
シリーズ ニュートピアシリーズ
人数 1人
メディア 3メガビットHuCARD[1]
発売日 日本 198911171989年11月17日
アメリカ合衆国 1990年
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Mild Fantasy Violence
ヨーロッパ Violence
その他 型式:日本 HC89022
アメリカ合衆国 TGX030029
テンプレートを表示

ニュートピア』 (Neutopia) は、ハドソンから1989年11月17日PCエンジン用のアクションRPGとしてHuCARDで発売されたゲームソフトである。

概要[編集]

十字キーによる移動と、ワンボタンで繰り出される剣による攻撃が基本となっている。冒険を進めるごとに新たなアイテムを入手し、進める場所が増えていくのが特徴。

ゲームシステムやゲームデザインの点で任天堂ゼルダの伝説』に対する強いオマージュとなっている。発売時にゲーム誌などでの紹介では「類似している」とも評された。本作に関わっていないが当時ハドソンに在籍していた岩崎啓眞によれば、本作は開発の中心人物が「二人ともゼルダを崇拝していて『ゼルダのようなゲームをPCエンジンで作りたい』から始まった企画だった」[2]

2007年5月1日にはWiiバーチャルコンソールで、2010年6月16日にはゲームアーカイブスPSPPS3)で、2014年4月16日にはWii Uのバーチャルコンソールで、2014年5月14日にはSmart TV Box(GameNow)で、2014年5月29日にはG-cluster(Gクラスタ)で、2014年6月27日にはひかりTV STB(ひかりTVゲーム)でそれぞれ配信された。

ストーリー[編集]

主人公フレイは、悪魔ラファエルに奪われた8つのメダリオンを取り返し、さらわれた姫を救い出すために旅立つ。

登場人物[編集]

フレイ
世界を救うために現れた勇者。攻撃、防御すばやさのバランスがいい。
闇の皇帝ラファエル
最終ステージで登場するボスキャラクター。
ララン姫
闇の皇帝ラファエルにさらわれたヒロイン。メダリオンの力を正しく導くお方。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 ニュートピア
バーチャルコンソール
日本 200705012007年5月1日
アメリカ合衆国 200708202007年8月20日
ヨーロッパ 200708242007年8月24日
Wii ハドソン ハドソン ダウンロード - -
2 ニュートピア
ゲームアーカイブス
日本 201006162010年6月16日
アメリカ合衆国 201104192011年4月19日
PlayStation Portable
PlayStation 3
(PlayStation Network)
ハドソン ハドソン ダウンロード - -
3 ニュートピア
バーチャルコンソール
日本 201404162014年4月16日
アメリカ合衆国 201703022017年3月2日
Wii U ハドソン KDE ダウンロード - -
4 ニュートピア
GameNow
日本 201405142014年5月14日
Smart TV Box ハドソン KDE クラウドゲーム - -
5 ニュートピア
Gクラスタ
日本 201405292014年5月29日
G-cluster ハドソン KDE クラウドゲーム - -
6 ニュートピア
ひかりTVゲーム
日本 201406272014年6月27日
ひかりTV STB ハドソン KDE クラウドゲーム - -

スタッフ[編集]

  • ディレクター:和泉勇
  • チーフ・プログラマー:金田孝司
  • アシスタント・プログラマー:飛澤正人、こんどうとしろう
  • チーフ・デザイナー:関口暁信
  • グラフィック・デザイナー:東明彦、及川泰恵
  • 音楽:前野知常
  • サウンド・エフェクト:滝本利昭
  • ゲーム・デザイナー #1:安田圭吾
  • ゲーム・デザイナー #2:島田周樹
  • ゲーム・デザイナー #3:高津敏之
  • シナリオ・アドバイザー:荒井弘二、川田忠之
  • サンクス:浦敏治、小山俊典
  • スペシャル・サンクス:遠藤英俊

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Electronic Gaming Monthly 28/40点 (PCE)[3]
Eurogamer 6/10点 (Wii)[5]
ファミ通 27/40点 (PCE)[4]
Game Informer 8.5/10点 (PCE)[6]
GameSpot 7.0/10点 (Wii)[7]
IGN 7.5/10点 (Wii)[8]
NintendoLife 8.0/10点 (Wii)[9]
月刊PCエンジン 84/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン 29/40点 (PCE)
PC Engine FAN 22.33/30点 (PCE)[1]
(総合140位)
Power Play 81% (PCE)[10]
Defunct Games 70% (PCE)[11]
Aktueller Software Markt 7/12点 (PCE)[3]
The Games Machine 43% (PCE)[3]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では7・7・8・5の合計27点(満40点)[4]、『月刊PCエンジン』では85・90・75・85・85の平均84点、『マル勝PCエンジン』では7・7・8・7の合計29点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.33点(満30点)となっている[1]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で140位(485本中、1993年時点)となっている[1]。同雑誌1993年10月号特別付録の「PCエンジンオールカタログ'93」では、「地上、地下、海、空と壮大な4つの世界を冒険するファンタジーRPG。RPGなのに経験値が存在しないことが、このゲームの大きな特徴。単調な経験値稼ぎの繰り返しにうんざり、ということもなくなった」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 4.13 3.84 3.85 3.94 3.72 2.85 22.33

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 47頁。
  2. ^ 岩崎啓眞 (2010年5月9日). “1989年 - ハドソンで作られていたゲームについて::Colorful Pieces of Game” (日本語). 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ a b c Neutopia for TurboGrafx-16 (1989) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年4月22日閲覧。
  4. ^ a b ニュートピア まとめ [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年5月16日閲覧。
  5. ^ Neutopia for Wii (2007) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年4月22日閲覧。
  6. ^ Neutopia”. Game Informer (109): 85. (May 2002). 
  7. ^ Shau, Austin (2007年11月9日). “Neutopia Review for Wii”. GameSpot. 2008年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月4日閲覧。
  8. ^ Thomas, Lucas M. (2007年9月7日). “Neutopia Review – The Legend of Zelda: TurboGrafx Edition”. IGN. 2011年1月4日閲覧。
  9. ^ van Duyn, Marcel (2007年8月19日). “Neutopia (Virtual Console /TG-16) Review”. Nintendo Life. 2011年1月4日閲覧。
  10. ^ Gaksch, Martin (February 1990). “Neutopia” (German). Power Play 1990 (2): 68. 
  11. ^ Romano, Adam (2008年3月8日). “Antiquated Reviews – Neutopia”. Defunct Games. 2010年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]