コンテンツにスキップ

ニヤマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニヤマニヤーマNiyamasサンスクリット: नियम、勧戒)とは、前向きな義務・遵守事項のことである[1]。鍛錬による自己浄化を目指す[2]。対義語はヤーマ(Yamas、禁戒)であり、進んでしない自己抑制の事項である[2]

インド哲学、特にヨーガ学派では、ニヤマとヤマは、健康的生活、精神的な悟り、そして存在からの解放のため推奨される活動と習慣となっている[3]。ヒンドゥー教においては、文脈に応じて複数の意味がある。仏教ではニヤマ・ダルマ(niyama dhammas )として自然に決定されるものである[4]

ヒンドゥー教

[編集]

は、ヒンドゥー教の古代・中世のさまざまな書物で広く論じられている。そのヨーガ学派では、八支(段階、枝、構成要素)のうち最初の2つで説明されている。第一肢はヤマ(Yamas)と呼ばれ、高徳な自制心(すべきではないこと)が述べられる。第二肢はニヤマと呼ばれ、高徳な習慣、行動、遵守(ドーズ)が含まれる[5][6]

ヒンドゥー教では、これらの徳と倫理の前提は、個人が自己実現し、悟りを開き、解放された存在状態(解脱)に至るために必要と考えられている[7]

5つのニヤマ

[編集]

パタンジャリヨーガ・スートラでは、ヨガの八支(ヨーガアンガ)のうち、第二肢がニヤマである。「Sadhana Pada」32節では、ニヤマの一覧を以下としている[8]

  1. シャウチャ(शौच):清浄[2]、心・言葉・体の清らかさ[9]
  2. サントーシャ(सन्तोष):満足、知足[2]、他人と自分の状況をありのままに受容、自己に対する楽観[3]
  3. タパス (Tapas、तपस्):苦行、自制[2]、引き締め、自己鍛錬[10] 継続した瞑想、忍耐[11][12]
  4. スヴァディアーヤ (स्वाध्याय):読誦[2]、自己の研究、自己反省、自己の思考・言動の内観[12][13]
  5. イシュワラ・プラニダーナ (ईश्वरप्रणिधान):イシュヴァラ(神・最高存在、ブラフマン、真我、不変の実在)の観想[15]、信仰[2]、最高意識への同調[16]

10つのニヤマ

[編集]

ヒンドゥー教の多様な伝統と歴史的な議論の中で、いくつかの文献は拡張された複数のニヤマの一覧を示唆している。例えば シャンディリヤとヴァラハのウパニシャッド[17]ハタ・ヨーガ・プラディーピカー[18]、ティルマンディラムの第3巻552から557節[19]は、前向きな義務、望ましい行動、規律として10つのニヤマを挙げている。

以下に、ハサヨガプラディピカ(1.18節)による10のニヤマを挙げる[18]

  1. タパス (Tapas、तपस् )[11][12]
  2. サントーシャ(सन्तोष)[3]
  3. アースティカ (Āstikya、आस्तिक्य):真我への信仰(ジュニャーナ・ヨガ、ラージャ・ヨガ)、神への信仰(バクティ・ヨガ)、 ヴェーダ/ウパニシャッドへの確信(正統派)[21]
  4. ダーナ (Dāna、दान):気前のよさ、慈善、分かち合い[22]
  5. イシュワラ・プラニダーナ (ईश्वरपूजान)[23]
  6. シッダーンタ・シュラヴァナ英語版 (Siddhānta śrāvaṇa ; सिद्धान्त श्रवण):古代の聖典に耳を傾ける[21]
  7. (Hrī、ह्री):反省と受け入れ、謙虚、謙遜[18][24]
  8. マティ (मति; Mati):理解するために考え、反映し、矛盾した考えを調整する[25]
  9. 低謡英語版 (जप):マントラを復唱し、知識を暗唱する[26]
  10. 護摩 (Huta, हुत) または 誓願儀礼英語版 (व्रत; Vrata):
    1. 護摩 (हुत):儀式(ヤジナのような生け贄の儀式)
    2. 誓願儀礼 (व्रत):宗教上の誓い、規則、遵守を忠実に実行する[27]

仏教

[編集]

紀元5世紀から13世紀にかけての仏教注記書では、pañcavidha niyama(五つのニヤマ)が以下に確認される。

  • Aṭṭhasālinī (272-274) - ブッダゴーサによる最初の注記書であるDhammasangaṅi に記載[30]
  • Sumaṅgala-Vilāsinī (DA 2.431) - ブッダゴーサによる長文の注記[31]
  • Abhidhammāvatāra (PTS p. 54) - ブッダゴーサによるアビダルマ要約[32]
  • Abhidhammamātika Internal Commentary. (p. 58) - Coḷaraṭṭha Kassapa による論蔵解説。
  • Abhidhammāvatāra-purāṇatīkā (p. 1.68) - スリランカの Vācissara Mahāsāmi による文献。

これらにおいては、次の5つのニヤマが示されている。

  1. utu-niyāma(季節の制約) - たとえば、地球のある地域のある時期には、木々が一斉に開花・結実し(エカッパハーレンヴァ)、風が吹いたり止んだりし、日照量や降雨量が異なる。花によっては蓮のように、昼に開き夜に閉じる。
  2. bīja-niyāma(種や菌の制約)- 大麦の種によって大麦が生まれるように、自分自身の種を生み出す。
  3. kammaniyāmaの制約) - 善い行いは良い結果を生み、悪い行いは悪い結果を生む。この制約を象徴しているのが、ダンマパダ127の「行為の結果は避けられない」という説とされる。
  4. citta-niyāmaの制約) - 心的活動のプロセスの順序。先行する思考が後続の思考を引き起こし、条件づけるという因果関係を示す。
  5. dhamma-niyāmaの制約) - 菩薩が母の胎内で受胎するときや誕生する際に、万界系が震動するような出来事。

脚注

[編集]
  1. ^ Moyer, Donald (1989). “Asana”. en:Yoga Journal 84 (January/February 1989): 36. 
  2. ^ a b c d e f g 伊藤 麻希「心と身体の関係に着目したヨーガの実践」『日本女子体育連盟学術研究』第36巻、2020年、doi:10.11206/japew.36.31 
  3. ^ a b c N Tummers (2009), Teaching Yoga for Life, ISBN 978-0736070164, page 16-17
  4. ^ What does niyama mean?”. www.definitions.net. 2021年1月15日閲覧。
  5. ^ N Tummers (2009), Teaching Yoga for Life, pp. 13-16  ISBN 978-0736070164
  6. ^ Y Sawai (1 June 1987). “The Nature of Faith in the Śaṅkaran Vedānta Tradition”. Numen 34: 18-44. https://www.jstor.org/stable/3270048. 
  7. ^ KH Potter (1958). “Dharma and Mokṣa from a Conversational Point of View”. Philosophy East and West 8(1/2): 49-63. https://www.jstor.org/stable/1397421. 
  8. ^ Āgāśe, K. S. (1904). Pātañjalayogasūtrāṇi. Puṇe: Ānandāśrama. p. 102. https://archive.org/stream/patanjaliyoga/yoga_sutras_three_commentaries#page/n113/mode/2up 
  9. ^ Sharma and Sharma, Indian Political Thought, Atlantic Publishers, ISBN 978-8171566785, page 19
  10. ^ Gregory P. Fields (2014). Religious Therapeutics: Body and Health in Yoga, Ayurveda, and Tantra. State University of New York Press. pp. 111. https://books.google.com/books?id=nCQ0Njp2DWMC&pg=PA111  ISBN 978-0-7914-9086-0
  11. ^ a b Kaelber, W. O. (1976). "Tapas", Birth, and Spiritual Rebirth in the Veda, History of Religions, 15(4), 343-386
  12. ^ a b c SA Bhagwat (2008), Yoga and Sustainability. Journal of Yoga, Fall/Winter 2008, 7(1): 1-14
  13. ^ Polishing the mirror Yoga Journal, GARY KRAFTSOW, FEB 25, 2008
  14. ^ Īśvara + praṇidhāna”. 2016年3月3日時点のĪśvara オリジナルよりアーカイブ。2016年3月3日閲覧。
  15. ^ Īśvara + praṇidhānaの意[14]、さらにpraṇidhāna”. 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。による。
  16. ^ Sturgess, Stephen (2014). Yoga Meditation. Watkins Publishing. pp. 21  ISBN 978-1-78028-644-0
  17. ^ SV Bharti (2001), Yoga Sutras of Patanjali: With the Exposition of Vyasa, Motilal Banarsidas, ISBN 978-8120818255, Appendix I, pages 680-691
  18. ^ a b c Burley (2000年)[20]。原典は右記のとおり。तपः सन्तोष आस्तिक्यं दानम् ईश्वरपूजनम् ।
    सिद्धान्तवाक्यश्रवणं ह्रीमती च तपो हुतम् ।
    नियमा दश सम्प्रोक्ता योगशास्त्रविशारदैः ॥१८॥
    。注記:無料のオンライン資料ではあるが、著者は 「Tapas」を「niyamas」一覧に重複して2回掲載。他者は上記資料の第2行目の文末から2点目の言葉を「जपो」すなわちJapa と読み解く。
  19. ^ Fountainhead of Saiva Siddhanta Tirumular, The Himalayan Academy, Hawaii
  20. ^ Mikel Burley (2000), Haṭha-Yoga: Its Context, Theory, and Practice, Motilal Banarsidas, ISBN 978-8120817067, pages 190-191
  21. ^ a b Niyama”. United We Care. 8 Limbs of Yoga (2021年6月30日). 2021年6月閲覧。
  22. ^ William Owen Cole (1991), Moral Issues in Six Religions, Heinemann, ISBN 978-0435302993, pages 104-105
  23. ^ Īśvara Archived 3 March 2016 at the Wayback Machine. Koeln University, Germany
  24. ^ Hri Monier Williams Sanskrit English Dictionary
  25. ^ Monier Williams, A Sanskrit-English Dictionary: Etymologically and philologically arranged, p. 740, - Google ブックス, Mati, मति, pages 740-741
  26. ^ HS Nasr, Knowledge and the Sacred, SUNY Press, ISBN 978-0791401774, page 321-322
  27. ^ Siddha Community: The Saivite Hindu Religion”. www.siddha.com.my. 2017年1月12日閲覧。
  28. ^ E. Muller, ed (1979年(初版 1897年)). PTS. p. 272 
  29. ^ Pe Maung Tin tr. The Expositor, London: PTS, 1921, vol.II p.360.
  30. ^ "Aṭṭhasālinī" の言及[28]、英語訳は Pe Maung Tin 訳(1921年[29])。
  31. ^ Sumaṅgala-Vilāsinī, Buddhaghosa’s Commentary on the Dīgha Nikāya. ed. W. Stede. PTS 1931, p.432.
  32. ^ Abhidhammāvatāra in Buddhadatta’s Manuals. ed. AP Buddhadatta. PTS 1980 (orig. 1915) p.54.

外部リンク

[編集]
  • Yoga and Ethics(英語)(PDF形式)Paul Macneill, Wiley-Blackwell出版
  • The Fivefold Niyāma (英語)(PDF形式)ニヤマについて述べる解説テキストの英語訳。