ニャッキ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニャッキ! (KNYACKI!) は、1話5分弱のクレイアニメ作品。NHK教育テレビプチプチ・アニメ」で1995年から放送中。2016年4月からはAbemaTVの『なつかしアニメ』内で配信を開始した。

概要[編集]

イモムシの主人公・ニャッキの日常を描く。製作は伊藤有壱。音楽担当はマンドリン奏者の竹内信次2017年1月現在、46話製作されている。近年の製作ペースは年に2本程度である。

それぞれのキャラクターに声優はいるが彼らが明確にセリフを言うことはなく、ほぼ鳴き声や効果音(「ニャッ!」など)で感情を表現している。

作品舞台の多くは日本のとある街が使われており、ニャッキの視点から人間の世界を観ることになる。キャラクター以外の背景やオブジェクトを実物や粘土以外の模型写真を用いている。40話以降はこれまでの風景や実物に代わり、全編フルCGで進行する。

放送時間[編集]

  • 5分番組のため、NHKの編成の都合により変わり続けているが、朝と夕方の放送が基本。2001年度以降は偶数月の毎週火曜日に放送されていたが、2007年度より、3ヶ月毎の放送に変更、4月〜6月、及び10月〜12月の毎週火曜日に変更された(1月〜3月、7月〜9月の毎週火曜日は「ロボットパルタ」を放送。3学期は毎月「ロボットパルタ」を放送のため、この場合は12月が「ニャッキ!」を放送する年度最後の月でもあった)。2010年度から朝の放送時間の変更に伴い、放送月も偶数月の火曜日に戻された。
  • また、国民体育大会などのスポーツ中継により、再放送が休止されることがある。

現在[編集]

  • 隔週火曜(ロボットパルタと交互に放送) 8:50 - 8:55(本放送)、15:40 - 15:45(再放送)

以前[編集]

  • 2013年4月 - 2014年2月 … 偶数月の火曜 8:50 - 8:55(本放送)、15:40 - 15:45(再放送)
  • 2012年4月 - 2013年2月 … 偶数月の火曜 8:40 - 8:45(本放送)、15:40 - 15:45(再放送)
  • 2011年4月 - 2012年2月 … 偶数月の火曜 8:40 - 8:45(本放送)、16:00 - 16:05(再放送)
  • 2010年4月 - 2011年2月 … 偶数月の火曜 7:55 - 8:00(本放送)、16:15 - 16:20(再放送)
  • 2007年4月 - 2009年12月 … 4月〜6月、10月〜12月の火曜 8:30 - 8:35(本放送)、16:15 - 16:20(再放送)
  • 2005年4月 - 2007年2月 … 偶数月の火曜 8:30 - 8:35(本放送)、16:15 - 16:20(再放送)
  • 2003年4月 - 2005年2月 … 偶数月の火曜 8:25 - 8:30(本放送)、16:15 - 16:20(再放送)
  • 2001年4月 - 2003年2月 … 偶数月の火曜 8:26 - 8:31(本放送)、16:16 - 16:21(再放送)
  • 1999年4月 - 2001年3月 … 毎週火曜 8:25 - 8:30(本放送)、16:15 - 16:20(再放送)
  • 1999年4月 - 2000年3月には、水曜日の1:50 - 1:55(火曜深夜)にも放送されていた。その当時、NHK教育テレビは現在同様午前2時で君が代を流して放送を終了していたが、その前の穴埋めとして「プチプチ・アニメ」と「プレマップ」が編成されていた。

登場人物[編集]

ニャッキ
- 安原佐知子
本編の主人公。毛が3本の黄色い頭と水色の体のイモムシ[1]。歩き方は、シャクトリムシに似ていて、歩く時に「ニャッ」と音がする。
よく好物である赤い実のついた小枝を抱えている。身体能力はの限界を超えている。口笛が得意で、強欲なマネージャー(声 - 不明)に見世物にされたこともある(24話「くちぶえ物語」)。
「どうろ」の回で人間に踏みつぶされ、死亡した(明確に幽霊になっている)ことがあったが、オムニバスな内容なので以後の回では普通に生存したニャッキが出てくる。
ピンクちゃん
声 - 川村万梨阿
ニャッキのガールフレンド。リボンを付けた金髪が生えた黄色い頭とピンクの体のイモムシ。食欲旺盛で食べ過ぎてダイエットしたこともある(25話「ピンクのダイエット」)。最近[いつ?]はニャッキに好意をもっているようである。
フルール
声 - 川村万梨阿
派手な風貌のマゼンダの毛虫。異常な食欲[2]で何でも食べる。ニャッキの求愛を何回か蹴っている。彼女の毛には毒があるので、キスをしたニャッキは毛が刺さって痛くて悲鳴を上げてバケツの水へ落ちていた(1話「スウィーティ!」)。
ワル
声 - 不明
16話「マカロニ!」から登場。オレンジ色を基調としたまだら模様の体のイモムシ。外来種らしい(笑い声やくしゃみ等の擬音が英語風)。「ガハハ」と笑う豪快かつ特徴的な笑い声や唸り声を上げる。ニャッキやピンクちゃんに意地悪やいたずらをするもの、ニャッキを追い掛け回して最終的に酷い目に遭う。悪役的存在の不良キャラで、主にニャッキやピンクちゃんをいじめているが、23話「ししおどし」でニャッキに助けられてからは攻撃性はなりを潜め、ニャッキの他の仲間と普通に遊んでいることも。30話「レモンリング」では、声が変わった。

その他、カタツムリチョウクモイヌ等、その回のみ登場するゲストキャラクターがいる。また、ニャッキとは色違いのイモムシが複数登場することもある。

各話リスト[編集]

39話まで4:3のSD(地デジはサイドパネルを用いたアプコン放送)。40話からフルHD放送[3]

話数 サブタイトル
1 / スウィーティー / どうろ / くちぶえ
2 サラダ / 彫刻 / レコード / カナアミ
3 チクタク / (指輪) / スイートホーム
4 食う / トイレットペーパー / 空きビン
5 蚊取り線香 / バドミントン / かざぐるま
6 3つの願い / 地球儀[4]
7 ハミガキ / アイスホッケー
8 ニャッキ大きくなる
9 アリ / トウモロコシ
10 ニャッキ南へ向かう / センタク日和
11 ヤドカリだ!
12 釣り / [5] / 初
13 アンテナ / マンドリン
14 ニャッキ夏の海へ
15 新体操 / Fall / くちぶえ2
16 マカロニ
17 い◯
18 ラジオ / ねんどパラダイス / はっぱ
19 グラフィック / のみ場
20
21 うつせみ / ホワイト・ファイト
22 ビッグノーズ / コーヒーブレイク
23 めざまし / ししおどし
24 くちぶえ物語(※10分版も存在する)
25 ピンク・ダイエット / ウィリアムテル / 超変型
26 キノコミラー
27 B.B.Q.
28 BONSAIアパートメント
29 SODA CAFE
30 レモンリング
31 カゴ
32 ピーナツ・LOVE / ボーリング / Peanuts Battle!
33 プラネタリウム
34 サクランボ
35 ふみきり / モビール
36
37 雪だるま
38 金魚
39 ガムボールツタ
40 芸術とは?
41 スカイツーリング
42 カメ
43 ニャッキペン
44 ガラクタDANCE
45 雨あがりのハス
46 カレイドスコープ
  • パーパーニャキニャキ!? 第1回「ほら!ニャッキはそこにいる」:2011年10月10日放送のメイキング番組。
  • 番外編として、NHKの受信料周知サイト「受信寮の人々」[1]の中で、ニャッキが「寮にこっそり住みつくイモムシ」として、ショートムービーなどに登場している。

オープニング・エンディング[編集]

初代OP(#1~#24)
街中を1つの卵が落ちてきて、ブルーバックで7つの卵が集まりそこからニャッキが出てくる。その後、エフェクトが入ってからタイトルコールと共に「ニャッキ!」→「KNYACKI」の順で文字が出る。
短縮バージョンとして、卵が落ちてくる部分がカットされたもの、卵からニャッキが出てくる部分までカットされた物も使われる。
2代目OP(#25~#39)
テーマ曲として「ニャッキ♪コニャコニャ」が使われる。
曲ありの場合はタイトルコール→ズームインで葉の上にいるニャッキが振り向く→タイトルの文字が集まって曲とOPアニメーションが流れる順。
曲なしの場合はズームインで葉の上にいるニャッキが振り向く→タイトルの文字が集まる→ジングル→タイトルコールの順。
25話のOPだけ、演奏にドラムが入らないバージョンが使用されており、サントラに収録されているのはこちらである。
歌詞のテロップは27話から挿入される。
3代目OP(#40~)
40話・41話 卵が1つ転がってきて、卵からタイトル文字とニャッキが出てくる→ジングル→タイトルコールの順。
42話以降ジングルが変わり、卵が転がってくる→タイトルコールの後にタイトル文字とニャッキが出てくる→ジングルの順となる。
ED
「オワリ」の文字がある部屋でニャッキが這っていき、電気を消す。フルHD化以降(40話~)は、同映像が重厚そうな額縁に内包される形となる。
一部エピソードではエンディングクレジットがアニメーションに内包されており、このエンディングが出ないことがある。

ビデオ化[編集]

ポニーキャニオンより発売。VHSとDVDのいずれも5話収録。

VHS
  • ニャッキ!① (1997年5月16日発売)
  • ニャッキ!② (1999年8月18日発売)
  • ニャッキ! スペシャル①(2000年11月15日発売)
  • ニャッキ! スペシャル②(2000年11月15日発売)
  • ニャッキ!③ (2000年12月20日発売)
  • ニャッキ!④ (2002年7月3日発売)
  • ニャッキ! くちぶえ物語篇(2003年9月18日発売)
  • ニャッキ! SODA CAFE篇(2006年2月24日発売)
DVD
  • ニャッキ! くちぶえ物語篇(2003年9月18日発売)
  • ニャッキ! スウィーティー篇(2003年11月19日発売)
  • ニャッキ! 大きくなる篇(2003年11月19日発売)
  • ニャッキ! ニャッキ夏の海へ篇(2003年12月17日発売)
  • ニャッキ! マカロニ!篇(2003年12月17日発売)
  • ニャッキ! SODA CAFE篇(2006年2月24日発売)
  • ニャッキ! サクランボ!篇(2008年12月17日発売)

サウンドトラック[編集]

ニャッキ! オリジナルサウンドトラック

2003年09月18日 ポニーキャニオンより発売 全33曲 PCCG-00620

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なにかの幼虫らしい(サウンドトラック解説より)、なお「三つの願い」の回では本人の望みの1つが?)になるものだった。
  2. ^ 初出の「スウィーティ!」では自分と同サイズのバラの花を平らげたほど
  3. ^ 「必見☆ 10月は「ニャッキ!」放送月です!」 2010年10月06日閲覧
  4. ^ ここにニャッキ立ってる所に、日本から富士山神道中国から天安門、インドネシアからバリ島の聖獣バロンインドからタージ・マハルエジプトからピラミッドスフィンクスロシアからマトリョーシカヨーロッパからヨーロッパ100名城の内一つ、スペインからサクラダ・ファミリア闘牛ブラジルから果物コンガマラカスアメリカ西部から馬車サボテンモニュメント・バレーハワイ諸島からヤシの木、外の天球儀から宇宙人親子とUFOが出てきた
  5. ^ DVDタイトルより。TVオンエア時のEPGでは「タマゴ」と記載

外部リンク[編集]