ニホンカイユーノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニホンカイユーノス
品種 アングロアラブ
性別
毛色 芦毛
生誕 1994年5月9日
ビソウエルシド
ニホンカイローレル
生国 日本の旗 日本
北海道沙流郡平取町
生産 赤石牧場
馬主 岡崎初美
調教師 大賀繁(益田
曾和直榮園田
競走成績
生涯成績 40戦30勝
獲得賞金 8645万円
テンプレートを表示

ニホンカイユーノスとは日本アングロアラブ競走馬である。アングロアラブの競走が衰退するなか、益田競馬場および園田競馬場を中心に活躍し、「益田の怪童」と称された。

出自[編集]

父・ビソウエルシドは兵庫兵庫大賞典を、岩手で紫桐杯を優勝するなど活躍した。母・ニホンカイローレルは益田競馬場の重賞である日本海特別を優勝し、産駒はニホンカイユーノスを含む兄弟4頭が日本海特別を優勝するという名繁殖牝馬である。なかでも半姉・ニホンカイキャロルは通算46勝を挙げ当時の日本最多勝記録を樹立した。祖母・サーティンラックも中央競馬のアラブステークス(オープン特別)を優勝し、産駒はニホンカイローレルを含む兄弟5頭が益田競馬場の重賞を優勝するといった、益田競馬場の誇る名門の生まれであった。

競走馬時代[編集]

馬齢は旧表記を用いる。

3歳となった1996年7月に益田競馬場でデビュー。当初から地元では敵なしの強さであったが、13連勝で翌1997年5月に兵庫県の園田競馬場で行われた楠賞全日本アラブ優駿に遠征すると3着に健闘した。このとき場内実況を担当した吉田勝彦は「益田の馬が来た!」と絶叫している。

益田に戻ると7月には日本海特別で2着に2秒0差の大差を付けて重賞初勝利を挙げる。11月に福山競馬場に遠征した西日本アラブダービーでは楠賞を優勝したヤングメドウを破り、西日本地区4歳馬の頂点に立ち、同年のNARグランプリアラブ系4歳最優秀馬に選出された。

5歳となった1998年は、当時「アラブメッカ」と呼ばれた園田へ移籍した。当初はケイエスヨシゼンをはじめとするトップ層に歯が立たなかったが、金沢競馬場で行われたタマツバキ記念で同馬に勝つと以後園田で摂津盃白鷺賞園田金盃と重賞を相次いで優勝。同年のNARグランプリアラブ系5歳以上最優秀馬に選出され、絶頂期を迎えた最中に競走馬を引退した。

種牡馬時代[編集]

引退後は日高軽種馬農協門別種馬場で種牡馬となり、代表産駒のユノエージェントはキングカップ、福山ダービー瀬戸内賞アラブ王冠、福山マイラーズカップ、ローゼンホーマ記念(いずれも福山競馬場)を優勝している。

血統表[編集]

ニホンカイユーノス血統(アラブ血量31.75% / エルシド系 / ライジングフレーム 5×5 = 6.25%) (血統表の出典)
父系

アア ビソウエルシド
1985 黒鹿毛
父の父
アア エルシド
El cid 1962 鹿毛
アア Nithard アア Kesbeth
サラ Nitouche
アア Farida IV サラ Elseneur
アア Lady Salmson
父の母
アア ミスシノブ
1970 黒鹿毛
アア マスホマレ サラ タカクラヤマ
アア スピーデー
アア カツスル アア セイユウ
アア 允進

アア ニホンカイローレル
1986 芦毛
アア イムラツド
1977 芦毛
アア Fayriland II アア Thailand
アア Florise III
アア Orsola サラ Phaeton
アア L'Epau
母の母
アア サーテインラツク
1978 鹿毛
アア カステイラツク アア Dunamis
サラ Justinia
アア サーテインアサヒ アア サーテインオー
アア ホマレアサヒ オーバーヤン五ノ七系
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]