ニド・スピタルフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャプター・スピタルフィールズ
Nido 100 Middlesex Street.jpg
情報
設計者 トーマス・ベネット (Thomas Bennett (architect)
階数 地上34階
高さ 112m(アンテナ除く105m)
着工 2007
竣工 2010
所在地 イギリス、ロンドン、スピタルフィールド、ミドルセックス・ストリート100
テンプレートを表示

チャプター・スピタルフィールズは、英国ロンドンのミドルセックスストリート100に存在する、世界で3番目に高い(112m)学生向け住居ビル[1]

概要[編集]

チャプター・スピタルフィールズは、英国ロンドンのミドルセックス・ストリート100に存在する高層ビルで、学生向け住居としては、マンチェスターのリバティ・ハイツ、リーズのスカイ・プラザに次いで、世界で3番目に高い(112m)。2015年に、学生向け住居を提供する不動産会社チャプターの親会社グレイスター・リアルエステート・パートナーズが本物件を買収する以前は、ニド・スピタルフィールズと呼ばれていた[2]。チャプターの学生向け物件はキングス・クロス (Kings Cross, Londonにも高層建築のものが一棟存在する。

この寮が建っている地域はタワーハムレッツ・ロンドン特別区と呼ばれ、グローバル金融機関の多くが本社あるいは欧州本社等を置いている。なお、ミドルセックス・ストリートは同地区とシティ・オブ・ロンドン地区との境界線であり、ペッティ・レーン・マーケット (Petticoat Lane Market地区の一部をなしている。

本ビルの建設以前、この場所にはロッドウェル・ハウスという1960年に建てられた8階建てのオフィスビルが建っており、平屋のオフィスがその周りを囲っていた。

出典[編集]

  1. ^ [1] New Record Student Tower Rises In Manc
  2. ^ [2]

外部リンク[編集]


ニドから見た夜景