ニッポン・トルネード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニッポン・トルネード
Nippon Tornadoes
愛称 トルネード
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 IBL
創設年 2009年
本拠地 松山市オレゴン州
チームカラー イエロー、ホワイト
ヘッドコーチ 西田辰巳
優勝歴 0回
公式サイト International Basketball League - Nippon Tornadoes - ウェイバックマシン(2014年2月28日アーカイブ分)
テンプレートを表示

ニッポン・トルネードNippon Tornadoes)は、かつて活動していたバスケットボールチームである。2009年より2013年まで、インターナショナル・バスケットボール・リーグ(IBL)に参戦していた。

概略[編集]

設立母体は西日本を中心にバスケットボール教室を運営するジャパン・バスケットボール・アカデミー(JBA)。

発足まで[編集]

2008年4月6日に2009年シーズンからのIBL参加が発表された。以前JBAでは愛媛をホームとして国内プロリーグ参戦を目指していた時期もあったが、頓挫している。

日本人により編成され、活動拠点は松山市オレゴン州とする。日本からの海外リーグ参戦は史上初である。

2009年4月、参加選手が決定。JBL及びbjリーグ選手も含まれている。

2009年[編集]

初年度は18戦全敗に終わった。しかし、トルネードからIBLオールスターに田村大輔と片岡大晴の2名が選ばれた。

2010年[編集]

2010年シーズンのロースターは2009年10月から12月まで募集をかけて、年明けより随時発表される。

2010年シーズンも引き続きIBLに参戦する予定だったが、契約に至らず不参加。「トルネード活動」と称して現地でトレーニングを受け、アマチュアリーグに参加。終了後に米プロリーグトライアウトへ参加させる内容となっている。

2011年[編集]

2011年シーズンは2010年に続いて「トルネード活動」を行った。 活動の一環として片岡選手(JBL栃木)、並里選手(bj沖縄)がNBA シャーロット・ボブキャッツトライアウトに参加し好感触を得るもNBAがロックアウトのため交渉、契約に至らず。

2012年[編集]

2012年シーズンは満を持してIBLに参戦。初勝利をあげるも1勝12敗[1]

2013年[編集]

2013年シーズンは引き続きIBLに参加し、1勝18敗だった[2]

2014年[編集]

2014年はIBLへの参加を見送り[3]、2011年以来の「トルネード活動」を行った[4]

選手・スタッフ[編集]

2009シーズン

2012シーズン

  • ヘッドコーチ:西田辰巳
  • 選手
    • #23 Kunishige Ito (伊藤邦茂)
    • #1 Yasuo Iijima (飯島康夫)
    • #17 Daishi Hayakawa (早川大史)
    • #22 Soichiro Fujitaka (藤髙宗一郎)
    • #5 Kosei Ban (伴晃生)

脚注[編集]

  1. ^ International Basketball League - Nippon Tornadoes”. 2012年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月25日閲覧。
  2. ^ “Nippon Tornadoes 2013年シーズン終了のお知らせ”. 株式会社Dream7 Japan. (2013年7月2日). http://dream7-japan.com/blog/2013/07/nippon-tornadoes-2013.html 2018年4月25日閲覧。 
  3. ^ “2014年Nippon Tornadoesの活動について”. 株式会社Dream7 Japan. (2014年2月20日). http://dream7-japan.com/blog/2014/02/2014nippon-tornadoes.html 2018年4月25日閲覧。 
  4. ^ “Tornado活動2014 第1弾終了”. 株式会社Dream7 Japan. (2014年7月1日). http://dream7-japan.com/blog/2014/07/tornado20141.html 2018年4月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]