ニッダタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Niddatal.png Locator map FB in Germany.svg
基本情報
連邦州: ヘッセン州
行政管区: ダルムシュタット行政管区
郡: ヴェッテラウ郡
緯度経度: 北緯50度16分
東経08度49分
標高: 海抜 121 m
面積: 40.21 km²
人口:

9,786人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 243 人/km²
郵便番号: 61194, 61130
市外局番: 06034, 06187
ナンバープレート: FB, BÜD
自治体コード: 06 5 31 017
行政庁舎の住所: Hauptstraße 2
61194 Niddatal
ウェブサイト: www.niddatal.de
首長: ベルンハルト・ヘルテル (Bernhard Hertel)
郡内の位置
Niddatal in FB.svg

ニッダタール (ドイツ語: Niddatal) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ヴェッテラウ郡に属す市である。この街は歴史的にはオーバーヘッセンドイツ語版英語版に属す。市内をニッダ川が流れている。

地理[編集]

隣接する市町村[編集]

ニッダタールは、北はフリートベルク (ヘッセン)、北東はフロールシュタット、東はアルテンシュタット(以上、3市町村はヴェッテラウ郡)およびニッデラウ、南はシェーネック(以上、2市町村はマイン=キンツィヒ郡)およびカルベン、西はヴェルシュタット(ともにヴェッテラウ郡)と境を接している。

市の構成[編集]

ニッダタール市は、アッセンハイム、ベンシュタット、ヴィックシュタット、イルベンシュタット、カイヒェンの各地区で構成されている。

歴史[編集]

市町村合併[編集]

1970年12月1日にアッセンハイム市とベンシュタット、イルベンシュタットが合併して新しい市ニッダタールが形成された。カイヒェンは1971年12月31日にこれに加わった[2]

住民[編集]

福音主義教会アッセンハイム

宗教[編集]

  • カトリックの教区教会であるヴィックシュタットの聖ニコラウス教会(アッセンハイムとベンシュタット地区を管区とする)
  • カトリックの教会であるイルベンシュタットの聖マリア、ペトロおよびパウロ教会
  • 福音主義教会アッセンハイム
  • 福音主義教会ベンシュタットおよびカイヒェン
  • 福音主義教会イルベンシュタット

行政[編集]

議会[編集]

2011年3月27日の市議会議員選挙以降、ニッダタールの市議会は 31議席で構成されている[3]

首長[編集]

2002年から現職の市長ベルンハルト・ヘルテル(無所属、SPD推薦)は、2008年1月27日の市長選挙第1回投票で 60.7 % の票を獲得して市長に再選された。この選挙の投票率は 70.8 % であった[4]。さらに2014年1月19日の選挙では、得票率 54.8 % で三選を果たした。この選挙の投票率は 52.5 % であった[5]

経済と社会資本[編集]

教育[編集]

  • NABU 環境工房ヴェッテラウ(環境教育施設)
  • アイヒェンドルフ=シューレ(基礎課程学校)
  • ゲシュヴィスター=ショル=シューレ(基礎課程・本課程・実科学校)

交通[編集]

  • ニッダタールは、アッセンハイム駅によってライン=マイン近郊交通網に接続している。DBレギオ AGは、月曜日の朝から土曜日の夕方までほぼ 30分から 1時間おきにフリートベルク行きおよびハーナウ行きの近郊列車を運行している。日曜日は、かなり間引いた間隔で列車が運行されている。
  • ベンシュタットにあった旧エルプシュタット=カイヒェン駅は、どの集落からも遠いことから採算性が低いために1990年代に廃止された。
  • すべての市区は、定期バス路線で往来可能である。

文化と見所[編集]

アッセンハイム城
アッセンハイムの旧穀物庫
シュタイネルナー・ティッシュ
イルベンシュタット修道院と聖マリア、ペテロおよびパウロ教会
  • ニッダタール自然文化公園
  • アッセンハイム
    • ニッダ川およびヴェッター川沿いの散策路
    • シュトルヒェンヴヴェーク: アッセンハイム周辺をめぐる環状遊歩道、全長 3.8 km
    • 旧市庁舎
    • アッセンハイム城: ゾルムス=レーデルハイム・ウント・アッセンハイム伯の城館
    • 学習ビオトープ
    • 樹木学習路
    • 福音主義教会がある歴史的旧市街
    • 旧シュタットミューレ: 集落の中心に位置し、高さ 45 m のサイロ塔を持つ
    • アッセンハイムの穀物倉庫は、1940年代にはヨーロッパ最大の穀物倉庫で、1970年代に廃止された製粉工場の一部であった。ミュールインゼル(水車島)に建っている高さ 45 m の塔は現在も穀物の貯蔵庫として使用されている。
  • ベンシュタット
    • 休暇村: 大きな池、噴水、長い遊歩道がある
  • カイヒェン
    • シュタイネルナー・ティッシュ: 昔の裁判所。自由裁判所としてどの領主にも属さなかった。ここでは王の名において裁判が執行された。自由裁判は重罪刑事法廷であり、被告人の死によってのみ贖うことのできる犯罪を扱った。この他に控訴審裁判所があった。
  • イルベンシュタット
    • イルベンシュタット修道院: カッペンベルク伯ゴットフリートによって1123年に男子修道院および女子修道院(オーバー=イルベンシュタット修道院およびニーダー=イルベンシュタット修道院)として開設された。このプレモンストラート会ドイツ語版英語版修道院がヴェッテラウドイツ語版英語版で最も古い宗教上の常設施設であった。最初の修道院長代理は、聖ノルベルトドイツ語版英語版の弟子のアントニウスであった。この修道院は 1657年に大修道院 (Abtei) になった。伝承によれば男子修道院と女子修道院との間には地下通路があると言われていた。この伝承に基づいて、2005年にローカルな小説集『イルベンシュタットのデカメロン』が著された。この修道院は1946年から1979年まで女子更生施設が入居していた。
    • 教区教会(旧修道院教会)聖マリア、ペテロおよびパウロ教会は、ヴェッテラウの聖堂とも呼ばれる。この教会は、1929年にローマ教皇ピウス11世によってバシリカ・マイナードイツ語版英語版に昇格された。
  • 衰退したシュテルンバッハ村の巡礼教会聖ガンゴルフ教会は、早くも778年にいわゆるベアトゥス文書に記述されている。
  • 1960年代末に、フランクフルトの民間救護、災害救助のための司令センターとしてシェルターが造られた[6]。現在は使用されていないこの施設は、イルベンシュタットとカイヒェンとの間、イルベンシュタットから約 300 m の場所にある。

余暇・スポーツ施設[編集]

  • ヘッセン自転車道 R4号線
  • ニッダ自転車道
  • ヘッセン・アップルワイン・果樹園ルート

引用[編集]

  1. ^ Bevölkerungsstand am 31.12.2018
  2. ^ Statistisches Bundesamt (Hrsg.): Historisches Gemeindeverzeichnis für die Bundesrepublik Deutschland. Namens-, Grenz- und Schlüsselnummernänderungen bei Gemeinden, Kreisen und Regierungsbezirken vom 27.5.1970 bis 31.12.1982. W. Kohlhammer, Stuttgart / Mainz 1983, ISBN 3-17-003263-1, S. 361.
  3. ^ ヘッセン州統計局: 2011年3月27日のニッダタール市議会議員選挙結果(2015年8月29日 閲覧)
  4. ^ ヘッセン州統計局: 2008年1月27日のニッダタール市長選挙結果(2015年8月29日 閲覧)
  5. ^ ヘッセン州統計局: 2014年1月19日のニッダタール市長選挙結果(2015年8月29日 閲覧)
  6. ^ Bunker Ilbenstadt(2015年8月30日 閲覧)

外部リンク[編集]