ニック・ラロッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1917年の新聞から
タイガーラグ
現代の演奏によるAt the Jazz Band Ball
デビュー曲。
1918年の宣材。左からトニー・スパーゴ(ドラム)、エドワーズ(トロンボーン)、ラロッカ(コルネット)、ラリーシールズ(クラリネット)、ヘンリー・レガス(ピアノ)

ドミニク・ジェームス"ニック"ラロッカDominic James "Nick" LaRocca1889年4月11日 - 1961年2月22日)は、アメリカ合衆国ジャズ創成期のコルネット奏者・トランぺッターオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドの首領。

最も録音されたジャズ古典曲『タイガー・ラグ』を作曲し、録音された最初のジャズ・バンドと一般に目されるバンドをひきい、最初のジャズ録音物『Livery Stable Blues』を1917年に発表した。[1]

成功まで[編集]

ルイジアナ州ニューオーリンズに貧乏なシチリア移民の息子として生まれる。父はサラパルータ村のジローラモ・ラロッカ、母はポジオレアーレ村のヴィタ・デ・ニーナ。父は立派な職業についてほしいと思ったが、幼いニックは街のブラバンに夢中で、ひそかにコルネットを独学した。はじめは電気技師として働き、演奏は副職だった。

1910~1916年はPapa Jack Laineのバンドの構成員だった。巨匠級のプレーヤーではなかったが、強いくちびるでソリッドなソロ演奏をしたので大規模なパレードに参加し、一日に何軒もギグを掛け持ちしていた。

1916年、Johnny Steinのバンドになんとか入れてもらって、当時のあこがれの大都市シカゴで演奏することになる。このバンドがオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドとなり、歴史上初の商業的ジャズ録音をニューヨーク1917年に行いヒットし彼らはセレブとなった。

成功の後[編集]

すぐにニューオーリンズの他のバンドが追いかけてきてニューヨークで演奏し始め、ラロッカは競争をいやがった。トランぺッターのFrank Christianは「ラロッカから200ドルと帰りの汽車の切符を渡されたよ」と回想している。

ニューオーリンズ出身のAlcide Nunez、Tom Brown(トロンボーン)、Ragbaby Stevens(ドラムス)からなるバンドがこの戦いに勝つと、Ragbabyのドラム・セットは何者かにより破壊されていた。

ラロッカはバンドで英米をツアーし、1920年代初頭に神経衰弱になり、ニューオリンズに帰り、音楽をやめ、建設契約業を始めた。

バンドには10代のトランぺッターHenry Levineが入った。レヴァインは後にNBCのラジオ番組『The Chamber Music Society of Lower Basin Street』のハウスバンドで活動した。

1936年ラロッカはバンドを再結成し、ツアーと録音で成功した。ラロッカは「スイング音楽の発明者はおれたちだ」と主張した。

彼らはニュース映画シリーズ『The March of Time』の1937年劇場公開作『Birth of Swing』で『タイガーラグ』を演奏した。[2]

内輪もめで1937年にバンドはまた解散。ラロッカは引退。1961年に故郷で死んだ。

作品(バンド含む)[編集]

ジャズミーブルース
  • 『タイガーラグ』(Nick LaRocca, Eddie Edwards, Henry Ragas, Tony Sbarbaro, Larry Shields): ブランズウィックOkehに1930年に78回転シングルとして録音し、1934年にルイ·アームストロング、他、ベニー·グッドマンと彼のオーケストラ、フランク·シナトラデューク·エリントンと彼の有名なオーケストラ、エドワード· "キッド"オリーと彼のクレオール·ジャズ·オーケストラ、ビックスBeiderbecke、ウルヴァリン·オーケストラ、エセル·ウォーターズ、ビリー·ホリデイシドニー·ベシェ、ボブ·クロスビーやボブキャッツ、ファッツ·ウォーラー、ジーンクルーパ、フレッチャー·ヘンダーソン、ジェリー·ロール·モートン、エディ·コンドン、トミー·ドーシーグレン·ミラーと彼のオーケストラ、バーニー·ケッセル、テディ·ウィルソン、ミルズ·ブラザーズ、アート·テイタム 1932年、レイ·ノーブル、ジョー·ジャクソン、ジャンゴ·ラインハルトとホット・クラブ・クインテット、ポール·ホワイトマン楽団、ジミー·ドーシーとスパイク·ヒューズ、レスポールとメアリー·フォード(1952年)、ビートルズ(1969)、ジェフ·ベックなどがカバー。
  • 『レイジーリヴァー』
  • 『クラリネットマーマレード』(ラリー・シールズ=ヘンリーWラガス)
  • 『オストリッチ・ウォーク』(エドワーズ/シールズ/ラガス/ラロッカ)
  • 『センセーション』(エディー・エドワーズ)
  • 『リヴァリー・ステイブル・ブルース』 (Ray LopezまたはRaymond Edward Lopez; 1889–1979とAlcide Nunez in 1917)
  • 『トドゥリン・ブルース』(ラロッカ=シールズ)
  • 『fidgety feet』(ラロッカ/シールズ/ラガス)
  • 『at the jazz band ball』(ラロッカ=シールズ)

オリジナル・シングル(1917-1923)[編集]

  • "Dixie Jass Band One-Step"/"Introducing That Teasin' Rag"/"Livery Stable Blues", 1917, Victor 18255
  • "At the Jazz Band Ball"/"Barnyard Blues", 1917, Aeolian Vocalion A1205
  • "Ostrich Walk"/"Tiger Rag", 1917, Aeolian Vocalion A1206
  • "Reisenweber Rag/Look at 'Em Doing it Now", 1917, Aeolian Vocalion 1242
  • "Darktown Strutters' Ball"/"(Back Home Again in) Indiana", 1917, Columbia A2297
  • "At the Jazz Band Ball" (1918 version)/"Ostrich Walk" (1918 version), 1918, Victor 18457
  • "Skeleton Jangle"/"Tiger Rag" (1918 version), 1918, Victor 18472
  • "Bluin' the Blues"/"Sensation Rag", 1918, Victor 18483
  • "Mournin' Blues"/"Clarinet Marmalade", 1918, Victor 18513
  • "Fidgety Feet (War Cloud)"/"Lazy Daddy", 1918, Victor 18564
  • "Lasses Candy"/"Satanic Blues", 1919, Columbia 759
  • "Oriental Jazz" (or "Jass"), 1919, Aeolian Vocalion 12097
  • "At the Jazz Band Ball" (1919 version)/"Barnyard Blues" (1919 version), 1919,ロンドン録音、English Columbia 735
  • "Soudan" (also known as "Oriental Jass" and "Oriental Jazz"), 1920,ロンドン録音、イギリスColumbia 829;
  • "Margie"/"Singin' the Blues"/"Palesteena", 1920, Victor 18717
  • "Broadway Rose"/"Sweet Mama (Papa's Getting Mad)"/"Strut, Miss Lizzie", 1920, Victor 18722
  • "Home Again Blues"/"Crazy Blues"/"It's Right Here For You (If You Don't Get It, Tain't No Fault O' Mine)", 1921, Victor 18729
  • "Tell Me/Mammy O' Mine", 1921, Columbia 804,イギリス録音
  • "I'm Forever Blowing Bubbles"/"My Baby's Arms", 1921, Columbia 805
  • "I've Lost My Heart in Dixieland"/"I've Got My Captain Working for Me Now", 1921, Columbia 815
  • "Sphinx/Alice Blue Gown", 1921, Columbia 824
  • "Jazz Me Blues/St. Louis Blues", 1921, Victor 18772
  • "Royal Garden Blues"/"Dangerous Blues", 1921, Victor 18798
  • "Bow Wow Blues (My Mama Treats Me Like a Dog)", 1922, Victor 18850.
  • "Toddlin' Blues"/"Some of These Days", 1923, Okeh 4738

再結成後シングル(1935-1946)[編集]

  • "You Stayed Away Too Long/Slipping Through My Fingers", 1935, Vocalion 3099
  • "Original Dixieland One-Step/Barnyard Blues" ("Livery Stable Blues"のリブート), 1936, Victor 25502
  • "Who Loves You?"/"Did You Mean It?", 1936, Victor 25420,
  • "Good-Night, Sweet Dreams, Good-Night"/"In My Little Red Book", 1938, RCA Bluebird B-7444
  • "Tiger Rag" (1943 version), 1944, V-Disc 214B1, issued June, 1944, with Eddie Edwards and Tony Sbarbaro
  • "Sensation" (1943 version), 1944, V-Disc 214B2, with Eddie Edwards and Tony Sbarbaro
  • "Shake It and Break It"/"When You and I Were Young, Maggie", 1946, Commodore C-613

遺産[編集]

1917年作『Tiger Rag』は1942年までに136回カバーされた。

有名なものはルイ・アームストロングCharlie Parkerベニー・グッドマンFrank Sinatraデューク・エリントンキッド・オリービックス・バイダーベック, レス・ポールアート・テイタム、The Mills Brothers(ポップで一位)、Bob Crosbyなど。

受賞[編集]

2006年, 1917年の録音『Darktown Strutters' Ball』(Shelton Brooks作曲)がグラミーの殿堂入り。

参照[編集]

  1. ^ ルイ・アームストロングは1935年の最初の自伝で「僕がウェイフ少年院でトランペットを習う4年前、1909年に最初の偉大なジャズオーケストラがドミニク・ジェームズ・ラロッカというコルネット奏者によってニューオリンズで結成された。みんな「ニック」ラロッカと呼んでいた。彼の楽団はたったの5人組だった。でも彼らはそれまでで最高にホットな5人組だった。ラロッカはこのバンドを「ヂ・オールド・ディキシーランド・ジャズバンド」と名付けた。彼はまったく新しい楽器編成を行い、古い曲を新しく響かせることになった。彼がコルネットで、ラリーシールズがクラリネット、エディーエドワードがトロンボーン、レガスがピアノ、スバルバーロがドラムスだ。彼らはみんな有名になり、ディキシーランドバンドはいまは音楽史に入っている。彼らが作り、当時世界中に新しいジャズ音楽をとどけた偉大なレコードの一部には『タイガーラグ』『レイジーリヴァー』『クラリネットマーマレード』『オストリッチ・ウォーク』『センセーション』『リヴァリー・ステイブル・ブルース』『とどぅりんブルース』 なんかがある。 ラロッカは数年前に引退してニューオーリンズに戻ったが、シンコペートされた音楽の偉大な開拓者としての彼の名声は永く永く、たぶんアメリカ音楽が続く限り残るだろう。  ディキシーランドバンドはすべてを変えた。すぐにラロッカは一晩に1000ルくらい稼ぐようになり、全ニューヨークは「レイジーダディー」「センセーション」「トドゥリンブルース」なんかに熱中していた。   連中は「シュガー」と書かれた缶をダンスフロアの真ん中、彼らの前におき、人々が音楽に夢中でダンスすると彼らはその砂糖缶にお金を大量に放り込んだ。ディキシーランドの新しい音楽は当時そういうふうに人々を興奮させていた。 ジャズは「東に行き」成功した。そしてラロッカはそこで成功し、初めてジャズを流行らせた。それは他の人々にとって簡単な道を用意した。1年かそこらするとディキシーランドバンドはロンドンに行き、同じ成功を収めた。ロンドンは彼らを1年以上も引き留めた。 彼らが東部と海外で大勝利すると、彼らは二度とニューオーリンズに帰ってこなかった。けっきょく、この偉大な共同作業は1992年に終わった。全員が、夢見た以上の金を儲けていた。たぶん彼らはそれ以上は欲しくなかったんだろう。どっちみち彼らは解散した。ラリーシールズは僕がニューオリンズを去る前に帰郷していた。彼は自分の金をビジネスに費やした。のちに、さっきも触れたが、ラロッカも帰郷した。 ジャズとスイングの創成期に有名になった人のうち音楽の訓練を受けた人はほとんどいなかった。彼らは生まれついてのミュージシャンだった。彼らは自分の音楽を感じ、耳と記憶で演奏した。あの偉大なディキシーランド・ファイブはそういう風だった。彼らのだれも楽譜を読めなかった。でも彼らは実際ミュージシャンだったし、世界がそれを認めた。 1909年くらいにディキシーランドがホットな新しい音楽を録音し出すと、プレーヤーのほとんどがキャバレーでそれを真似しはじめ、すぐにニューオーリンズはそれ一色になった。」と書いた。
  2. ^ Synopsis (PDF), The March of Time Newsreels, HBO Archives

資料[編集]

  • The ODJB on RedHotJazz Contains .ram files of their vintage recordings.
  • Jimmy LaRocca's Original Dixieland Jazz Band
  • Stewart, Jack. "The Original Dixieland Jazz Band's Place in the Development of Jazz." New Orleans International Music Colloquium, 2005.
  • Lange, Horst H. Wie der Jazz begann: 1916-1923, von der "Original Dixieland Jazz Band" bis zu King Olivers "Creole Jazz Band". Berlin: Colloquium Verlag, 1991. ISBN 3-7678-0779-3
  • Brunn, H.O. The Story of the Original Dixieland Jazz Band. Baton Rouge: Louisiana State University Press, 1960. Reprinted by Da Capo Press, 1977. ISBN 0-306-70892-2
  • Mugno, Salvatore. Il biografo di Nick LaRocca. Come entrare nelle storie del jazz. Lecce, Italy: Besa Editrice, Nardò, 2005.

外部リンク[編集]