ニシン亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニシン亜科
Herringadultkils.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: ニシン目 Clupeiformes
: ニシン科 Clupeidae
亜科 : ニシン亜科 Clupeinae
学名
Clupeinae Cuvier1816

ニシン亜科(Clupeinae)はニシン科の亜科の一つ。漁業上の重要種が多く、特にタイセイヨウニシンSprattus sprattusStrangomera bentincki の3種は、2009年の世界漁獲量上位15種に含まれている[1]

分類[編集]

約7属15種を含む[1][2]

かつては2つの上主上顎骨と腹鰭の前後の稜鱗が本亜科の特徴とされ、マイワシ属サッパ属ミズン属など16属72種が含められていた。だが、この体系は系統を反映しておらず、2014年に分類体系の再編が行われた。

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[1]




Hyperlophus



Potamalosa richmondia





Ethmidium maculatum





SprattusSprattus Sprattus を除く)



Ramnogaster





Sprattus Sprattus



ニシン属






脚注[編集]

  1. ^ a b c Lavoué, Sébastien, Peter Konstantinidis, and Wei-Jen Chen. (2014), “Progress in Clupeiform Systematics”, Biology and Ecology of Sardines and Anchovies 
  2. ^ Clupeinae in fishbase”. 2015年3月1日閲覧。