ニシノデイジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニシノデイジー
Nishino Daisy(JPN) IMG 4066-1 20181228.jpg
第35回ホープフルステークス出走時
(2018年12月28日)
欧字表記 Nishino Daisy[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2016年4月18日(3歳)
ハービンジャー
ニシノヒナギク
母の父 アグネスタキオン
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 谷川牧場
馬主 西山茂行
調教師 高木登美浦
競走成績
生涯成績 10戦3勝
獲得賞金 1億2449万5000円
(2019年10月20日現在)
 
勝ち鞍
GIII 札幌2歳ステークス 2018年
GIII 東京スポーツ杯2歳ステークス 2018年
テンプレートを表示

ニシノデイジー(英:Nishino Daisy[1])は、日本競走馬。主な勝ち鞍は2018年札幌2歳ステークス(GIII)、東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)。馬名の意味は「冠名+すてきなもの」[2]

戦績[編集]

デビュー前[編集]

2016年4月18日、北海道浦河町谷川牧場で誕生[1]。母系には馬主である西山茂行の父西山正行の代表所有馬で西山牧場の生産馬であるセイウンスカイニシノフラワーの血が流れている[3][4]

2歳(2018年)[編集]

美浦高木登厩舎に入厩。7月8日の新馬戦函館芝1800m)でデビューし、ラブミーファインに1馬身半差の2着となる。中1週で出走した2戦目の未勝利戦で人気に応えて初勝利を挙げる[5]

しかし、管理する高木、鞍上の勝浦正樹はともに「もっと走れるはず」とこの時点ではまだ物足りなさを感じていたが、その後短期放牧を挟んで状態が良化[3]。3戦目の札幌2歳ステークスでは6番人気とさほど評価は高くなかったが、4コーナーで先団に取り付き、直線で粘るナイママを競り落として重賞初制覇を果たした[6]

東京スポーツ杯2歳ステークスでも重賞勝ち馬ながら8番人気に留まったが、ゴール前で4頭横一線となる激戦をハナ差制して重賞2連勝となった[7]

年末のホープフルステークスでは最内枠からの発走となり、勝負どころで内に包まれて位置取りを下げざるを得なくなった。最後は馬群を縫って伸びたが3着に終わった[8]

3歳(2019年)[編集]

年明け初戦として3月3日の弥生賞に出走。メンバー中唯一の重賞2勝馬という事もあり1番人気に推されたが、重馬場でのレースの中で最後の直線で内を突くも外の馬に差し切られ、4着に敗れた[9]

続く4月14日の皐月賞では、前年のホープフルステークス優勝馬サートゥルナーリアが圧倒的支持を受ける中で6番人気での出走となった。レースでは中団に位置を取ったものの向こう正面で内に入れた際に他馬と接触するアクシデントがあり、直線でも伸びを見せられずブービーの17着に敗退した[10]

前走の大敗もあって5月26日の第86回東京優駿では大きく人気を落とし、単勝オッズ107.9倍の13番人気で出走。しかしレースでは折り合いを付けながら競馬を進め、12番人気ロジャーバローズが優勝する波乱の中で内からしぶとく伸び、サートゥルナーリアにアタマ差まで迫る5着に健闘した[11]

秋初戦には9月16日のセントライト記念を選択。混戦模様の中で青葉賞勝ち馬リオンリオンに次ぐ2番人気に推され、折り合いを重視し後方からの競馬を選択したが、4コーナーで大外を周る展開となり、最後はメンバー中最速の上がりで追い込んだものの5着となった[12]

セントライト記念での5着後、馬主の西山茂行が自身のブログで「菊花賞ですが、ニシノデイジーは京都競馬場に慣れた栗東所属の騎手にお願いしようと思います」「新馬からずっとニシノデイジーに乗ってくれた勝浦騎手には感謝しかありませんが、この世界はやはり結果しかありません」とし、菊花賞での鞍上変更を発表[13]。本馬を管理する高木登調教師による交渉[14]の末、サートゥルナーリアが天皇賞(秋)に向かうため菊花賞での騎乗馬がいない状態だったクリストフ・ルメールを鞍上に迎えて出走することが決定した[15][16]

10月20日の菊花賞は最終的に皐月賞2着・ダービー3着馬ヴェロックスに次ぐ単勝オッズ6.0倍の2番人気に推されての出走となり、後方集団からレースを進めたが、直線では伸びを見せられず9着に敗れた。鞍上のルメールは「人気馬の後ろでレースができましたが、直線では切れる脚が使えず、ずっと同じペースでした。もっと流れが速くなって、スタミナを求められる展開が合うのかなと思います」とコメント[17]。馬主の西山はレース後にブログで「まあ、力不足でした」としつつも「ただ、今年は皐月賞、ダービー、菊花賞とすべてのパドックに立ちました。ちょっと達成感があります」と綴った[18]

競走成績[編集]

以下の内容はnetkeiba.comの情報[5]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2018.07.08 函館 2歳新馬 芝1800m(稍) 7 4 4 005.30(2人) 02着 R1:53.6(36.0) -0.2 0勝浦正樹 54 ラブミーファイン 478
0000.07.21 函館 2歳未勝利 芝1800m(良) 12 5 5 001.50(1人) 01着 R1:49.7(35.7) -0.2 0勝浦正樹 54 (トゥアレグ) 476
0000.09.01 札幌 札幌2歳S GIII 芝1800m(良) 14 3 3 028.20(6人) 01着 R1:50.1(37.0) -0.0 0勝浦正樹 54 (ナイママ) 474
0000.11.17 東京 東スポ杯2歳S GIII 芝1800m(良) 16 1 2 038.40(8人) 01着 R1:46.6(33.9) -0.0 0勝浦正樹 55 (アガラス) 486
0000.12.28 中山 ホープフルS GI 芝2000m(良) 13 1 1 006.60(3人) 03着 R2:01.9(35.3) -0.3 0勝浦正樹 55 サートゥルナーリア 490
2019.03.03 中山 弥生賞 GII 芝2000m(重) 10 2 2 002.70(1人) 04着 R2:03.7(37.1) -0.4 0勝浦正樹 56 メイショウテンゲン 496
0000.04.14 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 4 8 030.20(6人) 17着 R2:00.1(35.9) -2.0 0勝浦正樹 57 サートゥルナーリア 486
0000.05.26 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 5 9 107.9(13人) 05着 R2.23.1(34.3) -0.5 0勝浦正樹 57 ロジャーバローズ 486
0000.09.16 中山 セントライト記念 GII 芝2200m(重) 18 6 12 005.80(2人) 05着 R2.12.1(35.0) -0.6 0勝浦正樹 56 リオンリオン 488
0000.10.20 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 1 2 006.00(2人) 09着 R3.06.7(36.2) -0.7 0C.ルメール 57 ワールドプレミア 492
  • 競走成績は2019年10月20日現在

血統表[編集]

ニシノデイジー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 デインヒル系
[§ 2]

*ハービンジャー
Harbinger
2006 鹿毛
父の父
Dansili
1996 黒鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
父の母
Penang Pearl
1996 鹿毛
Bering Arctic Tern
Beaune
Guapa Shareef Dancer
Sauceboat

ニシノヒナギク
2008 鹿毛
アグネスタキオン
1998 栗毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ *ロイヤルスキー
アグネスレディー
母の母
ニシノミライ
2003 鹿毛
セイウンスカイ *シェリフズスター
シスターミル
ニシノフラワー Majestic Light
*デュプリシト
母系(F-No.) (FN:2-s) [§ 3]
5代内の近親交配 Danzig4×5=9.38%、Northern Dancer5・5(父内)=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ ニシノデイジー 5代血統表 2018年9月8日閲覧
  2. ^ ニシノデイジー 5代血統表 2018年9月8日閲覧
  3. ^ ニシノデイジー 5代血統表 2018年9月8日閲覧
  4. ^ ニシノデイジー 5代血統表 2018年9月8日閲覧

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c ニシノデイジー JBISサーチ
  2. ^ 競走馬登録馬名簿・馬名意味. JRA. 2018年9月8日閲覧
  3. ^ a b 【札幌2歳S】ニシノデイジー 北都で開花 “ニシノ”の血の結晶が実りの秋へ. デイリースポーツ(2018年9月1日付). 2018年9月8日閲覧
  4. ^ 河合力 (2019年2月24日). “親子2代オーナーの夢を紡ぐ。ニシノデイジーの成長がものすごい”. スポルティーバ公式サイト. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/keiba/keiba/2019/02/24/___split_23/ 2019年3月4日閲覧。 
  5. ^ a b ニシノデイジー”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年10月21日閲覧。
  6. ^ 【札幌2歳S】6番人気ニシノデイジー重賞初V!2歳戦線の主役に名乗り. スポーツ報知(2018年9月2日付). 2018年9月8日閲覧
  7. ^ 【東京スポーツ杯2歳S】8番人気ニシノデイジーが重賞2連勝. 東京スポーツ(2018年11月17日付). 2018年11月24日閲覧
  8. ^ 【ホープフルS】ニシノデイジーは3着で重賞3連勝ならず 勝浦「やれる手応えは感じた」. サンケイスポーツ(2018年12月28日付). 2018年12月30日閲覧
  9. ^ 【弥生賞】1番人気ニシノデイジー4着敗退 勝浦「手応え悪くなかったが…」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月17日閲覧。
  10. ^ 【皐月賞】ニシノデイジー見せ場なく17着…勝浦「うまく乗れませんでした」” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年4月14日). 2019年10月17日閲覧。
  11. ^ 【日本ダービーレース後コメント】ロジャーバローズ浜中俊騎手ら | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月17日閲覧。
  12. ^ 【セントライト記念】2番人気ニシノデイジーは5着 勝浦「位置取りが後ろだったのかも」” (日本語). スポーツ報知 (2019年9月16日). 2019年10月17日閲覧。
  13. ^ 『5着か・・』” (日本語). 西山牧場オーナーの(笑)気分. 2019年10月17日閲覧。
  14. ^ 『勝浦騎手降板の反響』” (日本語). 西山牧場オーナーの(笑)気分. 2019年10月17日閲覧。
  15. ^ 『公表します』” (日本語). 西山牧場オーナーの(笑)気分. 2019年10月17日閲覧。
  16. ^ 【菊花賞】ニシノデイジー ルメールで逆襲だ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月17日閲覧。
  17. ^ 【菊花賞】2番人気ニシノデイジーは9着に終わる ルメール「スタミナを求められる展開が合う」” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月20日). 2019年10月21日閲覧。
  18. ^ 『菊花賞9着』” (日本語). 西山牧場オーナーの(笑)気分. 2019年10月21日閲覧。
  19. ^ ニシノヒナギク | 競走馬データ. netkeiba.com. 2018年9月8日閲覧
  20. ^ ニシノフラワー | 競走馬データ. netkeiba.com. 2018年9月8日閲覧

外部リンク[編集]