ニコール・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニコール・ガルシア
Nicole Garcia
Nicole Garcia
2014年度 カンヌ国際映画祭にて
生年月日 (1946-04-22) 1946年4月22日(72歳)
出生地 Coat of arms Algeria (1830-1962).svgフランス領アルジェリア
オラン
国籍 フランスの旗 フランス
職業 女優映画監督
活動期間 1967年 - 現在
配偶者 ジャン・ロシュフォール(ピエールの父)
著名な家族 演出家 フレデリック・ベリエ=ガルシア Frédéric Bélier-Garcia (息子)
俳優 ピエール・ロシュフォール (息子)
主な作品
愛と哀しみのボレロ
『ベティ・フィッシャー』
リリィ

ニコール・ガルシア(Nicole Garcia, 1946年4月22日 - )は、フランス領アルジェリア時代のオラン生まれで、フランス出身の女優映画監督

映画・TVドラマ双方で活動する、同国を代表する女優の一人。1980年代中頃から映画監督業にも進出し、製作した作品は映画賞ノミネートの常連となっている[1]

概要[編集]

パリフランス国立高等演劇学校コンセルヴァトワール)で、演技の基礎を学んでいる。

日本では映画『愛と哀しみのボレロ』が代表作として知られている[2]

2017年、日本で開催した「フランス映画祭 2017」にて映画監督の立場で来日。自身の映画作品『愛を綴る女』のPRを行った[3]

主な出演作品[編集]

監督・脚本作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世界を映す鏡の引力 映画地図の変化も示す”. 日本経済新聞 (2016年5月12日). 2018年2月12日閲覧。
  2. ^ マリオン・コティヤール、禁断の愛を綴り続ける…『愛を綴る女』”. cinemacafe.net (2017年8月4日). 2018年2月12日閲覧。
  3. ^ 名女優続々のフランス映画祭、観客賞は『夜明けの祈り』に”. cinemacafe.net (2017年6月28日). 2018年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]