ニコ・ベリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコ・ベリック
グランド・セフト・オートシリーズのキャラクター
初登場作品 グランド・セフト・オートIV (2008)
作者 ロックスター・ゲームス
声優 マイケル・ホリック[1][2][3]
モーション
キャプチャー
マイケル・ホリック
サム・グレン
バス・ルッテン
アミール・ペレツ
Mario D'Leon

ニコ・ベリックNiko Bellic)は、ロックスター・ノースが開発しロックスター・ゲームスが発売したコンピュータゲーム『グランド・セフト・オートIV』(Grand Theft Auto IV)に登場する架空のキャラクターで同作の主人公。ダウンロードコンテンツ(DLC)である『ザ・ロスト・アンド・ダムド』(The Lost and Dammed)と『ザ・バラッド・オブ・ゲイ・トニー』(The Ballad of Gay Tony)においてもサポートキャラクターとして登場する。

国籍[編集]

設定上の出生地はユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現セルビア)とされているが、その詳細がゲーム内で明かされることはない[4]。エグゼクティブプロデューサーのダン・ハウザーはこの問題について「ニコは崩壊した東欧のグレーの部分の出身である」とのみ言及し、国籍は意図的に曖昧なままにされているか、プレイヤーの解釈に委ねられていることを示唆している[5]

キャラクター設定[編集]

1978年、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現セルビア)に生まれる。上に兄がいたが、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争戦死している。12歳までは電力の無い生活を強いられていたという。

少年期は兄ともどもアルコール依存症である父親から罵倒される日々を送っていたが、反して母親のミリカは母性愛に溢れており、息子達がそのような苦難を耐えるのを余儀なくされていることを悔いていた。

やがて成長すると従軍し、歩兵、戦車兵、ヘリコプターのパイロットなどとして幾多の戦争に参加した。その最中に数々の残虐行為を目にしたことがトラウマとなり、本作における彼の皮肉めいた人物像につながっている。

そのような中、ユーゴスラビア紛争で従軍中に所属していた部隊が敵の待ち伏せを受け壊滅する。かろうじて襲撃を逃れたニコは、自分以外に2人の仲間が生き残っていたことを知り、そのどちらかが金のために部隊を裏切ったと考え、報復を誓って2人の痕跡を辿るようになる。

戦後は自身のような退役軍人に来る仕事はほとんどなかったため、裏世界の汚れた仕事で生計を立てることを余儀なくされた。この頃からリバティーシティにいる従兄弟のローマンからメール手紙が届くようになり、「アメリカン・ドリームを実現させた」と豪語するローマンにニコは興味を持つようになる。

そんな折、一時期刑務所に服役したことをきっかけとして、ロシアンマフィアのレイ・ブルガーリンが行っていた密入国の斡旋の仕事に加担することとなる。仕事をこなしていく中で生き残りの一人であるフロリアン・クラヴィッチがリバティーシティにいることを突き止めるが、同時期にイタリアへの密航の仕事を終えてアドリア海を戻る途中で乗っていた船が沈没してしまう。ニコ自身はなんとか生還したものの、船と一緒に多額の現金を無くした責任を誰かに負わせなければいけないと考えたブルガーリンによって濡れ衣を着せられてしまう。

ブルガーリンから逃げざるを得なくなったニコは、フロリアンを捜し出し、また大成功を収めたという従兄弟のローマンに会いに行くべく、リバティーシティ行きの貨物船「プラティパス(Platypus)号」に船員として乗り込み、故郷を離れる。

性格[編集]

ドライで皮肉なユーモアセンスがあり、しばしば辛辣な発言をする。また、目的のためには殺人をとことん実行するなど手段を選ばない冷酷な性格をしている。

一方で、仲間や家族を大切にする思いやりのある性格をしており、傷つけた者に対しては並々ではない怒りを露わにする。東欧出身のため依頼人などから「移民男」「田舎者」と馬鹿にされることもあるが、無茶な要求にも文句を言いながらも淡々と任務をこなすため信頼を得るようになる。

社交性も皆無ではなく、似たような境遇を持つドウェインと友好関係を築いたり、泥棒仲間のパッキーとはお互いに陰口を言い合うなど友好的に接している。好意的な人柄ではないが、ローマンのアメリカンドリームを掴んだという情報を鵜呑みにしたりするなど、少し騙されやすい一面もある。

薬物取引に頻繁にかかわっていたにも関わらずドラッグを嫌悪しており、リトル・ジェイコブからマリファナ勧められても頑なに拒否している。

退役軍人ということもあり身体能力は非常に高く、ヘリコプターなどの操縦も難なくこなす。

キャスティング[編集]

ニコは、ロシアの俳優ウラジミール・マシコフ、特に2001年の映画『エネミー・ライン』で彼が演じた追跡者がモデルとなっている[6]。マシコフもニコ役を打診されたものの辞退しており[6]、最終的にはニコのモーションアクターの一人であるマイケル・ホリック(Michael Hollick)が声を当てることとなった[7]

ニコ・ベリック役のマイケル・ホリック。Spike TVアワードの「Best Performance by a Human Male」を受賞した。

収録は2006年から2007年までの約15ヶ月間をかけておこなわれ、ホリックには約10万ドルの報酬が支払われた。一日あたり約1050ドルの報酬を得ており、俳優用の標準的な映画俳優組合の交渉割合より約50%高いが、彼は「映画やTV番組での演技から得る収入のほんの一部に過ぎない」と主張している。その上で「ゲームの売上から再使用料を得られないことに当惑した」とし、そのような協定を保証しない組合を非難した[8]。ホリックはニューヨーク・タイムズに対し、カーネギーメロン大学の演劇生の時に方言の才能を培ったと語った[8]

他作品への登場[編集]

『GTA:IV』の拡張パックである『ザ・ロスト・アンド・ダムド』では、NPCとして登場している[9]

同じく拡張パックの『ザ・バラッド・オブ・ゲイ・トニー』にも登場し、こちらはミッションでの登場がある。

『GTAV』では登場人物の一人、レスターがニコに関して手短に触れ、「東欧の男」がリバティーシティにいたが音沙汰がないと語った。

『GTAオンライン』では、オンラインキャラクターの作成時に父親としてニコを選択できる[10][11]

評価[編集]

ニコの人物像はゲーマーや評論家から好評を博しており、Game Informerの読者投票で2000年代のトップキャラクターの第14位に選ばれた[12]

2008年にThe Ageは「そのような感情領域を私達に供給したコンピュータゲーム史上でも数少ないキャラクターだ。ニコの物語は、クライマックスまでに疲れを感じたり何も感じなくなっていたりしてさえも許されるジェットコースターに乗っているかのようだ」として、ニコを史上2番目に優れたXboxキャラクターとして位置づけた[13]

IGNのヒラリー・ゴールドスタインは「ニコと彼自身の非情な性質との闘争は決してゲームプレイを阻害するものではなかったが、その代わりに輝かしいストーリー展開の感情的重量を高めた。行動が不条理になればなるほど我々はニコ・ベリックの非常にリアルな哀愁をより大きく感じる」とコメントした[14]

ユーロゲーマーのトム・ブラムウェルは「ニコは同情的である。彼の道徳的自由は悲惨な戦争中の話に根ざしているが、心暖かく堂々としていた」との考えを述べた[15]

GameDailyは「粗野な見かけの下に思いやりの心を持っている」と述べ、コンピュータゲームのアンチヒーロートップ25にランクインした[16]。別の記事ではコンピュータゲームの典型例トップ25の一つとして「恐ろしい外国人(scary foreigner)」を掲載し、ニコの容姿が「欧州のチンピラ」「歩くステレオタイプ」であるとして彼をその例として用いた[17][18]

関連リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Totilo, Stephen (2007年4月11日). “'GTA IV' Details: Who's Niko Bellic? - Video Games News Story”. MTV. 2009年11月25日閲覧。
  2. ^ Voice of GTA IV's Niko Bellic wants more respect // News”. Gamesindustry.biz (2008年5月21日). 2009年11月25日閲覧。
  3. ^ About Michael Hollick”. Michaelhollick.com. 2009年11月25日閲覧。
  4. ^ Cowen, Nick (2008年4月28日). “Grand Theft Auto IV: the biggest and the best”. London: Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/scienceandtechnology/technology/technologyreviews/videogamereviewsandpreviews/3357186/Grand-Theft-Auto-IV-the-biggest-and-the-best.html 2009年11月25日閲覧。 
  5. ^ Crispin Boyer (27 April 1008). “Sweet Land of Liberty”. Electronic Gaming Monthly: 44–56. http://www.1up.com/features/sweet-land-liberty?pager.offset=3 2008年11月8日閲覧。. 
  6. ^ a b "Vladimir Mashkov's interview" (Russian). Posner (TV show)ロシア語版. Channel One Russia. 61回. 該当時間:32:30. "Нет, таких слов в моём лексиконе, „не мой уровень“, не было никогда в жизни. Мне, прям, сейчас аж стыдно. Дело в том, что это была странная такая, полуаферистическая вещь. Я очень рад, что эта игра собрала за месяц полмиллиарда долларов — это идёт разговор о GTA IV. То есть это самая продаваемая игра в мире. И они использовали мой образ из картины Джона Мура под названием „В тылу врага“. Вот, им понравилось такое. Я очень старался, собирал по кусочкам этот бомжеватый вид. И мне не сказали тогда, что это такое. Может быть, я озвучил бы. Не знаю. Ну, это интересно, часть профессии, но не особенно меня это увлекает. <…> Я даже не знал, что это, я не принял это всерьёз."
  7. ^ “Jack Black announces new game trailers at video game awards”. Daily Telegraph. (2008年12月16日). http://www.dailytelegraph.com.au/entertainment/jack-black-announces-new-game-trailers-at-video-game-awards/story-e6frewyr-1111118329201 2011年7月13日閲覧。 
  8. ^ a b Seth Schiesel (2008年5月21日). “A Video Game Star and His Less-Than-Stellar Pay”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2008/05/21/arts/television/21gta.html 2008年5月28日閲覧。 
  9. ^ ‘Hell No’ - No New Lines For Niko Bellic in ‘Grand Theft Auto’ Expansion » MTV Multiplayer”. Multiplayerblog.mtv.com (2009年1月23日). 2012年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月25日閲覧。
  10. ^ R* Q (2013年8月26日). “More Details and Screens from the Grand Theft Auto V Special and Collector's Edition Digital Content”. Rockstar Games. 2013年10月3日閲覧。
  11. ^ R* A (2013年9月23日). “Some More Details on Grand Theft Auto Online”. Rockstar Games. 2013年10月3日閲覧。
  12. ^ Bryan Vore (2010年12月3日). “Readers' Top 30 Characters Results Revealed”. Game Informer. 2014年5月18日閲覧。
  13. ^ The Top 50 Xbox Characters of All Time”. The Age (2008年9月30日). 2010年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月8日閲覧。
  14. ^ Grand Theft Auto IV Review
  15. ^ Grand Theft Auto IV Review. Eurogamer
  16. ^ Top 25 Game Anti-Heroes”. Gamedaily.com (2009年4月25日). 2009年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月30日閲覧。
  17. ^ Top 25 Game Archetypes”. Gamedaily.com (2009年1月29日). 2010年7月30日閲覧。
  18. ^ Top 25 Game Archetypes”. Gamedaily.com (2009年1月29日). 2010年7月30日閲覧。