ニコラ・ロッシ=レメーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニコラ・ロッシ=レメーニ(Nicola Rossi-Lemeni, 1920年11月6日 - 1991年3月12日)は、トルコ出身のバス歌手[1][2]

略歴[編集]

オスマン帝国コンスタンティノープルイタリア軍大佐の家に生まれる。声楽教師だった母のクセニア・マカドン等に声楽を学び、1946年にヴェネツィアフェニーチェ劇場モデスト・ムソルグスキーの《ボリス・ゴドゥノフ》のヴァルラーム役でデビューを飾った。その翌年から1960年までスカラ座に出演を繰り返し、1952年にはコヴェントガーデン王立歌劇場にも登場した。1952年にはメトロポリタン歌劇場、1954年にはシカゴ・リリック・オペラに出演し、パリオペラ座ロシア各地の歌劇場等にも客演して名声を高めた。1958年にはイルデブランド・ピツェッティの《大聖堂における殺人》の初演でペケット役として関わった。

インディアナ州ブルーミントンにて死去。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ Nicola Rossi-Lemeni - インターネット・ムービー・データベース(英語)