ニコラ・グルビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコラ・グルビッチ
Никола Грбић
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Nikola Grbic.jpg
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1973-09-06) 1973年9月6日(46歳)
出身地 ズレニャニン
ラテン文字 Nikola Grbić
セルビア語表記表記 Никола Грбић
身長 195cm
体重 91kg
選手情報
所属 イタリアの旗 シル・サフェーティ・ペルージャ
セルビアの旗 バレーボールセルビア男子代表 
役職 監督
ポジション S
利き手
スパイク 346cm
ブロック 320cm
 
獲得メダル
Flag of Yugoslavia (1992–2003); Flag of Serbia and Montenegro (2003–2006).svg ユーゴスラビア
Flag of Yugoslavia (1992–2003); Flag of Serbia and Montenegro (2003–2006).svg セルビア・モンテネグロ
Flag of Serbia.svg セルビア
オリンピック
1996 男子バレーボール
2000 男子バレーボール
世界選手権
1998 男子バレーボール
2010 男子バレーボール
ワールドカップ
2003 男子バレーボール
テンプレートを表示

ニコラ・グルビッチセルビア語: Никола Грбић[1], ラテン翻記:Nikola Grbić、1973年9月6日 - )は、セルビアの男子バレーボール選手、指導者。ズレニャニン出身。ポジションはセッター。元セルビア代表

来歴[編集]

ユーゴスラビア国内でのプレーを経て、1994年にヴォイヴォディナ・ノヴィサドからイタリアセリエAモンティキアーリへ移籍。1995年にユーゴスラビア代表に選出され、1996年アトランタオリンピックで銅メダルを獲得した[2]1997年欧州選手権では準優勝に貢献し、同年欧州バレーボール連盟の年間最優秀選手に選出[2][3]。ヨーロッパナンバーワンのセッター[3]として出場した1998年世界選手権で銀メダルを獲得した[2]

1997年から在籍したセリエA・クーネオでは1999年にコッパ・イタリア優勝、トレヴィーゾ在籍時の2000年にもコッパ・イタリア優勝を飾り、トレヴィーゾでは1999-2000年欧州チャンピオンズリーグ優勝を経験[2]。同年ユーゴスラビア代表として兄ウラジミール・グルビッチと共に2度目の出場を果たした2000年シドニーオリンピック金メダル獲得に貢献した[2]

トレント在籍時のN.グルビッチ

金メダルを獲得したシドニーオリンピック以降の2000年代初頭は「世界一のセッター」として国際的に高い評価を受け、初優勝を飾った2001年欧州選手権[2]2003年欧州選手権と、銅メダル獲得の2003年ワールドカップでベストセッター賞を受賞[4]。セルビア・モンテネグロ代表のキャプテンとして2004年アテネオリンピックに出場した。

2005年に手指のケガや足首の故障に相次いで見舞われ、3大会連続ベストセッター賞を受賞した2005年欧州選手権の後、翌年にアキレス腱の手術を受けたが、その後もベテランセッターとして活躍し、2008年北京オリンピックにセルビア代表のキャプテンとして4大会連続オリンピック出場を果たした。

2007年からはセリエA・トレントでプレーし、2007-2008シーズンのリーグ初優勝と、翌シーズンの欧州チャンピオンズリーグ初優勝に貢献[2]。2009年に移籍したクーネオにおいても、2009-2010シーズンのクーネオのリーグ初優勝に貢献した[2]。自国開催の2009年ワールドリーグでは2大会連続準優勝とベストセッター賞を受賞[5]。37歳での出場となった2010年世界選手権では1998年大会の銀メダル以来、3大会ぶりとなる銅メダル獲得と[2]ベストセッター賞を受賞した[6]。1995年から2010年まで代表を務めた間に[7]、獲得したメダル数は19個に上る[2]

2013年にロシア・スーパーリーグゼニト・カザンへ移籍し、自身にとって3度目となるリーグ優勝を果たす[2]。現役引退後の2014年5月、セリエAのシル・サフェーティ・ペルージャの監督に就任し、指導者としてのキャリアをスタートさせた[8]

2015年2月、セルビア代表監督に就任した[7]

2016年7月、グルビッチはバレーボール殿堂入りの栄誉に浴した[9]

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セルビア語ラテン翻字: Nikola Grbić
  2. ^ a b c d e f g h i j k Grbic excited to start work with Serbian team”. FIVB (2015年3月17日). 2015年4月7日閲覧。
  3. ^ a b 1998年バレーボール世界選手権 - 男子出場チーム ユーゴスラビア”. TBS (1998年11月12日). 2009年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月14日閲覧。
  4. ^ 2003 Men's World Cup in Japan”. FIVB (2003年11月30日). 2010年10月14日閲覧。
  5. ^ Brazil is 2009 World League champion”. FIVB (2009年7月26日). 2010年10月14日閲覧。
  6. ^ Brazil Men's World Champions for third time running”. FIVB (2010年10月10日). 2010年10月14日閲覧。
  7. ^ a b Legend Grbic named Serbia coach”. FIVB (2015年2月3日). 2015年4月7日閲覧。
  8. ^ Domani è il giorno di Nikola Grbic!”. Legavolley (2014年5月13日). 2015年4月7日閲覧。
  9. ^ バレーボール殿堂. “Meet the Class of 2016”. 2016年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]