ニコラス・バーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニコラス・バーンズ(Nicholas Burns 1956年1月28日 - )は、アメリカ合衆国外交官政治家

経歴[編集]

ニューヨーク州バッファロー出身。1978年ボストンカレッジを卒業後、パリ大学で学士号を取得、1980年にジョンズ・ホプキンス高等国際問題研究大学院で修士号を取得した。

外交官としてエジプトカイロイスラエルエルサレムで勤務したのち、国家安全保障会議ロシア問題担当。1995年からはビル・クリントン政権のアメリカ国務省報道官、1997年に駐ギリシャ大使、2001年北大西洋条約機構大使、2005年から2008年にかけてアメリカ合衆国国務次官(政治担当)を務めた[1]2021年時点でハーバード大学行政大学院の教授を務めているが、同年2月にジョー・バイデン政権の駐中国大使候補として浮上した[2]。8月20日、駐中国大使への指名が発表された[3]

脚注[編集]

  1. ^ ニコラス・バーンズ”. 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」. 2021年2月21日閲覧。
  2. ^ 米の駐中国大使は国務省元高官か、駐日に前シカゴ市長浮上”. CNN (2021年2月18日). 2021年2月21日閲覧。
  3. ^ “米駐中国大使に元国務次官、駐日大使に前シカゴ市長指名へ=ホワイトハウス”. ロイター. (2021年8月21日). https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKBN2FL279 2021年8月21日閲覧。