ニコライ・ミハイロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコライ・ミハイロフ Football pictogram.svg
Niki mihaylov.jpg
名前
本名 ニコライ・ボリスラヴォフ・ミハイロフ
Nikolay Borislavov Mihaylov
ラテン文字 Nikolay Mihaylov
ブルガリア語 Николай Михайлов
基本情報
国籍  ブルガリア
生年月日 (1988-06-28) 1988年6月28日(33歳)
出身地 ソフィア
身長 192cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム キプロスの旗 オモニア・ニコシア
ポジション GK
背番号 88
利き足 右足
ユース
ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア 12 (0)
2007-2010 イングランドの旗 リヴァプール 0 (0)
2007-2010 オランダの旗 トゥウェンテ (loan) 6 (0)
2010-2013 オランダの旗 トゥウェンテ 82 (0)
2013-2014 イタリアの旗 エラス・ヴェローナ 0 (0)
2014-2015 トルコの旗 メルスィン 9 (0)
2016-2017 トルコの旗 メルスィン 29 (0)
2017- キプロスの旗 ACオモニア
代表歴2
2004-2008 ブルガリアの旗 ブルガリア U-21 22 (1)
2006- ブルガリアの旗 ブルガリア 33 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月14日現在。
2. 2017年6月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ニコライ・ミハイロフブルガリア語: Николай Бориславов Михайлов, ラテン文字転写: Nikolay Borislavov Mihaylov, 1988年6月28日 - )は、ブルガリアの首都・ソフィア出身のサッカー選手キプロス・ファーストディビジョンオモニア・ニコシア所属。ブルガリア代表である。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

PFCレフスキ・ソフィア[編集]

ブルガリアPFCレフスキ・ソフィアの下部組織を経て、AJオセールとのUEFAカップ2005-06・1回戦で17歳にしてデビューを果たした。しかし、その後はUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07グループリーグヴェルダー・ブレーメン戦に代表されるように低調なプレーに終始し、サポーターたちは親の七光りでポジションを得ているとして彼を非難した[要出典]

リヴァプールFC[編集]

2007年6月にはイタリア・セリエAACFフィオレンティーナとの交渉が大詰めに達したが[1]、2007年6月27日、ACFフィオレンティーナではなくイングランド・プレミアリーグリヴァプールFCと3年契約(2年の延長オプション付き)を結んだ[2][3]

当面は、ホセ・マヌエル・レイナシャルル・イタンジュの控えとして考えられていたが、7月14日までにイギリスの労働許可証を取得できない可能性があることが判明し[4]、最終的にオランダ・エールディヴィジFCトゥウェンテへ1年間の契約でレンタル移籍した[5]サンデル・ボスフケルセース・パーウェオランダ語版の控えを務め、全く試合に出場できない時期が続いたが、FCトゥウェンテは彼の才能を認めており、2008年夏にレンタル期間を1年延長した。

FCトゥウェンテ[編集]

FCトゥウェンテでのミハイロフ

2008年8月27日にエミレーツ・スタジアムでのUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09予選アーセナルFCとの第2戦 (0-4) で初出場を果たし、8月30日のローダJC戦 (1-1) でリーグ戦デビューを飾った。2009年3月14日のヴィレムII戦 (2-0) でリーグ戦2度目の出場機会を与えられると、フル出場して無失点勝利に貢献した。7月29日のUEFAチャンピオンズリーグ予選のスポルティングCPとの第1戦 (0-0) では、先発出場したボスフケルが27分に退場処分を受けたため、ケネス・ペレスと代わって急遽試合に出場すると、ジョアン・モウティーニョペナルティーキックを止めたり鍵となるセーブを幾度も見せるなど活躍し、無失点で試合終了を迎えた[6][7]。第2戦ではフル出場したが同点ゴールを許し、アウェーゴール差により敗退が決まった。

限られた出場機会ながらも活躍が認められ、2010年2月5日に移籍金150万ポンドFCトゥウェンテと3年契約を結んで完全移籍した[8]。2010-11シーズンはレギュラーの座を奪取し、クラブ創設以来初出場となったUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11ではPKを止めるなどの活躍を見せた。グループリーグのヴェルダー・ブレーメン戦ではレフスキ・ソフィア時代に辛酸を嘗め、ブルガリアメディアからは「悪夢」と評されていたのを振り払うような働きぶりで試合を引き分けに持ち込み、2試合合計で1点しか許さなかった。最終的にグループリーグで首位にトッテナム・ホットスパーFC、2位に前年度覇者のインテル・ミラノとなり、FCトゥウェンテは3位になったことでUEFAヨーロッパリーグ 2010-11決勝トーナメントの出場権を得た。ロシア1部FCルビン・カザンFCゼニト・サンクトペテルブルクを下したが、準々決勝でビジャレアルCFに敗れた。

2011年12月23日にソフィアで行われたブルガリア年間最優秀選手賞英語版の授賞式でスティリアン・ペトロフを2位、ディミタール・ベルバトフを3位に抑えて最優秀選手に輝いた。なお、GKとしては父親のボリスラフ・ミハイロフ以来の受賞だった[9]

エラス・ヴェローナFC[編集]

2013年8月6日にイタリア・セリエAエラス・ヴェローナと契約。背番号は31に決定し、将来の移籍の際に移籍金20%がトゥウェンテに支払われる[10]。1シーズンの在籍でリーグ戦出場の機会は得られなかった。

メルスィン・ウドマン・ユルドゥ[編集]

2014年9月1日、TFF1.リグメルスィン・ウドマン・ユルドゥに移籍することが発表された[11]

オモニア・ニコシア[編集]

2017年12月、キプロス・ファーストディビジョンオモニア・ニコシアにシーズン終了までの契約で移籍した[12]

代表[編集]

2006年5月にキリンカップサッカーに臨むブルガリア代表に招集され、5月11日に神戸で行われたスコットランド戦 (1-5) でデビューしたが、5失点を喫して大敗した[2]。2009年8月12日にラトビアとの親善試合で2キャップ目を刻むと、後半にはヴィターリイス・アスタフィエフス (Vitālijs Astafjevs) が放った危険なシュートを防ぎ、フル出場して1-0で勝利した。2009年10月10日に2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選キプロス戦(アウェイ1-4)で負傷したディミタール・イワンコフに代わり3キャップ目を記録。以降で正GKを務めるも、2010W杯予選・UEFA EURO 2012予選と敗退し、本大会出場を逃した。

家族[編集]

父親のボリスラフ・ミハイロフはブルガリア代表として初めて通算出場数100試合を達成したゴールキーパーであり、ブルガリアサッカー連合 (Bulgarian Football Union) の会長を務めている[7]。また、祖父のビセル・ミハイロフ (Bisser Mikhailov) もやはり、1960年代にブルガリア代表のゴールキーパーとしてプレーしたサッカー選手である[7]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録
クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
レフスキ・ソフィア 2004-05 1 0 1 0 0 0 2 0
2005-06 6 0 0 0 1 0 7 0
2006-07 5 0 0 0 1 0 6 0
通算 12 0 1 0 2 0 15 0
リヴァプール 2007-08
トゥウェンテ (loan) 2007-08 0 0 0 0 0 0 0 0
トゥウェンテ (loan) 2008-09 6 0 0 0 1 0 7 0
トゥウェンテ (loan) 2009-10 0 0 3 0 2 0 5 0
トゥウェンテ 2010-11 31 0 1 0 10 0 42 0
トゥウェンテ 2011-12 25 0 2 0 13 0 40 0
トゥウェンテ 2012-13 23 0 0 0 9 0 32 0
エラス・ヴェローナ 2013-14 0 0 0 0 0 0 0 0
メルスィン 2014-15 9 0
メルスィン 2016-17 4 0
通算 110 0

タイトル[編集]

クラブ
PFCレフスキ・ソフィア
FCトゥウェンテ
個人

脚注[編集]

  1. ^ "Mihaylov, Liverpool overtakes Fiorentina"
  2. ^ a b “リバプール、GKミハイロフを獲得”. ロイター. (2011年6月28日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-26637120070628 2007年6月28日閲覧。 
  3. ^ “Liverpool capture keeper Mihaylov”. BBC Sport. (2007年6月27日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/l/liverpool/6247150.stm 2007年6月27日閲覧。 
  4. ^ Passport holds key as Lucas Leiva waits to join up with Liverpool”. Article in the Liverpool Echo (2007年7月14日). 2007年7月14日閲覧。
  5. ^ Mihaylov joins FC Twente on loan”. BBC Sport (2007年8月23日). 2009年6月3日閲覧。
  6. ^ “Twente manages 0:0 against Sporting”. UEFA com. (2009年7月29日). http://www.uefa.com/competitions/ucl/fixturesresults/round=2000026/match=2000326/report=rp.html 2009年7月30日閲覧。 
  7. ^ a b c “自分の道を歩み始めたミハイロフ”. UEFA.com. (2009年8月3日). http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=869262.html 2011年7月7日閲覧。 
  8. ^ “Liverpool FC sell Nikolay Mihaylov to FC Twente for £1.5million”. Liverpool Daily Post. (2010年2月4日). http://www.liverpooldailypost.co.uk/sport/football/football-news/liverpool-fc-sell-nikolay-mihaylov-5475699 2010年2月5日閲覧。 
  9. ^ "Официално: Ники Михайлов детронира Бербатов за Футболист на годината"
  10. ^ "Official: Verona sign Mihaylov"
  11. ^ MİHAYLOV İMZALADI メルスィン・ウドマン・ユルドゥ公式ウェブサイト 2014年9月1日付
  12. ^ Ивайло Петев прибра Николай Михайлов в Омония (Никозия)” (ブルガリア語). topsport.bg (2017年12月15日). 2018年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]