ニコライ・ポドゴルヌイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコライ・ポドゴルヌイ
Никола́й Подго́рный
Nicolai Podgorny.jpg
生年月日 (1903-02-18) 1903年2月18日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ウクライナ カロルフカ
没年月日 (1983-01-12) 1983年1月12日(79歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 キエフ
出身校 キエフ工科大学食品工業学部
所属政党 КПСС.svg ソビエト連邦共産党
配偶者 ナタリア・ニコライエヴニャ・ポドゴールナヤ
子女 2人
サイン Nikolai Podgorny Signature 1967.png

在任期間 1964年12月9日 - 1977年6月16日

КПСС.svg ソビエト連邦共産党
中央委員会第二書記
在任期間 1964年10月14日 - 1965年12月6日
中央委員会第一書記 レオニード・ブレジネフ

在任期間 1957年12月26日 - 1963年7月2日

その他の職歴
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
第20-25期政治局員

1960年5月4日 - 1977年5月24日
КПСС.svg ソビエト連邦共産党
第22期書記局員

1963年6月21日 - 1965年12月6日
テンプレートを表示

ニコライ・ヴィークトロヴィチ・ポドゴルヌイロシア語: Никола́й Ви́кторович Подго́рный(ニカラーイ・ヴィークタラヴィチュ・パドゴールヌィイ)ラテン文字表記の例Nikolai Viktorovich Podgorny1903年2月18日1983年1月12日)は、ソビエト連邦政治家ウクライナ人レオニード・ブレジネフ時代に最高会議幹部会議長[1]を務める。

経歴[編集]

1903年2月18日にロシア帝国ウクライナのカルロフカで、冶金工の家庭に誕生する。キエフ工科大学食品工業学部を卒業した後、砂糖工場で働きながら共産党活動に従事した。1940年代に食品工業人民委員、モスクワ食品工業大学学長などを歴任し、1950年ハルキウ州党第一書記に就任した。

1957年にソ連共産党第一書記となったニキータ・フルシチョフに引き立てられてウクライナ共産党第一書記に就任した。1960年には幹部会員、1963年に党中央委員会書記に選出され、ソ連共産党の組織・人事部門を担当し、事実上の「第二書記」の地位を占めるに至った。

フルシチョフが失脚してブレジネフを第一書記とする新指導部が発足すると、ブレジネフ及びアレクセイ・コスイギン閣僚会議議長と共に「トロイカ」の一人として集団指導体制の一翼を担う。1964年11月の共産党中央委員会総会で、フルシチョフ時代に工業農業の2つの系列に分かれていた地方党組織の再統合を報告した。この時にハルキウ州第一書記時代、第二書記を務めたヴィタリー・チトフ書記(農業担当)の協力を得た。しかしチトフは解任され、後任の農業担当書記にはフョードル・クラコフが、またポドゴルヌイが担当していた党組織・人事はイヴァン・カピトノフが組織・党活動部長にそれぞれ選出されたため、1965年までに書記局から外されてしまう。古参のボリシェビキアナスタス・ミコヤンの後任の国家元首の最高会議幹部会議長に祭り上げられて、もっぱら儀典外交の任を担当するようになっていった。

コムソモール大会にブレジネフと(前列左から4人目・その右隣がブレジネフ)

1977年にブレジネフは最高会議幹部会に第一副議長を新設し、ポドゴルヌイをこれに据えようとしたが、ポドゴルヌイはこれを拒否した。5月24日の中央委員会総会で政治局員を解任された。ポドゴルヌイはその際、「非常な驚き」を示して立ち上がり、政治局員席から中央委員の席に移ったと伝えられる。1ヵ月後の6月17日と18日に開かれた最高会議で幹部会議長を解任された。ポドゴルヌイ自身は会議を欠席し、本人の「年金生活に入るために辞任したい」という声明が読み上げられた。1979年には最高会議代議員職も失い、1983年1月12日にブレジネフ前書記長の後を追うように死去した。

評価[編集]

ポドゴルヌイは古参のボリシェビキが、ヨシフ・スターリン大粛清によって消された後を襲い、スターリンの独裁体制を支えた「出世組」世代に位置した。ブレジネフやコスイギンなどと同じく、脱イデオロギーの色彩が強く、国家・経済の管理者の色彩の強い党官僚の先がけであったと評価できよう。

エピソード[編集]

最高会議幹部会議長の座を追われた後の1978年11月に10月革命61周年記念パーティーに出席し、ブレジネフ、コスイギン、グロムイコらかつての同僚に遠慮会釈なく次々と話しかけ、迷惑そうな顔をされている姿が魚本藤吉郎駐ソ日本大使によって目撃された。ポドゴルヌイは、この時点では最高会議代議員の身分はまだ有しており、パーティーへの出席は"合法"ではあったが、失脚した政治家は配所の月を静かに眺めているのが慣例で、ポドゴルヌイの行動は異例であった。この行動が災いしたのか、その後まもなく彼は最高会議代議員職も失った。

またポドゴルヌイ失脚後、トレチャコフ美術館の51号室に飾ってあった赤の広場の壇上に立つブレジネフ書記長らを描いたドミトリー・ナルバンジャン作の絵画から、ブレジネフの左隣に立っていたポドゴルヌイの姿が消されていることが確認され、話題を呼んだ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国家元首に当たる。

外部リンク[編集]

先代:
アナスタス・ミコヤン
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦最高会議幹部会議長
第6代:1964年12月9日 - 1977年6月16日
次代:
レオニード・ブレジネフ
先代:
レオニード・ブレジネフ
КПСС.svg ソビエト連邦共産党第二書記
1964年10月14日 - 1965年12月6日
次代:
ミハイル・スースロフ
先代:
アレクセイ・キリチェンコ
Flag of the Ukrainian Soviet Socialist Republic.svg ウクライナ共産党第一書記
1957年12月26日 - 1963年7月2日
次代:
ペトロ・シェレスト