ニコチンアミドモノヌクレオチド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコチンアミドモノヌクレオチド
識別情報
CAS登録番号 1094-61-7
PubChem 16219737
ChemSpider 13553
特性
化学式 C11H15N2O8P
モル質量 334.22 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ニコチンアミドモノヌクレオチド(nicotinamide mononucleotide、略称: NMN、β-NMN)は、リボースニコチンアミドに由来するヌクレオチドである。すべての生物種に存在する補酵素であり、牛乳など様々な栄養源に含まれている[1]

NAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)の生化学的前駆体として、ペラグラの予防に有用な可能性がある。[2]

本来は生体内でも生成されているが、加齢に伴うNMN生成能力の低下によりNAD+も減少し「細胞核の損傷」や「ミトコンドリアの活性低下」が進むと考えられている[3]

作用[編集]

  1. ミトコンドリアの活性化
    NMNは、老化に伴って働きが弱まるミトコンドリアを活性化[要出典]すると言われ、NMNを補充することにより、エネルギー生成を促進できる[要出典]と考えられている。
  2. 長寿遺伝子の活性化
    サーチュイン遺伝子は、摂取カロリー制限によって活性化することが知られている[要出典]。脂肪組織は、飢餓状態に入るとNAMPT(ニコチンアミド・ホスホリボシルトランスフェラーゼ。血中ではeNAMPT)というNAD+合成の鍵酵素を血中に分泌する。この酵素自体は脳内にある血液関門を通過できないが、その反応産物のNMNが関門を抜けて脳を刺激する。刺激を受けた脳からは何らかの信号が骨格筋や臓器に伝へられ、NAD+合成が賦活化されることによってサーチュイン遺伝子が活性化すると考えられている[要出典]。 尚、詳しい仕組みや経口摂取による効果などは未だ研究途上であるが、それぞれの体組織におけるNAD+合成賦活化とサーチュイン遺伝子活性化の関連はある程度認められている[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Bieganowski P, Brenner C (2004). “Discoveries of nicotinamide riboside as a nutrient and conserved NRK genes establish a Preiss-Handler independent route to NAD+ in fungi and humans”. Cell 117: 495–502. 
  2. ^ Katrina L. Bogan and Charles Brenner. “Nicotinic Acid, Nicotinamide, and Nicotinamide Riboside: A Molecular Evaluation of NAD+ Precursor Vitamins in Human Nutrition”. Annual Review of Nutrition 28: 115-130. doi:10.1146/annurev.nutr.28.061807.155443. 
  3. ^ Faculty of Pharmaceutical Sciences, 新真理子、吉田麻亜子a(2016). “核内NAD+レベルによるミトコンドリア機能の維持と加齢による崩壊”. ビタミン: 502-507. https://doi.org/10.20632/vso.90.10_502. 

関連項目[編集]

外部サイト[編集]