ニクロサミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニクロサミド
Niclosamide.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Niclocide, Fenasal, Phenasal, others[1]
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
識別
CAS番号
50-65-7 ×
ATCコード P02DA01 (WHO) QP52AG03 (WHO)
PubChem CID: 4477
DrugBank DB06803 チェック
ChemSpider 4322 チェック
UNII 8KK8CQ2K8G チェック
KEGG D00436  チェック
ChEMBL CHEMBL1448 チェック
化学的データ
化学式 C13H8Cl2N2O4
分子量 327.119 g/mol
物理的データ
融点 225 - 230 °C (437 - 446 °F)

ニクロサミド(Niclosamide)は商標名のクロサイド(Niclocide)で売られているサナダムシの駆虫に使用される医薬品である[2]裂頭条虫症ヒメノレア症テニヤ条虫症に対して効果がある[2]。その他のぎょう虫感染症または線形動物に対しては効果がない[3]。経口薬である[2]

副作用は吐き気、嘔吐、腹痛、便秘、かゆみがあげられる[2]妊娠中でも服用が可能であり、胎児への影響はなく安全とされる[2]。ニクロサミドは駆虫薬に分類される[3]。条虫への糖分の吸収を妨ぐことにより効果がある[4]

ニクロサミドが発見されたのは1958年である[5]世界保健機関の必須医薬品リストに掲載されており、最も効果的で安全な医療制度で必要とされる医薬品である[6]開発途上国での一貫の治療に使われる薬の卸値は約$0.24米ドルである[7]。アメリカでは、一般販売されていない[3]。他の多くの動物に効果的である[4]

出典[編集]

  1. ^ CID 4477 - PubChem
  2. ^ a b c d e WHO Model Formulary 2008. World Health Organization. (2009). pp. 81, 87, 591. ISBN 9789241547659. オリジナルの2016-12-13時点によるアーカイブ。. http://apps.who.int/medicinedocs/documents/s16879e/s16879e.pdf. 
  3. ^ a b c Niclosamide Advanced Patient Information - Drugs.com”. www.drugs.com. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  4. ^ a b Jim E. Riviere; Mark G. Papich (13 May 2013). Veterinary Pharmacology and Therapeutics. John Wiley & Sons. p. 1096. ISBN 978-1-118-68590-7. オリジナルの10 September 2017時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=xAPa4WDzAnQC&pg=PA1096. 
  5. ^ Mehlhorn, Heinz (2008) (英語). Encyclopedia of Parasitology: A-M. Springer Science & Business Media. p. 483. ISBN 9783540489948. オリジナルの2016-12-20時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=Jpg1ysgVn-AC&pg=PA483. 
  6. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  7. ^ Niclosamide”. International Drug Price Indicator Guide. 2017年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。