ナーダシュ・ペーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にペーテル・ナーダシュと表記することもあります。
ナーダシュ・ペーテル
Nádas Péter
Péter Nádas Leipziger Buchmesse 2012.jpg
ナーダシュ・ペーテル(2012)
誕生 1942年10月14日(73歳)
ハンガリーの旗 ハンガリーブダペスト
職業 小説家・ジャーナリスト・写真家
言語 ハンガリー語
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー
代表作 『回想の書』
主な受賞歴 オーストリア国家賞(1991)
フランツ・カフカ賞(2003)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ナーダシュ・ペーテルNádas Péter , 1942年10月14日 - )は、ハンガリーブダペスト生まれの作家、ジャーナリスト、写真家。

生い立ち[編集]

ユダヤ系であり、祖父の代にドイツ語のNeumayerからハンガリー語のNádasに改姓。共産主義者の家庭に生まれたが、父の方針によりキリスト教の洗礼を受ける。1944年ナチスの傀儡政党・矢十字党がハンガリーを支配すると、両親は2歳のペーテルを連れてブダペストから避難するが、ブダペスト包囲戦の時には帰還し、戦乱を生き延びた。

彼の母親は1956年ハンガリー動乱の前に病死し、父は1958年に自殺した。16歳で孤児となったペーテルは化学を学び、写真家やフォトジャーナリストとして長年働く。チェコのプラハの春にハンガリーが介入したことに失望し、1969年以後、文学活動に専念するため小説家となったが、共産主義政権の出版統制下に置かれた。

共産主義体制下や冷戦後のハンガリーの社会や歴史を背景に、人間の意識の内側を重層的に描き出し、大作『回想の書』(1986)で国際的な評価を確立した。2003年にはフランツ・カフカ賞を受賞した。

作品[編集]

  • 1967年 A biblia (kisregények)
  • 1969年 Kulcskereső játék (elbeszélések)
  • 1977年 Takarítás
  • 1977年 ある一族の物語の終わりEgy családregény vége (regény)
  • 1979年 Leírás (novellák)
  • 1979年 Találkozás
  • 1980年 Temetés
  • 1982年 Színtér (3 dráma)
  • 1983年 Nézőtér (tanulmányok, esszék)
  • 1986年 回想の書Emlékiratok könyve (regény)
  • 1988年 Játéktér (esszék)
  • 1988年 A Biblia és más régi történetek (elbeszélések)
  • 1989年 Évkönyv
  • 1991年 Az égi és a földi szerelemről (esszé)
  • 1992年 Talált cetli és más elegyes írások
  • 1992年 Párbeszéd - négy nap ezerkilencszáznyolcvankilencben (Dialógus Richard Swartz cal)
  • 1995年 Esszék
  • 1995年 Vonulás
  • 1996年 Drámák
  • 1997年 Minotaurus
  • 1998年 Emlékiratok könyve
  • 1999年 Valamennyi fény
  • 1999年 Kritikák
  • 2001年 Vonulás
  • 2004年 Saját halál
  • 2005年 パラレル・ストーリーズPárhuzamos történetek 1–3. (A néma tartomány; Az éjszaka legmélyén; A szabadság lélegzete)
  • 2010年 Szirénének

日本語訳[編集]

  • ある一族の物語の終わり(早稲田みか・簗瀬さやか訳、2016年、松籟社

参考文献[編集]

  • 『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち』 2014年 青月社
  • 奥彩子・西成彦沼野充義他『東欧の創造力』2016年 松籟社