ナースィル・ホスロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナースィル・ホスローペルシア語: ناصر خسرو قبادیانی‎, Abu Mo’in Hamid ad-Din Nasir ibn Khusraw al-Qubadiani‎、1003年1061年)は、11世紀ペルシア詩人イスラム神学者

バルフ近郊の地主の家に生まれ、初めはセルジューク朝に仕えていた。1045年に夢のお告げによって、職を辞してメッカ巡礼に赴き、ニシャプールタブリーズアレッポベイルートエルサレムカイロアスワンメッカバスライスファハーンなどの諸都市を巡って帰国し、後に旅行記『サファル・ナーメ(Safarnama、de)』を著した。この書は各地の都市構造・政治的支配の実態・文化人ネットワークの姿を様々な角度から描き、できるだけの正確さ(見聞記事と伝聞記事の区別の明記など)に努めており、11世紀のイスラム世界の姿を知る上で貴重な文献である。

さて、その巡礼中にエジプトにおいて彼はイスマイール派の教えを受けて感銘し、帰国後にその教えを広めようとしたがセルジューク朝から異端として弾圧され、追われる身となる。晩年はバダフシャーンの山中にて余生を送った。

著書の多くは散逸してしまったが、現存するものでも詩集『ディーワーン(Diwan)』は当時のイスラム思想が強く反映された作品であり、ペルシア文学史においても貴重なものである。また、『宗教の書(wajh-i-din)』はイスマイール派の教えを分かりやすく説いた書として知られている。

参考文献[編集]