ナーグプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナーグプル
नागपुर
Nagpur

印章
ナーグプルの位置(インド内)
ナーグプル
座標: 北緯21度9分36秒 東経79度4分47秒 / 北緯21.16000度 東経79.07972度 / 21.16000; 79.07972
インドの旗 インド
マハーラーシュトラ州
ナーグプル県英語版
面積
 - 総面積 218km2 (84.2mi2)
標高 310m (1,017ft)
人口 (2011年)
 - 総人口 2,405,421[2]
 都市圏 2,497,777[1]
等時帯 インド標準時 (UTC+5:30)

ナーグプルマラーティー語: नागपुर英語: Nagpur)は、インド中西部のマハーラーシュトラ州の都市で同州の冬の都でもある。インドのほぼ中央に位置し、「ここがインドの中央である」という石碑が立っているが、歴史的には南天竺(南インド)と呼ばれたデカン地域に属する[3]。面積218平方キロメートル、2011年現在の人口は241万人[2]

名称[編集]

ナーグプルとは、「ナーガの都市(プル)」を意味し、近くを流れていた川ナーグ川に因んでいる。日本語では「ナグプル」、「ナグプール」とも表記される。

インドでは高品質なオレンジの名産地と取引で知られ、マラーティー語で「サントラー・ナガリー」(オレンジシティの意)の異名を持つ。

歴史[編集]

ラグージー・ボーンスレー像(ナーグプル市内)

1702年ゴンド王国の一つ・デーオガル王国の君主バフト・ブランド・シャーが、ナーグ川流域のラージャプルなど12の小集落を集めて都市ナーグプルを建設し、その首都とした。

その後継者ラージャ・チャーンド・スルターンはさらに都市を発展させたが、1738年あるいは1739年に死亡した。

デーオガル王国がその死によって混乱すると、チャーンド・スルターンの未亡人は強力なマラーターの指導者であるラグージー・ボーンスレーを呼び寄せた。彼はそののちここを拠点とし、デーオガル王国のみならず、周辺のゴンド諸王国も併合し、その死までに中央インド一帯に勢力を広げていた。

1818年までに、ボーンスレー家イギリス支配下の藩王国となっていたが、1853年に藩王ラグージー・ボーンスレー3世が跡継ぎなく死亡したことにより、翌1854年にナーグプルは併合された。

インド独立後の1956年10月14日、同市において、初代インド法務大臣ビームラーオ・アンベードカルカースト制度に苦しんでいたダリット(不可触民)を率いて、ヒンドゥー教から仏教へ集団改宗を行った。この記念碑のストゥーパディークシャーブーミに残り、この活動を引き継ぐ佐々井秀嶺の拠点も同市である。20世紀後半以降は、インド国内では比較的仏教徒の多い街として知られ、同市の国際空港もアンベードカルの名を冠している。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Provisional Population Totals, Census of India 2011 - Urban Agglomerations/Cities having population 1 lakh and above (PDF)” (英語). インド内務省. 2013年8月2日閲覧。
  2. ^ a b Provisional Population Totals, Census of India 2011 - Cities having population 1 lakh and above (PDF)” (英語). インド内務省. 2013年8月2日閲覧。
  3. ^ 佐々井秀嶺著、中村龍海筆録・編集『龍樹と龍猛と菩提達磨の源流』東方出版、2015年、8-9頁。

参考文献[編集]

  • 榎木美樹著「ナーグプル市の仏教徒の現状」上・下(『仏教学研究』58-61号、龍谷大学、2003-2006)

外部リンク[編集]