ナンバンサイカチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナンバンサイカチ
Konnamaram.JPG
ナンバンサイカチの開花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : ジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae
: カワラケツメイ連 Cassieae
: ナンバンサイカチ属 Cassia
: ナンバンサイカチ C. fistula
学名
Cassia fistula L.[1]
シノニム
  • Bactyrilobium fistula (L.) Willd.
  • Cassia bonplandiana DC.
  • Cassia excelsa Kunth
  • Cassia fistuloides Collad.
  • Cassia rhombifolia Roxb.
  • Cathartocarpus excelsus G. Don
  • Cathartocarpus fistula (L.) Pers.
  • Cathartocarpus fistuloides (Collad.) G. Don
  • Cathartocarpus rhombifolius (Roxb.) G. Don [1]
英名
Golden shower

ナンバンサイカチ (南蛮皀莢; 学名: Cassia fistula; 英: Golden shower) は、インドアッサム州ヒマラヤ地域を含む)、スリランカバングラデシュミャンマーが原産[2]マメ科落葉樹で、黄色い5弁の花を付ける。満開の時期には、まるで黄色いシャワーを浴びているようなところから、ゴールデン・シャワーまたはゴールデンシャワー・ツリーの別名を持つ。果実は薬用とされ、樹皮からはタンニンが採取される。日本では沖縄奄美群島小笠原諸島以外では開花しない[3]タイ国花[4]

リンネの『植物の種英語版』(1753年) で記載された植物の一つである[5]

概要[編集]

モンスーン地帯に生え、樹上は約10-20メートルほどになる。樹皮は、黒色で平滑。は、偶数羽状複葉で卵形から卵状長楕円形の小葉は、4-8対で、葉腋から大きな総状花序が鮮やかな黄色で下垂し、芳香を持つ。熱帯アジアに多く見られる。日本には1930年代に沖縄に渡来。沖縄では6月の終わり頃に咲き、の訪れを告げるとされる[6][7][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Cassia fistula
  2. ^ POWO (2019). Plants of the World Online. Facilitated by the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the Internet; http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:484507-1 Retrieved 22 September 2021.
  3. ^ GKZ植物図鑑
  4. ^ a b 南蛮皀莢とは - 植物図鑑 Weblio辞書
  5. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 377. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358396 
  6. ^ ゴールデンシャワー・ツリー(南蛮サイカチ)沖縄観光タクシー
  7. ^ 熱帯地域の花と樹 - ゴールデンシャワーツリー Cassia fistula

外部リンク[編集]