ナンガラ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KRI Nanggala (402)
2015年、ジャワ海
基本情報
建造所 ホヴァルツヴェルケ=ドイツ造船
運用者 インドネシア海軍
艦種 通常動力型潜水艦
級名 カクラ級潜水艦
艦歴
発注 1977年4月2日
起工 1978年3月
進水 1980年9月10日
竣工 1981年7月6日
就役 1981年10月21日
最期 2021年4月21日
現況 バリ海7° 48'S114°51'E地点の海底838mにて沈没
要目
排水量 1285トン(水上)、1390トン(水中)
長さ 59.5メートル
6.2メートル
吃水 5.4メートル
速力 11ノット(水上)、21.5ノット(水中)
テンプレートを表示

KRI ナンガラインドネシア語: KRI Nanggala, 402)は、インドネシア海軍が保有していた潜水艦である。過去に同名の艦艇(船体番号はS-02)が存在しており、これと区別するためにNanggala II と呼ばれた時期もあったが、沈没後は大きく描かれた船体番号402の写真が取り上げられる機会が多く、402と船体番号で呼ばれる事がほとんどとなった。なお、ナンガラは神話由来の名前であり、神が持つ槍を示す為、ナンガラ単体では別の単語となる。

概要[編集]

1978年209型潜水艦シリーズの一隻として西ドイツで製造、1981年にインドネシア海軍に編入された。兄弟艦のカクラ英語版と共にチャクラ級潜水艦とされる(ナンガラは2番艦)。1997年から1999年にかけて近代化改装を受け、継いで2010年からも2年間(25ヶ月間)、韓国大宇造船海洋で大規模な改良工事が施され、安全潜行深度が240メートルから257メートルに、速力が21.5ノットから25ノットに向上したと報じられている[1]。2012年1月に再投入された。

事故[編集]

2021年4月21日バリ島の北約96キロメートルの海域で53人を乗せ魚雷発射訓練のため潜航中に消息を絶ち、捜索中であることが発表された[2][3]

3日後の4月24日インドネシア海軍は乗員53人全員が死亡したと発表した。潜水艦内に搭載されていた酸素は24日の朝に尽きていたとみられる[4]

沈没原因の詳細は調査中ではあるが、水圧に耐えられず水中で大破した可能性があるとみられている。

関連項目[編集]


脚注[編集]

[脚注の使い方]