ナルシス・ディアズ・ド・ラ・ペーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナルシス・ディアズ・ド・ラ・ペーニャ
Narcisse Díaz de la Peña
Narcisso Virgilio Diaz de la Pena.jpg
生誕 1808年8月25日
フランスの旗 フランス,ボルドー
死没 1876年11月18日
フランスの旗 フランス,マントン
運動・動向 バルビゾン派

ナルシス=ヴィルジール・ディアズ・ド・ラ・ペーニャ(Narcisse Virgilio Díaz de la Peña、1808年8月25日 - 1876年11月18日)はスペイン人の両親を持つフランスの画家である。「バルビゾン派」を代表する画家の一人である。

略歴[編集]

ボルドーでスペインからの亡命者の両親の元に生まれた。父親はイギリスで没し、10歳までに母親も失った。さらに少年時代に森で毒蛇に足を噛まれ、治療に成功せず義足の生活を強いられることになった。15歳で、セーヴルの王立製陶所に雇われ、陶器の絵付けの仕事についた。絵付けの仕事の制約に不満を持ち、絵画に転じ、ジュール・デュプレらと共に油彩画を学んだ。初期には、華やかな衣装の婦人像やトルコや東洋風の題材の絵画を描いた。サロン・ド・パリに出展し、1834年にサロンで入選することになった。

人物画家として出発したが、「バルビゾン派」の画家、特にテオドール・ルソーを知ると、風景画を主に描くようになった。ルソーは、1831年のサロンに18歳で入選し、ディアズが入選した1834年のサロンでは、出展した絵画がオルレアン公の買い上げられる名誉を受けていた。しばらくしてルソーから樹木の描き方などの技術の指導を受け、4歳年下のルソーを唯一の師匠として生涯尊敬してゆくことになった。1837年にはフォンテーヌブローの森の風景画をサロンに出品し、バルビゾンに住むようになった。人気画家となり、1850年にはレジオン・ドヌール勲章を受勲した。

作品[編集]

参考文献[編集]