ナルどマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナルどマ
ジャンル ギャグ漫画コメディ漫画
漫画
作者 米と書いてめーとる
出版社 NHN comico(連載)
KADOKAWA エンターブレイン[1]双葉社(単行本)
掲載サイト comico
発表期間 2013年10月10日 - 2016年3月23日
巻数 既刊2巻(2015年11月現在)
アニメ
原作 米と書いてめーとる
監督 尾中たけし
アニメーション制作 勝鬨スタジオ
製作 チームナルどマ
放送局 放送局参照
放送期間 2015年5月 - 11月
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ナルどマ』(: Nar Doma[2][注釈 1])は、米と書いてめーとるによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ。漫画アプリcomicoにて2013年から2016年にかけて連載されていた。漫画は毎週木曜日更新[注釈 2]

ナルシストのハギトと、ドマゾ(マゾヒスト)のケイ、容姿が幼いモノの日常を描く。comicoのサービス開始当初からの連載作品で、2015年1月には単行本が販売された[3]。タイトルの由来は「ナルシスト」と「どマゾ」から。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

声はテレビアニメにおける担当声優。初登場は原作とアニメの初登場回を記載。

主要人物[編集]

主要人物はすべて作者の友人がモデルである[4]

ハギト / 海原 萩人 (うみはら はぎと)
声 - まっくす
初登場 - 第1話「出会い」(原作)/01「出会ったころの俺が好き」(アニメ)
本作の主人公B型20歳[5]の大学生で寮暮らし。誕生日は8月10日で身長は171cm[6]。ナルシストで、しばしば外出時に鏡を持ち歩き自分の顔を眺める[7]。そのせいで階段から落ちて骨折したことがある[8]。また、ロリコンでもあり、トトノを見て涎を垂らすことがある[4]。ロリコン発覚以後、幼女を見たり思い出したりすれば所構わずヨダレを垂らす。トトノに「家に泊めてください」と言われた際に断ったことから、社会にいられるだけの最低限の自制心はある様子。夢は「お風呂から出た幼女をタオルでキャッチすること」[9]水泳が得意で、好きな食べ物は寿司カボチャが苦手。[6]
ケイ / 浜瑚 蛍介 (はまご けいすけ)
声 - 宮﨑敦巳[10]
初登場 - 第1話「出会い」(原作)/01「出会ったころの俺が好き」(アニメ)
本作の主人公。O型20歳[5]の大学生で寮暮らし。誕生日は9月4日で身長は166cm[11]。極度のマゾヒストで、よく「罵ってよ」と口にする。恋愛対象はドマゾを受け入れてくれる人。性別もドマゾ[5]パスタが好きで豆類は苦手[11]
モノ / 藻井 柊平 (ものい しゅうへい)
声 - 安達勇人[10]
初登場 - 第1話「出会い」(原作)/01「出会ったころの俺が好き」(アニメ)
ハギト、ケイと同じ大学に通うA型20歳[5]学生。同じく寮暮らし。本作の主要人物の中では1番まともな人間。身長が低くて童顔。後述のシェイクへは何故か言動が攻撃的。

主要人物の家族・親戚[編集]

ナギト / 海原 薙人 (うみはら なぎと)
声 - 平一貴
初登場 - 第30話「入院」(原作)/第16話「ナギトの兄の俺が好き」(アニメ)
ハギトの弟。16歳。身長はハギトより22cm高い193cm[12][13]。ハギトのことを「兄者」と呼び慕っている。ハギトとは対照的に、がっちりした体格で肌の色は健康的。しかし、ハギトと同じようにロリコンである[14]。ナギトが中学生ぐらいの時に兄弟喧嘩でハギトを失神させて以来、気を遣っている[15]
ハギト・ナギトの母
初登場 - 第65話「餅つき」(原作)
ハギト・ナギトの父
初登場 - 第79話「こいのぼり」(原作)
浜瑚 燈介 (はまご とうすけ)
初登場 - 第46話「帰省2」(原作)[注釈 3]
ケイ・ミヨクの兄。
ミヨク / 浜瑚 美翼(はまご みよく)
初登場 - 第38話「届け物」(原作)
ケイの妹。15歳の高校生だが、年齢不相応に小柄[13]。彼女の初登場時、ケイはロリコンのハギトを恐れ、妹であるミヨクの存在を隠していた[注釈 4]
藻井 茜 (ものい あかね)
声 - 浅海ゆえ
初登場 - 第45話「帰省」(原作)/17「出てないけれど俺が好き」(アニメ)
モノ同様背が低い姉。
藻井 涼平 (ものい りょうへい)
初登場 - 第45話「帰省」(原作)
モノの兄で茜の弟。3姉弟の2番目であるが、1番背が高い。

その他[編集]

斉藤 結 (さいとう ゆう)
声 - 平山笑美[16]
初登場 - 第4話「女子力」(原作)/05「斉藤さんより俺が好き」(アニメ)
21歳、AB型[17]の大学生[18]。基本的に「斉藤さん」と呼ばれる。モデルはメインキャラと同じく作者の友人[4]私服が個性的すぎて誰からも認めてもらえない[19]。「井上さん」という3匹のクラゲを飼っていたが、誤って排水口に流してしまい、代わりにハギトからもらったクラゲに「ウミハラ君」と名付けて飼育している[18]ブブゼラができる[20]サボテンの服を着ることで「斉藤ニードルアタック」が出来るが、雪には効果が無い。後に熊を模した帽子を被ることで「斉藤ベアータックル」を繰り出す。
花城 トトノ (はなしろ -)
声 - 郁原ゆう[16]
初登場 - 第5話「天使」(原作)/08「天使が街に俺が好き」(アニメ)
8歳、O型[17]の女子小学生[4]。握力は89kg。引っ越ししてきたばかりで友達がいない頃にハギトたちに出会い、それがきっかけで彼らの元へ遊びに行くことになる。「ナルどマ」初のモデルがいないキャラクター[4]。ピアノ教室に通っている[21]
ロクさん / 青実 六汰 (あおざね ろくた)
声 - 小田敏充[16]
初登場 - 第11話「ネガティブ」(原作)/10「ロクさん回でも俺が好き」(アニメ)
23歳、AB型[17]サラリーマン。本人曰く「倒したら経験値20もらえるレアキャラ」[22]。自他ともに認める雨男[23]で、雨男じゃなくなるのなら晴女になってもいいと思っている[24]。言動や考えがネガティブ[22][25]トマトが嫌い[5]
神代 キセハ (かみしろ -)
初登場 - 第11話「ネガティブ」(原作)
チャットがきっかけでハギトたちと知り合った女の子。18歳[12]。ハギトの初デートの相手。うどんが大好き[22]だが、1番好きな食べ物はシチュー[24][注釈 5]
Shake (しぇいく) / 佐藤 巴樹 (さとう ともき)
初登場 - 第20話「バレンタインデー」(原作)
メイクした姿がハギトと瓜二つの男性[注釈 6]。バンドのボーカルを務めている[15]。メイクのことになると怖い[24]
ツユクサ/露草 雨子 (つゆくさ あめこ)
声- 桜奈里彩 (A応P)
初登場 - 第24話「自転車」(原作)/14「時給で働く俺が好き」(アニメ)
ハギトのバイト先の先輩。
山梨さん(やまなし-)
初登場 - 第30話「入院」(原作)/04「人を助ける俺が好き」(アニメ)
無口で心優しい男性。ハギトが入院した際に隣のベッドにいた[8]
トトノの父
初登場 - 第53話「お弁当」(原作)
建築現場で働いている。
トトノの母
初登場 - 第23話「家出」(原作)
店長
初登場 - 第24話「自転車」(原作)
ハギト、ツユクサが勤めている飲食店の店長。
もちまる
声 - 郁原ゆう
初登場 - 09「少女に見られる俺が好き」(アニメ)
作品内に登場する架空のアニメーション作品のキャラクター。名前の由来は「もち」と「アニマル (Animal, 動物)」。その人気故に、comico SHOPでぬいぐるみが販売されている。
井上さん (いのうえ-)・ウミハラ君 (-くん)
初登場 - 第26話「斉藤さんと井上さん」 (原作)/13「またまた斉藤さんより俺が好き」 (アニメ・井上さんのみ)
斉藤さんのクラゲ。井上さんは3匹いたが、斉藤さんが誤って排水口に流してしまった。現在はハギトからもらったウミハラ君を飼育中。
こめたろう
声 - 平山笑美
初登場 - 第45話「帰省」(原作)/17「出てないけれど俺が好き」(アニメ)
モノが帰省した際に実家で預かっていた、親戚のイヌ。名前に「たろう」がつくが、メスである。

単行本[編集]

テレビアニメ[編集]

2015年5月から11月まで関西テレビ(カンテレ)にて、深夜番組『音エモン』内のコーナーアニメとして放送。また、同年7月よりTOKYO MXAT-Xでも放送された[26]。5分枠の短編アニメ。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

抱きしめてtoマインド☆
作詞 - 月宮うさぎ / 作曲 - 小池雅也 / 歌 - まっくす

各話一覧[編集]

話数 カンテレ放送日
[注釈 7]
MX放送日 副題 原作 DVD 備考
01 2015年
5月16日
7月2日 出会ったころの俺が好き 第1話「出会い」
(1巻1話)
「俺の1巻」
2015年11月13日
ハギトケイモノ初登場。
02 5月23日 ランチタイムの俺が好き 第2話「ランチ」
(1巻2話)
-
03 5月30日 7月9日 忘れ物しても俺が好き 第3話「忘れ物」
(1巻3話)
04 6月5日 人を助ける俺が好き 第17話「救助」
(1巻17話)
山梨さん初登場。
05 6月13日 7月16日 斉藤さんより俺が好き 第4話「女子力」
(1巻4話)
斉藤さん初登場。
06 6月20日 ゲームセンター俺が好き 第7話「ゲームセンター」
(1巻7話)
-
07 6月27日 7月23日 ジュンジなんかより俺が好き 第16話「訪問者」
(1巻16話)
08 7月4日 天使が街に俺が好き 第5話「天使」
(1巻5話)
花城トトノ初登場。
09 7月11日 7月30日 少女に見られる俺が好き 第66話「ショートギャグ」
第48話「夏休み」
もちまる初登場。
10 7月18日 ロクさん回でも俺が好き 第11話「ネガティブ」
(1巻11話)
ロクさん初登場。
11 7月31日 8月6日 やっぱり斎藤さんより俺が好き 第8話「お買い物」
第15話「ショートギャグ」
(1巻8, 15話)
キャラクター自体は「藤さん」が正しい表記だが、第11話の正式タイトルでは「藤さん」と書かれている。[27]
12 8月8日 動物でも俺が好き 第10話「動物園」
(1巻10話)
-
13 8月15日 8月13日 またまた斉藤さんより俺が好き 第26話「斉藤さんと井上さん」
第27話「ショートギャグ」
井上さん初登場。
14 8月22日 8月20日 時給で働く俺が好き 第25話「アルバイト」 - ツユクサ初登場。
15 8月29日 8月27日 遊園地より俺が好き 第36話「週末」 -
16 9月5日 9月3日 ナギトの兄の俺が好き 第52話「ダイエット」 ナギト初登場。
17 9月12日 9月10日 出てないけれど俺が好き 第45話「帰省」 藻井茜こめたろう初登場。
18 9月19日 9月17日 やっぱり時給で働く俺が好き 第28話「飲み放題」
第41話「欲しいもの」
第67話「アルバイト2」
第73話「ショートギャグ」
-
19 9月26日 9月24日 特別編でも俺が好き 第64話「マッチ売りのモノ」
20 10月3日 10月1日 サイクリングサイクリング俺が好き
21 10月10日 10月8日 バンドをやりたい俺が好き
22 10月16日 10月15日 鍋パーティーより俺が好き
23 10月23日 10月22日 もっと斉藤さんより俺が好き
24 10月31日 10月29日 再び特別編でも俺が好き
25 11月7日 11月5日 ピクニックより俺が好き
26 11月14日 11月12日 そして斉藤さんより俺が好き

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[28]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [29] 備考
2015年5月17日 - 11月14日 日曜 4:50 - 4:55 (土曜深夜) 関西テレビ 近畿広域圏 放送時間は目安 / 『音エモン』内にて放送
2015年7月2日 - 9月24日
2015年10月1日 - 11月12日
木曜 21:55 - 22:00
木曜 21:57 - 22:00
TOKYO MX 東京都 第1-12話は2話ずつ放送 / 第13-19話は後半に主題歌MVを放送
20話以降はEPG上は『キャラ@女子会』内
2015年7月17日 - 金曜 22:55 - 23:00 AT-X 日本全域 リピート放送あり

DVD[編集]

2015年11月13日にテレビ放送の第1話から第13話までを収録したアニメDVD『俺の第1巻』 が発売されたが、第2巻は発売されていない(2016年8月現在)。

comico 台湾版[編集]

comico 台湾版では閃開, 讓最帥的來という題名で、中国語に翻訳されたものが配信されている。また、キャラクター名に関しては以下のとおりに変更されている。

  • カタカナの愛称「ハギト」「ケイ」「ツユクサ」は、彼らの本名から字を取り『萩人』『螢』『露草』。
  • 「モノ」は、中国語で氏名などに付けて愛称を表す「」に、本名の「藻井」から「藻」をとって、『阿藻』。
  • 「ロクさん」は、「阿」に本名の「六汰」から「六」をとり、更に、中国語で敬称を表す「先生」を合わせて、『阿六先生』。
  • 「浜瑚」「蛍介」「斉藤」は、「浜」「蛍」「斉」を繁体字で表記し、『濱瑚』『螢介』『齊藤』。
  • 名前が元からカタカナである「トトノ」「キセハ」は、非漢字文化圏の固有名詞同様に音訳して、『托托娜』『琪賽赫』。 (中国語における外国固有名詞の表記#音訳も参照。)
  • 「ウミハラ君」は、『海原先生』。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Line クリエイターズスタンプの英語版ページでは、"NarDOma"と表記されている。
  2. ^ 実際には水曜日の23時頃更新だが、comicoではそれを木曜日の作品としている。
  3. ^ 第40話で燈介とも考えられる人物が言葉を発している(姿は描写されていない)。しかし、燈介とはフキダシの色が違う、男に多い口調ということから父の可能性が高いが、真相は不明。
  4. ^ ただし、アニメでは第9話で妹がいることを自分から話している。
  5. ^ 但し、シチューを食べている描写は1度もない。
  6. ^ ハギトの弟であるナギトさえも見間違えた(第33話「兄弟」)。
  7. ^ 第1話から第11話までの初回放送は深夜のため、実際にはこの日付の1日あとに放送している。

出典[編集]

  1. ^ 『ナルどマ』書籍化決定!│comico(コミコ) - 無料のスクロール型Web漫画」 2015年1月25日閲覧。
  2. ^ 単行本表紙やテレビアニメで確認できる。
  3. ^ 「『ナルどマ』&『保留荘の奴ら』単行本発売!『ナルどマ』アニメ化も決定!!」 2015年1月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e 原作第5話「天使」より。モデルについては作家コメントより。
  5. ^ a b c d e 原作第50話「ショートギャグ」より。
  6. ^ a b 「ナルどマ 1」157頁。
  7. ^ 原作第2話「ランチ」より。
  8. ^ a b 原作第30話「入院」より。なお、キャンプへ姿見鏡を持って行こうとしていた。
  9. ^ 原作第18話「飲み会」より。
  10. ^ a b 「comico」アニメ制作発表会 人気5作品を一挙アニメ化 水木一郎が主題歌披露 - アニメ!アニメ!(イード)、2015年3月21日配信
  11. ^ a b 「ナルどマ 1」158頁。
  12. ^ a b 原作第61話「ショートギャグ」より。
  13. ^ a b 第39話「傘」より。
  14. ^ 原作第31話「心配」より。
  15. ^ a b 原作第33話「兄弟」より。
  16. ^ a b c 「ナルどマ」アニメ化決定!!”. MMDGP (2015年3月23日). 2015年3月22日閲覧。
  17. ^ a b c 原作第51話「水族館」より。
  18. ^ a b 原作第26話「斉藤さんと井上さん」より。
  19. ^ 原作第4話「女子力」より。
  20. ^ 原作第21話「探し物」より。
  21. ^ 原作第17話「救助」より。
  22. ^ a b c 原作第11話「ネガティブ」より。
  23. ^ 第36話「週末」より。
  24. ^ a b c 原作第56話「ショートギャグ」より。
  25. ^ 原作第14話「初詣」より。
  26. ^ アニメ「ナルどマ」全国でも放送決定!|お知らせ - comico, 2015年6月10日閲覧。
  27. ^ 2015/7/31(金)|音エモン|関西テレビ放送 KTV, 2015年8月3日閲覧。
  28. ^ 「ナルどマ」アニメ化特設サイト”. 2015年6月17日閲覧。
  29. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2018年2月17日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2018年2月17日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2018年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]