ナムニアップ1ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯18度38分45秒 東経103度33分06秒 / 北緯18.6458578度 東経103.5516582度 / 18.6458578; 103.5516582 (Nam Ngiep 1 Dam) ナムニアップ1ダム英語:Nam Ngiep 1 Dam)はラオスボーリカムサイ県ボーリカン郡英語版ナムニアップ川に建設中のダム

概要[編集]

メコン川の支流であるナムニアップ川に発電用ダムを建設してタイ王国とラオス国内に電力を供給するもので、関西電力の子会社ケーピック・ネザーランド(KPN)と、タイ電力公社英語版(EGAT)の子会社エガット・インターナショナル(EGATi)、ラオホールディング国営公社(LHSE)による共同出資で設立されたナムニアップ1・パワー・カンパニー・リミテッドが運営を行なうナムニアップ1水力発電所が置かれる[1]。発電施設は主ダム・逆調整ダム(副ダム)それぞれに設置され、主発電所の電力はタイ電力公社に、副発電所の電力はラオス電力公社に売電される[2]。売電期間は27年間で、その後ダムを含めた施設がラオス政府に無償譲渡されるBOT方式英語版による事業となっている[2]

建設のためにアジア開発銀行などから総額1億350万ドルが融資された[3]。ダム及び周辺施設の施工について大林組が単独受注し[1][4]、2013年10月に着工[5]。発電関連設備についてはIHIインフラシステム日立三菱水力が受注するなど[6][7]、日本企業も関与している。

2018年5月に主ダムの湛水を開始し[8]、正式な運転開始は2019年2月を予定している[8]

諸元[編集]

主ダム[編集]

堤体高148メートル、堤体上部の長さ530メートルの重力式コンクリートダム[1]、湛水面積は66.9平方キロメートル[8]、総貯水量は22億立方メートル[4]。出力約272メガワットの発電所を設置し、タイに電力を供給する。

逆調整ダム[編集]

主ダム発電所からの放流をためるための調整池のダムで堤体高20.6メートル。主ダムの下流6.2キロメートルに位置しており[9]、「ラビリンス」と呼ばれるジグザグ形状の洪水吐が特徴[10]。出力約18メガワットの発電所を設置し、ラオス国内に電力を供給するとともに、常時一定の水量を放流することで下流の水位変動を安定させる[10]

建設に伴う影響[編集]

現地にあった5つの村が水没などの影響を受け、主にモン族からなる4,000人が住居や耕作地を失うことになった[2][9]。「移転村」と呼ばれる新しい居住エリアが建設され、2016年から一部住民の移住が始まっている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ラオス ナムニアップ1水力発電所建設工事を受注しました”. 大林組 (2013年11月14日). 2018年7月30日閲覧。
  2. ^ a b c d ラオス ナムニアップ1水力プロジェクト(建設中)”. 関西電力. 2018年7月30日閲覧。
  3. ^ ラオスへ初のプロジェクトファイナンスにより水力発電事業を支援 (PDF)”. 国際協力銀行 (2014年12月4日). 2018年7月30日閲覧。
  4. ^ a b 総貯水量は徳山ダムの3倍超、大林組がラオスで単独受注”. 日経xTECH (2013年11月18日). 2018年7月30日閲覧。
  5. ^ 【現場最前線】ラオスの黒四! 雨・暑さと闘うナムニアップ1水力発電所建設工事”. 建設通信新聞Digital (2017年6月17日). 2018年7月30日閲覧。
  6. ^ ラオス最大規模となるナムニアップ1水力発電所水門鉄管工事を受注”. IHIインフラシステム (2014年10月29日). 2018年7月30日閲覧。
  7. ^ 日立三菱水力、ラオスのナムニアップ1水力発電所の機電設備工事一式を受注”. VIET KABU (2014年7月3日). 2018年7月30日閲覧。
  8. ^ a b c ラオス・ナムニアップ1水力発電所建設プロジェクトで湛水開始セレモニーを開催”. 大林組 (2018年7月18日). 2018年7月30日閲覧。
  9. ^ a b アジア7か国の環境影響評価制度(平成30年3月)優良事例 ラオス”. 環境省大臣官房環境影響評価課 (2018年3月18日). 2018年7月31日閲覧。
  10. ^ a b 【ナムニアップ1水力発電プロジェクト~副発電所のダムが完成!】”. 関西電力 (2018年7月27日). 2018年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]