ナミビア独立戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナミビア独立戦争
南アフリカ国境戦争
NamibianWar1978.PNG
1978年の地理的状況。民族主義ゲリラの味方国は赤、ナミビアは紅で塗られている。
1966年8月26日 - 1990年3月21日
場所 南西アフリカ(ナミビア)
結果

南西アフリカ人民機構(SWAPO)の戦略的勝利

領土の
変化
南西アフリカが南アフリカからナミビアとして独立。
衝突した勢力

反共主義軍:
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国

援助組織:

Flag of UNITA.svgアンゴラ全面独立民族同盟[1]

アフリカ民族主義軍:
Flag of South West Africa People's Organisation.svg ナミビア人民解放軍(PLAN)(南西アフリカ人民機構)
Flag of South West African National Union.svg南西アフリカ国民連合(SWANU)

指揮官

Flag of South Africa (1928–1994).svg ゲッリトゥ・ヴィルジョエン
Flag of South Africa (1928–1994).svg ウィリー・ファン・ニーケルク
Flag of South Africa (1928–1994).svg ルイス・ピエナール
Flag of South Africa (1928–1994).svg バルタザール・フォルスター
Flag of South Africa (1928–1994).svg ピーター・ウィレム・ボータ

Ovamboland flag.svgコーネリウス・スハゲニ・ンジョバ
Ovamboland flag.svgピーター・カラングラ
Flag of UNITA.svgジョナス・サヴィンビ
Flag of South West Africa People's Organisation.svgサム・ヌジョマ
Flag of South West Africa People's Organisation.svgアンディンバ・トイヴォ・ヤ・トイヴォ
Flag of South West Africa People's Organisation.svgディモ・ハマーンボ
Flag of South West Africa People's Organisation.svgジュリウス・シャーンベニ・シロンゴ・ムニカ
Flag of South West Africa People's Organisation.svgピーター・ムウェシハンゲ
戦力

1989年時点で7.1万人[1][16]
Flag of South Africa (1928–1994).svg 南アフリカ:
南アフリカ防衛軍:3万743人
非正規兵:1万人
Flag of South Africa (1928–1994).svg 南西アフリカ:
南西アフリカ地域軍(SWATF):2.2万人

南西アフリカ警察(SWAPOL):8300人
Flag of South West Africa People's Organisation.svg1989年時点:[17]
ゲリラ:3.2万人
被害者数
2038人[18]~2500人[19] 1万1335人[20]

ナミビア独立戦争(ナミビアどくりつせんそう)は、1966年から1990年まで続いた独立戦争で、南西アフリカ人民機構(SWAPO)を中心としたアフリカ民族主義勢力が南アフリカのアパルトヘイト政府と戦った。南アフリカ国境紛争と密接な関係にあった。

南アフリカは第一次世界大戦で南西アフリカをドイツから奪い、その後委任統治していた。1966年、国際連盟の後継組織である国際連合総会は南アフリカによる南西アフリカの統治を廃止し、国連直轄統治地域とした。南アフリカはこの決定を拒否し、事実上の支配を続けた。[21] 1966年8月26日、南西アフリカ人民機構ゲリラ軍はオムグルグヲンバシェの南アフリカ防衛軍を攻撃した。これがナミビアの独立に向けての最初の戦闘だった。[22]8月26日はナミビアの祝日になっている。国連は同日を「ナミビアの日」としているが、[23]ナミビア人は英雄の日と呼んでいる。1988年12月22日、ニューヨーク協定によって戦争は終わった。この協定はアンゴラ内戦への外国人兵士の介入も終わらせた。ナミビアは1990年3月21日に独立し、続く選挙で南西アフリカ人民機構が国会の72議席中55議席を獲得し国民政府を作った。[24]

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ a b Fryxell, Cole. To Be Born a Nation. p. 13. 
  2. ^ Cuba Annual Report: 1986, 1986. Page 538-539.
  3. ^ Land Mines in Angola, 1993. Page 6.
  4. ^ The Soviet Union and Revolutionary Warfare: Principles, Practices, and Regional Comparisons, 1988. Page 140-147
  5. ^ Namibia: the road to self-government, 1979. Page 41.
  6. ^ The foreign policy of Yugoslavia, 1973–1980, 1980. Page 125
  7. ^ Yugoslavia in the 1980s, 1985. Page 265.
  8. ^ Interparliamentary Union Conference, Sofia, Bulgaria: Report of the United States Delegation to the 64th Conference of the Interparliamentary Union, Held at Sofia, Bulgaria, 21–30 September 1977. Page 42
  9. ^ Record of Proceedings -International Labour Conference 6, 1982. Page 4.
  10. ^ Tanzania: A Political Economy, 2013. Page 355.
  11. ^ SWAPO and the struggle for national self-determination in Namibia, 1980. Page 33.
  12. ^ Rhodesian Insurgency – Part 2”. Rhodesia.nl. 2013年1月15日閲覧。
  13. ^ Imagery and Ideology in U.S. Policy Toward Libya 1969–1982, 1988. Page 70.
  14. ^ SWAPO Information Bulletin, 1983. Page 37.
  15. ^ AAPSO Presidium Committee on Africa held in Algeria, 17–18 February 1985, 1985. Page 26.
  16. ^ Tsokodayi, Cleophas Johannes. Namibia's Independence Struggle: The Role of the United Nations. pp. 1–305. 
  17. ^ World Bank discussion paper no. 331: Africa technical department series : Case”. Greenstone (1996年). 2013年8月9日閲覧。
  18. ^ SA Roll of Honour: List of Wars”. Justdone.co.za. 2013年1月15日閲覧。
  19. ^ Reginald Herbold Green. “Namibia : The road to Namibia – Britannica Online Encyclopedia”. Britannica.com. 2013年1月15日閲覧。
  20. ^ Military Chronicle of South-West Africa”. Rhodesia.nl. 2013年1月15日閲覧。
  21. ^ Namibian War of Independence 1966–1988”. Armed Conflict Events Database. 2009年11月30日閲覧。
  22. ^ Petronella Sibeene (2009年4月17日). “Swapo Party Turns 49”. New Era. http://www.newera.com.na/article.php?articleid=3769 
  23. ^ United Nations Conferences and Observances Archived 2008年5月14日, at the Wayback Machine.
  24. ^ "Namibian Voters Deny Total Power to SWAPO," by Michael Johns, The Wall Street Journal, 19 November 1989..

外部リンク[編集]