ナマクアヒメアダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナマクアヒメアダー
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: クサリヘビ科 Viperidae
亜科 : クサリヘビ亜科 Viperinae
: アフリカアダー属 Bitis
: ナマクアヒメアダー B. schneideri
学名
Bitis schneideri
(Boettger, 1888)
和名
ナマクアヒメアダー
英名
Dwarf puff adder

ナマクアヒメアダー (Bitis schneideri ) は、爬虫類 有鱗目ヘビ亜目クサリヘビ科パフアダー属に分類されるヘビの一種。有毒。

分布[編集]

ナミビア共和国ナミブ砂漠

形態[編集]

本種は世界最小の毒蛇といわれ、全長は20cmほど。体色は砂地に目立ちにくい茶褐色で、白っぽい斑紋がまばらに並んでいる。頭は三角形で、目は他のクサリヘビとは違い、上向きに付いている。これは砂に潜って獲物を待つという本種の特性に応じた進化であるといえる。また、マムシとは違い、ピット器官は持たない。

[編集]

本種の毒は強いが、毒量が少なく、人体への害は少ないと言われている。しかし、本種の非常に近い仲間に、猛毒で恐れられているパフアダーがいるので、油断はできない。

生態[編集]

ナミブ砂漠にのみ生息する。餌は砂漠性のトカゲ。獲物量が元々少ないためか、本種は他のクサリヘビとは違い、獲物が死ぬまで噛み続ける傾向がある。

砂漠での移動方法はサイドワインダーと同じで、身体をJやSの字にくねらせて横に進む。そして目的地に到達するとすぐに砂の中に潜ってしまう。