ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナポレオン・ウジェーヌ・ボナパルト
Napoléon Eugène Bonaparte
ボナパルト家
Prince Impérial, 1878, Londres, BNF Gallica.jpg
ナポレオン・ウジェーヌ・ボナパルト(1878年)
称号 ピエルフォン伯
プランス・アンペリヤル
全名 Napoléon Eugène Louis Jean Joseph
ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ジャン・ジョゼフ
出生 (1856-03-16) 1856年3月16日
フランスの旗 フランス帝国パリテュイルリー宮殿
死去 (1879-06-01) 1879年6月1日(満23歳没)
ズールー王国
埋葬 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドハンプシャー州ファーンバラ、聖ミカエル修道院
父親 ナポレオン3世
母親 ウジェニー・ド・モンティジョ
テンプレートを表示

ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルトフランス語: Napoléon Eugène Louis Bonaparte, 1856年3月16日 - 1879年6月1日)は、フランス第二帝政時代の皇太子1870年9月2日から9月4日の2日間、父ナポレオン3世に代わって政務を執った(摂政皇太子)。ボナパルティストからはナポレオン4世フランス語: Napoléon IV)と呼ばれた。寡黙な人柄であったという。

生涯[編集]

1856年3月17日、フランス皇帝ナポレオン3世の嫡出子としてパリで生まれた。皇后ウジェニーが2度の流産の後、やっと授かった跡取り息子であったため、ナポレオン3世は彼を溺愛したという。普仏戦争初期、フランス軍が各地で劣勢となり、ナポレオン3世は捕虜となった。1870年9月2日から9月4日まで父帝は拘束状態であったため、2日間だけ皇太子が表面上政務を取り仕切った。しかし9月4日にパリで民衆の暴動が起こると、9月6日にイギリス亡命した。

イギリスではウーリッジ砲兵学校に入学し、好成績で卒業した。ヴィクトリア女王に愛称の「ルル」で呼ばれて寵愛され、末娘ベアトリス王女との縁談も持ち上がるほどであった。イギリスへの恩返しとして1878年に勃発したズールー戦争に従軍、1879年6月1日にズールー族の襲撃を受けて戦死した。子はなく、ナポレオン3世の直系は絶えた。これを聞いたボナパルティストたちは悲嘆に暮れたという。

天体[編集]

1998年、母ウジェニーにちなんで命名された小惑星(45)ウジェニアに衛星が発見され、2003年に彼の愛称にちなんでプティ・プランス ((45) Eugenia I Petit-Prince) と命名された。

先代:
ナポレオン3世
フランス帝位請求者
ボナパルト家家長
1873年 - 1879年
次代:
ナポレオン5世