ナポリ (バレエ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナポリ
Napoli; eller, Fiskeren og hans Brud
Grethe Ditlevsen Napoli Act 1.jpg
第1幕を踊るグレテ・ディトレヴセン (1905年)
構成 3幕
振付・台本 A・ブルノンヴィル
作曲
E・ヘルステッド
〔第1・3幕〕
H・S・パウリ
〔第1・3幕〕
N・ガーデ
〔第2幕〕
H・C・ロンビ
〔第3幕の一部〕
美術
C・F・
クリステンセン
〔Christian
Ferdinand Christensen〕
設定 ナポリ (イタリア)
初演 1842年3月29日
コペンハーゲン・王立劇場
主な初演者
【ジェンナロ】
 A・ブルノンヴィル
【テレシーナ】
 C・フェルステッド[1]
Ballet-dancer 01.jpg ポータル 舞台芸術
Viola d'amore.png ポータル クラシック音楽
テンプレートを表示
H・シャーフが演ずる主人公ジェンナロ(1860年)

ナポリ』 は、1842年に初演された全3幕のバレエ作品である。正式な題名は 『ナポリ、あるいは漁師とその花嫁』 (: Napoli; eller, Fiskeren og hans Brud[2]) という。

概要[編集]

1841年、舞台上から許可なく国王に請願をしたかどで6ヶ月間の国外追放となったオーギュスト・ブルノンヴィルが、旅先のイタリアで見た光景から着想した物語を帰国後にバレエ化した作品である。

初演は1842年3月29日デンマーク王立劇場で、ニールス・W・ガーデ、エドヴァルド・ヘルステッド、ホルガー・シモン・パウリH・C・ロンビの音楽、ブルノンヴィルの振付により上演された。

初演を観た童話作家のアンデルセンは、ブルノンヴィルに宛てて「デンマーク・バレエ界の詩人」と賞賛の手紙を送ったという[3]

その後数回の改訂を経つつ、現在でもデンマーク王立バレエ団の貴重なレパートリーとして上演され続けている。日本でも2009年の来日公演の際に披露された。

なお第3幕の『パ・ド・シス』は人気が高く、他国のバレエ団でも小品として取り上げられている[4]

音楽[編集]

この作品の音楽には複数の作曲家が関与している。第1幕と第3幕はヘルステッドとパウリ、第2幕の「青の洞窟」の場面はガーデ、第3幕のタランテラの後に続く終曲のギャロップをロンビが作曲した[5]

第1幕のペポがジェンナロの悪口を言うシーンにはロッシーニの『セビリアの理髪師』からのアリアが引用されており、また第2幕にはFrançois Henri Prumeが作曲した当時の人気曲「La Melancholie」が含まれている[5]

あらすじ[編集]

主な登場人物[6]   
 ジェンナロ   Gennaro   若い漁師
 ヴェロニカ   Veronica   テレシーナの母 
 テレシーナ   Teresina   ジェンナロの恋人 
 ジャコモ   Giacomo   テレシーナへの求婚者
 ペポ   Peppo 
 ゴルフォ   Golfo   海の王 
 フラ・アンブロジオ   Fra Ambrosio   僧侶 

第1幕[編集]

舞台はナポリ、サンタルチアの港。

寡婦のヴェロニカには、一人娘のテレシーナがいる。美しく気立てのいいテレシーナにはジャコモとペポという二人が言い寄っているが、彼女の心は貧しいが働き者の若い漁師、ジェンナロのもとにある。

ジェンナロとテレシーナは僧のフラ・アンブロジオに施しを与え、フラ・アンブロジオも二人に祝福を与える。内心面白くないジャコモとペポは、ジェンナロの悪口を人々に言って回る。

テレシーナとジェンナロは連れ立って海へと漕ぎ出すが、突然の嵐が二人を襲う。ジェンナロはテレシーナを見失ってしまい、命からがら港へと逃げ帰る。

ヴェロニカを始め人々は皆ジェンナロを責めるが、ただ一人フラ・アンブロジオだけが彼を力づけ、聖母マリアのお守りを与える。フラ・アンブロジオの言葉に勇気づけられたジェンナロは、テレシーナを探しに再び海へ出る。

第2幕[編集]

C・F・クリステンセンによる第2幕、青の洞窟の舞台スケッチ (1842年)

カプリ島の青の洞窟。

洞窟の中には、海の王ゴルフォと海の精たちが住んでいる。テレシーナは溺れ死んではおらず、海の精たちに救われて洞窟に運ばれてきていた。

ゴルフォはテレシーナの美しさに魅せられ、地上に戻りたいという彼女の願いを退けたばかりか、かえって記憶を奪い、テレシーナの姿を海の精へと変えてしまう。

ジェンナロも青の洞窟へたどり着くが、海の精になってしまったテレシーナには彼のことが最早わからない。万策尽きたジェンナロは聖母マリアに救いを求める。聖母の力はテレシーナにかけられた呪いを解き、二人はナポリへの帰路に着く。

第3幕[編集]

ナポリ近郊、ヴィルジヌ山。

ジェンナロはテレシーナとヴェロニカを伴って、祭に現れる。死んだと思われていたテレシーナの姿を見て、人々は悪魔の仕業だと恐れおののく。しかし、フラ・アンブロジオが二人を弁護し、この奇跡は聖母の力によって齎されたものだと説明すると、人々は素直にそれを受け容れる。

フラ・アンブロジオは二人に祝福を与え、人々も祝宴を始める。ヴェロニカ、ジェンナロ、そしてテレシーナは、祭の賑わいに送られて、家路にと着く。

文献[編集]

  • Andersen, Jeannette, "Napoli", International Dictionary of Ballet, vol.2, St. James Press, 1993, ISBN 1-55862-158-X, pp.996-998.

脚注[編集]

  1. ^ Caroline Fjeldsted (1821-81),
    cf. Beaumont, Cyril W., Supplement to Complete Book of Ballets, 1952, Putnam, p.23
  2. ^ Andersen, op.cit. p.996
  3. ^ Aschengreen, Erik, "Street Scenes, Tarantellas and Blue Yearnings", bournonville.com, (邦訳 『街の賑わい、タランテラ、そして非現実への憧憬』 デンマーク王立バレエ団2009年来日公演プログラム、pp.24-25)
  4. ^ 日本では井上バレエ団がしばしば上演している。
  5. ^ a b Nørlyng, Ole, "Musical Notes", bournonville.com
  6. ^ Beaumont, op. cit., pp.22-27 より。