Wikipedia:ナビゲーションテンプレート

ナビゲーションに移動 検索に移動

ナビゲーションテンプレート(navbox・topicbox)は、複数の関連する記事の間のナビゲーションを手助けするために、それらの記事の中で使われる内部リンクを集めたテンプレートです。なんでもかんでも詰め込まないよう、独自研究は載せない記事どうしをつなぐに注意してください。

NavboxはCategory:ナビゲーションテンプレート配下に置かれます。

性質[編集]

ナビゲーションテンプレートはナビゲーションを提供します

  • Navboxは、関連記事について可能な限り多く詰め込むことを目的としたものではないです。そのようなNavboxは、読者が関連する話題を探し出す助けとなるでしょうか? Navbox中のリンクからどれかふたつ記事を取り出してみた時に、読者がその片方の記事を見ているとき、もうひとつの記事へと移動したいと本当に思うでしょうか?
  • 大きすぎるNavboxはナビゲーションとして使いにくくなるものなので、サイズは小さく保つべきです。多数の記事の間でナビゲーションしたいのであれば、以下の方法を取ることを検討してください:
    • サブトピックについて、それぞれをもっと小さな複数のテンプレートに分割する。
    • 条件文を使って、関連するサブトピックのみを表示するようにする。
    • 関連性の強い関係記事だけを表示するようにして、残りは隠す(クリックして表示するタイプにします)。
  • Navboxは小さすぎるのも適当ではありません。リンクがほんの少ししかないようなNavboxは、関連項目セクションで済ませたり、{{main}}や{{see also}}で置き換えることができます


ナビゲーションテンプレートはすでに存在する記事の間のナビゲーションを提供します

  • 赤リンクを含めるのは、記事が作られる見込みが高そうな場合以外は避けるべきです。またそういった場合であっても、編集者はテンプレートより先に記事を書いておくほうが望ましいです。
  • 内部リンクではない単なるテキストを記載するのは避けるべきです。そういったものは記事に配置する方がより適切でしょう。
  • 外部リンクはNavboxには含めず、しかるべき記事に配置すべきです。


ナビゲーションテンプレートは関連する記事の間のナビゲーションを提供します

  • もしテンプレートに載せる予定の記事の一群が、記事本体において信頼できる情報源によって関連性が示されていないのなら、それらを内部リンクするのはたぶんベターな方法ではありません。

利点[編集]

「関連項目」節に列挙する代わりにNavboxを用いるメリットは以下があります。

  • 「出典」と「外部リンク」節の間の乱雑な記事面積を減らすことができます。
  • リンクが多い場合、従来のリストやテーブルと比べて記載がコンパクトになります。
  • 「関連項目」リンクを使うよりも、読者はナビゲーション範囲を直感的につかめます。
  • あまり直接関係ないリンクの場合、標準では隠すことができます。
  • 関連記事が増減した時にも、更新メンテナンスが容易になります。
  • ビジュアル的に多くのユーザを喜ばせます
  • 既存記事との関連関係を示せるために、新規記事の主題が分かりやすく、関連記事との関係を示す手間が省けます。
  • 新規記事や古い記事が孤立していても、Navboxを用いることで多くのリンクを得られます。

代替案[編集]

いくつかのケースでは、Navboxを作るよりも好まれることがあります。

  • もし記事のグループが既存のカテゴリと有意に重複する場合は、代わりに{{Otheruses}}の使用を検討してください。もちろんカテゴリはすでに当該の記事内にリンクしているため、{{Otheruses}}ではナビゲーションに変わりがないとも言えます。
  • ひとまとまりの記事があって、同じ位置にある、もしくは題名が共通するなど、わずかな共通点しかない場合、たとえば爵位あるいはスポーツの世界チャンピオン戦など、{{Succession box}}の使用を検討してください。いくつかの要職に就いた人用の応用編はtalk:Succession box(英語)で議論されています。
  • 異なるカテゴリに属する記事を論理的に結ぶには、継承テンプレートを使います。

関連項目[編集]