ナネッテ・シュトライヒャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナネッテ・シュトライヒャー
Nannette Streicher
Nanette Streicher 1836.jpg
ルートヴィヒ・クローネスによるインク画
基本情報
出生名 ナネッテ・シュタイン
Nannette Stein
生誕 1769年1月2日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 アウクスブルク
死没 (1833-01-16) 1833年1月16日(64歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ウィーン
ジャンル クラシック
職業 作曲家ピアノ製造技師作家

ナネッテ・シュトライヒャーNannette Streicher 旧姓シュタイン Stein 1769年1月2日 - 1833年1月16日)は、ドイツピアノ製造技師作曲家、音楽教師、作家

生涯[編集]

シュトライヒャーはアウクスブルクに生まれた。オルガン及びピアノの製造業を営むヨハン・アンドレアス・シュタイン(1728年–1792年)と妻のマグダレーナ(1742年-1800年)の間の6番目の子どもであった。早くから父よりピアノのレッスンを受ける。父は友人のイグナーツ・フォン・ベークの影響を受けていた。アウスブルクでは演奏会でピアノ演奏を行い、時には友人のナネッテ・フォン・シャーデンが一緒に舞台に上がることもあった。1787年にはあるコンサートで「知られていないアリア数曲」を歌ったが、後に健康上の理由で歌唱の道を断念している。父が1792年2月29日に他界し、彼女が独立してピアノ工房を続けることになった。

1793年音楽家ヨハン・アンドレアス・シュトライヒャー(1761年-1833年)と結婚し、1794年になると彼とともにウィーンへ移り住む。父の事業を受け継いだ当初は弟のマティアス・アンドレアス・シュタイン(1776年-1842年)と共同であったが、その後1802年からは彼女自身の名前を冠するようにした("Nannette Streicher née Stein")。夫の支えと、1824年から1825年にかけては息子のヨハン・バプティスト(1796年-1871年)が共同経営に加わったこともあり、会社は重要なピアノ製作会社へと成長を遂げた。工場を単独で切り盛りしていたヨハン・バプティストの経営手腕により、多くの特許を取得して世界的に有名となるまでになった。会社は1896年にシュティングル兄弟に売却された。

ナネッテとアンドレアスのシュトライヒャー夫妻の活動はピアノ製造のみに留まらなかった。彼女はまず自宅で、1812年以降は自らサロンを組織して演奏会を催し、若い芸術家に自由な演奏の機会を提供した。これがウィーンの音楽会にもたらしたものは大きく、夫妻の友人、客人の中にはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテらがいた。

音楽サークルに友人や客人が集まると、ナネッテは彼らの前で私的にピアノ演奏を披露することもあった。母同様にピアノ演奏の才に恵まれた娘のゾフィー(1797年-1840年)とも折に触れて共演した。彼女のサークルにはウィーンの著名音楽家も多数参加しており、ベートーヴェンとの親交は60通を超える書簡に記録されている。甥カールの後見人となったベートーヴェンはそうしたやり取りの中で、彼女に対して日常的な事柄や教育に関する疑問をぶつけ、援助を求めていた。

1833年1月16日、2か月に及ぶ闘病生活ののちにウィーンで息を引き取った。

作品[編集]

  • Deux Marches pour le Piano Forte. Composées par Madame Nannette Streicher née Stein. Prix 75 Cs. Bonn et Cologne chez N. Simrock. Propriété de l‘Editeur 1378. [1827.]
  • Klage über den frühen Tod der Jungfer Ursula Sabina Stage. Für eine Singstimme und Klavier (c-Moll), Augsburg 1788.

参考文献[編集]

  • Uta Goebl-Streicher, Jutta Streicher und Michael Ladenburger (eds.). Beethoven and the Viennese piano.
  • Catalog of the collection of old musical instruments, Part I. Vienna: Kunsthistorisches Museum, 1966.
  • Women's Conversation Lexikon, Volume 9, 1837, pp. 449–452.

外部リンク[編集]