ナディア・カルビニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカルビニョ第二姓(母方の)はサンタマリアです。
ナディア・カルビニョ
Nadia Calviño
Nadia Calviño 2018 (cropped).jpg
スペインの旗 第1副首相
任期
2021年7月12日 – 現職
欧州委員会予算総局長
任期
2014年 – 2018年
個人情報
生誕 (1968-10-03) 1968年10月3日(54歳)
スペインの旗 スペインア・コルーニャ県ア・コルーニャ
出身校マドリード・コンプルテンセ大学
スペイン国立通信教育大学
職業経済学者

ナディア・カルビニョ・サンタマリア(Nadia Calviño Santamaría、1968年10月3日 - )は、スペインア・コルーニャ出身の経済学者。2021年7月12日から第2次サンチェス内閣の第1副首相と経済・デジタル変革大臣を務めている。スペイン語英語フランス語ドイツ語を話すことができる。4子の母親である。

経歴[編集]

父親のホセ・マリア・カルビニョラジオ・テレビシオン・エスパニョーラの局長。1991年にマドリード・コンプルテンセ大学経済学の学位を取得し、2001年にスペイン国立通信教育大学法学の学位を取得した[1]

2014年から2018年まで、ギュンター・エッティンガーの指揮下で、欧州委員会予算総局長を務めた[2]。2018年にスペイン社会労働党(PSOE)のペドロ・サンチェススペインの首相に就任すると、モンテロは第1次サンチェス内閣の経済・企業大臣に就任した[3]

2020年1月13日に第2次サンチェス内閣が発足した際には第3副首相に就任した。2021年3月31日には第3副首相を退任し、経済・デジタル変革大臣と第2副首相に就任した。

2021年7月12日に内閣改造が行われた際には第2副首相を退任し、経済・デジタル変革大臣との兼任で第1副首相に就任した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]