ナッシュ・エドガートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナッシュ・エジャトン
Nash Edgerton
Nash Edgerton
Edgerton at a Warrior premiere in Israel on 16 October 2011
生年月日 (1973-01-19) 1973年1月19日(49歳)
出生地 オーストラリアの旗 オーストラリアニューサウスウェールズ州ブラックタウン英語版
職業 スタントマン映像作家
活動期間 1991 -
配偶者 Carla Ruffino (2014 - 現在)
著名な家族 (弟)ジョエル・エドガートン
テンプレートを表示

ナッシュ・エジャートンNash Edgerton1973年1月19日 - )は、オーストラリア出身の映画監督スタントマン。映画製作集団Blue-Tongue Filmsの主要メンバー。苗字は正しくは「エジャトン」と発音する。

生い立ち[編集]

ニューサウスウェールズ州ブラックタウンで生まれ、Dural(シドニー郊外)で育つ。主婦Marianne Margarethe (von Dort)と弁護士兼不動産開発業者Michael Edgertonの息子[1][2][3]。弟は俳優のジョエル・エドガートン。母親のMarianneはハーグ生まれのオランダ移民[4][5]

2011年にCarla Ruffinoと付き合い始め、2014年4月1日に結婚した。彼女には前の結婚で生まれた娘(Chika Yasumura)がいたので、継父にもなった[6][7]。その後、もう一人の娘Zumi(2015年8月11日生まれ)が生まれた[8][9]

キャリア[編集]

スタントマンとして、『マトリックス』、『シン・レッド・ライン』、『スーパーマン リターンズ』、そして、特にオビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガースタントダブルとして『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』などの映画に携わってきた[10]。弟のジョエルは、若い頃のオーウェン・ラーズとして同じ映画に出演した。

断続的にだが、キャリアを通じてしばしば自分自身を主演に据えた『spider』や『Bear』のような批判的で感受性の強い短編映画を製作した。短編映画での腕前はMVでも発揮され、アーティストのボブ・ディラン(「Beyond Here Lies Nothin」、「Must Be Santa」、「Duquesne Whistle」、「The Night We Called It a Day」の合計4作品)のミュージックビデオを監督した。 長編監督デビュー作は、Blue Tongue Filmsのもとで2008年にオーストラリアで注目を集めた『The Square』。最新の長編監督作は、2018年に公開された『グリンゴ/最強の悪運男』。

2018年から2021年まで放送された、FXオーストラリアから委託されたオーストラリアのテレビブラックコメディードラマシリーズ『Mr Inbetween』(スコット・ライアン英語版主演)の全26エピソードを監督した。スコット・ライアンは、キャラクターを生み出しただけでなく、番組自体の元となったオリジナルの短編映画を監督、主演、脚本した。ナッシュはその短編映画を観て、ライアンと協力して彼のキャラクターをより多くの視聴者に届けようと努めた。

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • Love Child(2016):スタント、1エピソード
  • Mr Inbetween(2018) - Trent:監督、1エピソード

ミュージックビデオ[編集]

  • Crossfire(2010)

出典[編集]

外部リンク[編集]