ナチュラル・ウーマン (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナチュラル・ウーマン』は、松浦理英子の小説。1994年に『ナチュラル ウーマン』のタイトルで映画化された。本項ではこれらに加え、映画のリメイク作品となる『ナチュラル・ウーマン2010』についても併せて扱う。

タイトルは1967年に発表された同名の楽曲アレサ・フランクリン)に由来し、1994年版映画の主題歌に使われている。

概要[編集]

漫画家の容子、その恋人であった花世、夕記子、由梨子の恋愛物語。

大学生の容子と花世の恋愛と別れを描いた表題作「ナチュラル・ウーマン」、花世との再会、夕記子との恋愛と別れ、由梨子との新しい恋の予感を描いた「いちばん長い午後」、由梨子との旅行を描いた「微熱休暇」の3つの物語からなるが、順番は「いちばん長い午後」「微熱休暇」「ナチュラル・ウーマン」に並べ替えられている。

松浦自身が「傑作」「間違いなく何物かである小説」と自賛する作品だが、発売当初は中上健次など一部からの評価を除いてほぼ無視され、商業的にも成功しなかった。

1987年にトレヴィルより出版、のち1991年に河出書房新社から河出文庫、さらに同社より新版が発売されている。1994年には映画化もされ、2010年には『ナチュラル・ウーマン2010』というタイトルで再映画化されている。

登場人物[編集]

村田容子(私)
主人公で語り手。同人誌での活躍を経てプロの漫画家になる。
諸凪花世
『ナチュラル・ウーマン』『いちばん長い午後』に登場。容子の同人誌時代の仲間で、激しい恋愛関係に陥る。容子と別れたあと、親戚が経営するマンション「諸凪ハイツ」内の喫茶店で働く。天才的な漫画の才能を持っている。
森沢由梨子
『いちばん長い午後』『微熱休暇』に登場。容子のアルバイト仲間だったが、テキスタイルの経験があったことから容子のアシスタントになる。快活な性格で容子を魅了する。
夕記子
『いちばん長い午後』に登場。国際線のスチュワーデスだが、行く国行く国すべてを嫌いになる。容子と恋愛関係になる。
圭以子
『ナチュラル・ウーマン』に登場。容子の同人誌時代の仲間。容子と花世の恋愛を見守り応援する。

映画[編集]

1994年版[編集]

ナチュラル ウーマン
監督 佐々木浩久
脚本 松浦理英子
佐々木浩久
原作 松浦理英子
出演者 嶋村かおり
緒川たまき
音楽 梅林茂
撮影 渡部眞
編集 掛須秀一
製作会社 ケイエスエス
配給 ケイエスエス
公開 1994年12月17日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

嶋村かおり主演による初映画化作品。タイトルは原作と異なり、中黒「・」なしの『ナチュラル ウーマン』。原作者の松浦自身も脚本で参加している。VHSは1995年8月4日にリリースされ、タイトル表記は原作同様に『ナチュラル・ウーマン』となっている。2003年4月25日には「ナチュラル」と「ウーマン」を区切らない『ナチュラルウーマン』のタイトル表記でDVDが発売された。原作を忠実に映画化したわけではなく、かなりの部分が異なっている。

ストーリー
清掃員のアルバイトをしている漫画家の村田容子は、同じアルバイトの由梨子に惹かれている。だが容子は、自殺したかつての恋人・花世のことを忘れられずにいた。
キャスト 
スタッフ
主題歌
アレサ・フランクリン(You Make Me Feel Like) A Natural Woman

2010年版[編集]

ナチュラル・ウーマン2010
監督 野村誠一
脚本 木浦里央
原作 松浦理英子
出演者 亜矢乃
汐見ゆかり
音楽 遠藤浩二
撮影 大沢佳子
編集 目見田健
製作会社 softgarage
配給 ゴー・シネマ
公開 2010年4月17日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ナチュラル・ウーマン2010』のタイトルで再映画化されたリメイク作品。4月17日にシアターイメージフォーラムにて独占公開。上映時間は1時間44分。監督はグラビア写真家の野村誠一。キャラクターの設定や科白は大幅に変更され、主人公の職業もフォトグラファーとなっていたり、原作においてラディカルに掘りさげられたジェンダーセクシャリティの問題も描かれてはいない。また、原作において重要な場面はほとんど使用されておらず、映画オリジナルの場面が過半を占め、なかばオリジナル作品的な仕上がりとなっている。

作者の松浦は「正直、欠点も数多い映画」と厳しい意見を寄せた一方で、容子と花世の別れた理由について「この映画は一つの説得力ある解釈を示している」とコメントを寄せ、キャストおよびスタッフに感謝の意を示している[1]

2010年8月27日にDVDが発売され、1994年版とのセット版である『ナチュラル・ウーマン2010+1994』も同日発売された。

キャスト
スタッフ
  • 監督・撮影監督:野村誠一
  • 原作:松浦理英子
  • 企画:伊藤靖浩
  • 総監修:伊藤秀裕
  • 脚本:木浦里央
  • プロデューサー:堤昇一
  • 音楽:遠藤浩二
  • ラインプロデューサー:鷲頭政充
  • 撮影:大沢佳子
  • 照明:金沢正夫
  • 録音:沼田和夫
  • 美術:大庭勇人
  • 編集:目見田健
  • 音響効果:丹雄二
  • 助監督:佃謙介
  • 制作担当:野崎竜一
  • 製作:softgarage
  • 配給:ゴー・シネマ
キャッチコピー
  • 新しい自分に出会いたい、と願うすべての人に贈る愛と別れの物語
  • 女性にしかワカラナイ別れがある

脚注[編集]

外部リンク[編集]